20191116(土)

11月第一例会「感幸地十勝のこれから」【2019.11.11】


皆様こんにちは!
11月11日(月)に坂本ビル6F大ホールで行われた、11月第一例会「感幸地十勝のこれから」の報告をさせていただきます!

画像
本例会は十勝DMO実践委員会※が今年1年間、十勝の観光産業を軸に盛り上げるために調査したことや実践したことを振り返りつつ、今後どのように地域一体で動いていくのかを、行政・企業関係者の皆様に披露させていただく場として開催させていただきました!!

画像
まず始めに本例会の趣旨説明を、一般社団法人帯広青年会議所 十勝DMO実践委員会 委員長 清水 隆吉(しみず たかよし)君よりさせていただきました。
これからの十勝は観光地ではなく※「感幸地」として地域に住まう方々が愛郷心や誇りをもって地域の輝く場所をつくらなければならず、十勝に住まう方々が楽しいと感じ、幸せを得られる環境だからこそ多くの観光客が訪れる地域にしていきたい。本例会では、我々十勝DMO実践委員会が1年間かけて十勝が観光産業を軸にどのようにして盛り上げていかなければならないのかを調査・実践したものをご披露させていただきます。と説明をさせていただきました。

画像
第一部では、一般社団法人帯広青年会議所 十勝DMO実践委員会 副委員長 梶原 成悟(かじわら せいご) 君より「感幸地十勝の現状」と題し、私たちが1年間走り続けたことをプレゼンさせていただきました!2月例会「DMOへの道 in十勝」にて山田 圭一郎 様をお招きし、「十勝が観光地として盛り上がるためには感幸地として動かなければ持続的な発展にはならない」とアドバイスをいただき、その想いを実現にすべく9月事業「アウトドアメッカ十勝」を開催し、様々なファンクションを通して多くの来場者から集約したアンケート結果を発表させていただきました。十勝は様々な団体が一丸となってオンリーワンな商品開発や十勝の情報発信などをしていかなければならないと提唱いたしました。

画像
第2部では「感幸地十勝のこれから」と題して、一般社団法人帯広青年会議所 2019年度 理事長 梶原 一生(かじわら いっしょう)君がコーディネーターを務め、国土交通省 北海道開発局 帯広開発建設部 帯広河川事務所長 門別 一二三(もんべつ ひふみ) 様、帯広市 商工観光部 観光課 課長 大林 健一(おおばやし けんいち) 様、一般社団法人札幌青年会議所 佐藤 博嗣(さとう ひろつぐ) 君、一般社団法人千歳青年会議所 瀧 雄一(たき ゆういち) 君の4名をパネリストとしてお招きし、パネルディスカッションを行いました。

画像
国土交通省 北海道開発局 帯広開発建設部 帯広河川事務所長 門別 一二三 様からは河川利用のオープン化した今後の展開や用途のお話をいただきました。また河川管理者として今後十勝川河川敷を利用したイベントがどんどん増えていって欲しい。そして「アウトドアメッカ十勝」のような事業には協力していきたいとエールをいただきました!!!

画像
帯広市 商工観光部 観光課 課長 大林 健一 様から、現在帯広市では第七期帯広市総合計画を打ち出し、その中の基本計画のひとつとして「アウトドアの聖地にする」という政策があります。偶然にも帯広JCと同じ想いであり、これからの帯広市の構想が同じ方向に進んでいるというお話をいただきました。また梶原理事長から、今後、帯広市して「アウトドアメッカ十勝」のようなイベントにどのような協力をしていただくことが出来ますか?と質問があり、「今、金額といった面では確定的なことは言えないが、今後もアウトドアメッカ十勝に後援させていただき、帯広市も並走してバックアップしていきたい。」と力強いお言葉をいただきました!!
また、総合計画に係るパブリックコメントを実施しています。ぜひ、皆さんからのご意見をお聞かせください!とお願いがありました。

画像
一般社団法人札幌青年会議所 佐藤 博嗣 君からは、「川見」という新たな川の文化を作る事業を札幌で3年間にわたり行っており、継続する難しさや地域の変化を教えていただきました。幌平橋をライトアップすることや、なんとキングコング西野さんとのコラボで「チックタック~約束の時計台~光る絵本展in札幌」を豊平川で開催していました!!!来年の札幌の「川見」も要CHECKです!

画像
一般社団法人千歳青年会議所 瀧 雄一 君からは、千歳川において「リバーサイドプロジェクト」という事業を千歳川が物流の拠点だった歴史背景をひもとき、千歳市民のニーズを考えながら地域振興事業を行っているなかで、事業は5年間継続していることを教えていただきました。続けていくことは大切ですが、しっかりとニーズや時代に沿ったゴール設定が大事ですと、アドバイスをいただきました。また、千歳川、豊平川、十勝川で連携をとってもっと大きなムーブメントにしたいとお言葉をいただきました!

画像
最後に、十勝DMO実践委員会 委員長 清水 隆吉 君から総括としてこの例会のまとめをしました。感幸地になるべくして十勝が一丸となって盛り上がる道筋がつきました!また札幌や千歳のご協力を得ながら更なる発展を目指して頑張ります!とまとめました。

画像
11月第一例会「感幸地十勝のこれから」に足を運んできていただきまして、本当にありがとうございました!!これからも私達は十勝を「感幸地」になるように一生懸命活動していきます!

※DMO・・・官民などの幅広い連携によって地域観光を積極的に推進する法人組織
(Destination Marketing/Management Organization)の略。
※感幸地・・・域外から人を呼び込むだけでなくそこに住んでいる人が誇りや愛郷心を持ち幸せを感じられる場所


画像
私たちは明るい豊かな社会の実現のため、社会貢献の活動と自己啓発トレーニングなどを通じて「まちづくりとひとづくり」をする団体です。
一般社団法人帯広青年会議所は、共に感動を分かち合う仲間を募集しておりますので興味のある方は下記へご連絡ください。

また、一般社団法人帯広青年会議所では、皆様からのご意見を今後の運動の参考にさせていただきたく、アンケートを取っております。
下記のリンクより、アンケートにご協力ください。
アンケート外部リンク

※※ ≪ お問い合わせ ≫ ※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人帯広青年会議所 事務局

 所在地:〒080-0012
     帯広市西2条南9丁目 坂本ビル4F
 TEL:0155-24-6255
 FAX:0155-25-0721
 E-mail:info@obihiro-jc.jp
 URL:http://www.obihiro-jc.jp/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



20191028(月)

令和元年台風19号災害支援金募金活動 【2019.10.23】


画像
10月12日から13日にかけて台風19号により東日本において大規模な災害が発生いたしました。この災害により亡くなられた方にご冥福を祈るとともに被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。私たち一般社団法人帯広青年会議所は10月23日に被災された方々の支援のため街頭にて募金活動を行わせていただきました。

画像
十勝総合スポーツ戦略委員会の吉川 徹(よしかわ とおる)君も積極的に募金の声かけをさせていただきました。

画像
多くの地域の方に支援の募金をいただきました。ありがとうございました。

画像
皆様からお預かりした募金は、公益社団法人日本青年会議所を通じて被災地の支援として届けさせていただきます。皆様の温かいご支援に感謝申し上げます!ありがとうございました!


画像
私たちは明るい豊かな社会の実現のため、社会貢献の活動と自己啓発トレーニングなどを通じて「まちづくりとひとづくり」をする団体です。
一般社団法人帯広青年会議所は、共に感動を分かち合う仲間を募集しておりますので興味のある方は下記へご連絡ください。

また、一般社団法人帯広青年会議所では、皆様からのご意見を今後の運動の参考にさせていただきたく、アンケートを取っております。
下記のリンクより、アンケートにご協力ください。
アンケート外部リンク

※※ ≪ お問い合わせ ≫ ※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人帯広青年会議所 事務局

 所在地:〒080-0012
     帯広市西2条南9丁目 坂本ビル4F
 TEL:0155-24-6255
 FAX:0155-25-0721
 E-mail:info@obihiro-jc.jp
 URL:http://www.obihiro-jc.jp/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



20191028(月)

献血事業 【2019.10.23】


皆さんこんにちは!
皆さんにとって献血はどのようなイメージでしょうか?
献血は、16歳~69歳の健康な方なら誰でも行えます(65歳以上の献血については60~64歳の間に献血経験がある方に限る)。
帯広青年会議所では、毎年、献血事業に取り組んでいます。
今回は、10月23日(水曜日)に長崎屋帯広店の東側入口で行われた、今年度第2回目の献血事業の様子をご報告いたします!

画像
献血事業の開催に先立ち、北海道赤十字血液センター帯広出張所の桑原 昭(くわはら あきら)所長より、「度重なる天災の影響もあり、全国的に血液が不足しています。ここ十勝も例外ではなく、多くの方の協力が必要です。行き交う多くの方にご協力を呼び掛けていきたいと思います」とご挨拶をいただきました。

画像
理事長 梶原 一生(かじわら いっしょう)君は、「献血はとくに若い人の協力が大切。若者の行動が地域を守っていることを伝えていきましょう!」と挨拶。献血事業がスタートしました!

画像
メンバーも市民の皆さんに献血の重要性をPR!
写真は左より、戦略室 室長 高橋 耕一(たかはし こういち)君、本年度、帯広青年会議所に入会した勇者 アカデミー育成委員会の深澤 友貴(ふかざわ ゆうき)君と河合 秀明(かわい ひであき)君。ティッシュを配布しながら、献血の重要性を訴えました!!

画像
画像
私たち帯広青年会議所のメンバーも率先して献血を行いました!
写真は、勇者 アカデミー育成委員会の三谷 佳祐(みたに けいすけ、写真上)君とSDGs実践委員会の小田 文英(おだ ふみひで、写真下)君。
二人は「献血と聞くと、針が太くて痛いというイメージがあるかもしれませんが、針の痛みは爪楊枝を腕に押し当てたくらいで痛みも一瞬です。小さな痛みで、誰かの命を救うことができます。他人事ではなく自分事として、ぜひ多くの方に献血してもらいたいです」と語っていました!

画像
最後に、献血バスをバックに集合写真。
今年度の献血事業はこれで終了となりますが、帯広青年会議所は来年もまた献血事業に取り組んでまいります!引き続き、多くの市民の皆様のご協力をお願いいたします!!


画像
私たちは明るい豊かな社会の実現のため、社会貢献の活動と自己啓発トレーニングなどを通じて
「まちづくりとひとづくり」をする団体です。
一般社団法人帯広青年会議所は、共に感動を分かち合う仲間を募集しておりますので興味のある
方は下記へご連絡ください。

また、一般社団法人帯広青年会議所では、皆様からのご意見を今後の運動の参考にさせて頂きた
く、アンケートを取っております。
下記のリンクより、アンケートにご協力ください。


アンケート外部リンク

※※ ≪ お問い合わせ ≫ ※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人帯広青年会議所 事務局

所在地:〒080-0012
帯広市西2条南9丁目 坂本ビル4F
TEL:0155-24-6255
FAX:0155-25-0721
E-mail:info@obihiro-jc.jp
URL:http://www.obihiro-jc.jp/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



20191026(土)

10月第二例会「スポーツを通じた十勝の持続的な発展」【2019.10.21】


皆様、秋も深まり紅葉が綺麗ですね。
10月21日(月)に坂本ビル6階で行われた10月第二例会「スポーツを通じた十勝の持続的な発展」の報告をいたします。本例会は十勝総合スポーツ戦略委員会にとって、一年間の集大成の例会になります。


画像
まず始めに、十勝総合スポーツ戦略委員会 委員長 中川 純 (なかがわ じゅん)君が趣旨説明を行い、「十勝が持続的な発展をするためには、スポーツによって活気溢れる地域を想像し、地域全体が一つになれる場を創造することが必要です。」と話し、開会いたしました。


画像

画像
司会の十勝総合スポーツ戦略委員会 運営幹事 片岡 正太郎(かたおか しょうたろう)君【写真上】です。多くの参加者の前で少し緊張の面持ちですが、会場に良い緊張感を創り出していました。


画像
第一部では、十勝総合スポーツ戦略員会 副委員長 中村 吉克(なかむら よしかつ)君から5月例会「十勝の未来創造をスポーツから」、8月事業「とかスポ」までの報告をさせていただき、今後は北海道十勝スカイアースを中心にネットワークを広げ、十勝の課題である「地域が一つになれる場」となる複合スタジアムの可能性や、他分野とスポーツと組み合わせることで、持続的な十勝の発展につながるという構想をプレゼンしました。


画像
第二部のパネルディスカッションではパネリストに石屋製菓株式会社 代表取締役社長 石水 創(いしみず はじめ)氏【写真上 左】、株式会社コンサドーレ 顧問 本間 哲平(ほんま てっぺい)氏【写真上 中央】、北海道十勝スカイアーススポーツ株式会社 代表取締役社長 金澤 宗一郎(かなざわ そういちろう)氏【写真上 右】をお招きしました。


画像
コーディネーターに一般社団法人帯広青年会議所 2019年度理事長 梶原 一生(かじわら いっしょう)君が務め行われました。


画像
石水氏には「企業や団体がスポーツに関わることがなぜ重要と考えているのか」、「どうしたら北海道十勝スカイアースのJリーグ参入を実現することができるのか」といった、コンサドーレ札幌の事例を交えながら、参加していただいた方々を引き付ける内容を話していただきました。


画像
そして本間氏からは十勝におけるスタジアムの可能性について、行政や企業との関わり方や、資金面や誘致場所など具体例を含めて詳しくお話をいただき、北海道十勝スカイアースが強くなり、認知が広がることで「夢物語」が現実になることを示していただきました。


画像
金澤氏には、北海道十勝スカイアースの活動を中心に、総合スポーツクラブの確立を目指し、地域に根差すチーム作りがこれからの十勝の発展につながることをお話していただきました。
そして、パネルディスカッションの最後には「中長期的なビジョンでJリーグ参入を目指していきます!」と宣言していただきました。


画像
10月第二例会「スポーツを通じた十勝の持続的な発展」を終えて最後はメンバーで笑顔に記念撮影。本例会にご参加いただきました皆様、そして今まで携わっていただいた多くの皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。十勝がこれからより良くなるために、私たちは今後も邁進していきます!

画像
私たちは明るい豊かな社会の実現のため、社会貢献の活動と自己啓発トレーニングなどを通じて「まちづくりとひとづくり」をする団体です。
一般社団法人帯広青年会議所は、共に感動を分かち合う仲間を募集しておりますので興味のある方は下記へご連絡ください。

また、一般社団法人帯広青年会議所では、皆様からのご意見を今後の運動の参考にさせて頂きたく、アンケートを取っております。
下記のリンクより、アンケートにご協力ください。


アンケート外部リンク

※※ ≪ お問い合わせ ≫ ※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人帯広青年会議所 事務局

所在地:〒080-0012
     帯広市西2条南9丁目16 坂本ビル4F
 TEL:0155-24-6255
 FAX:0155-25-0721
 E-mail:info@obihiro-jc.jp
 URL:http://www.obihiro-jc.jp/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



20191019(土)

10月第一例会「十勝と世界の未来について考える」【2019.10.14】


皆様、こんにちは!
10月第一例会「十勝と世界の未来について考える」の模様をお伝えします。

画像
10月14日(月・祝)に、帯広市民文化ホール小ホールにて10月第一例会「十勝と世界の未来について考える」が開催されました。写真は一般社団法人帯広青年会議所 SDGs実践委員会 委員長 芳賀 雅樹(はが まさき)君です。例会担当委員会の委員長として気合いがみなぎっています!


画像
まず始めに、一般社団法人帯広青年会議所 理事長 梶原 一生(かじわら いっしょう)君より主催者を代表して「SDGsにどんな可能性があるのか、高校生と企業が手を取り合い一緒に学び考えたアクションプランを会場の皆様にお示しいたします。」と挨拶があり、本日の例会の幕が開きました。


画像
まず第1部では、一般社団法人帯広青年会議所 SDGs実践委員会 運営幹事 橋本 直樹(はしもと なおき)君【写真右】より、「SDGsとは何か」と題して、SDGsがどうして出来たのか、身近なところから世界と私たちはつながっていること、私たち一人ひとりができることは何かについてプレゼンテーションを行いました。


画像
Aグループの発表です!ソーゴー印刷株式会社様とタッグを組み、十勝にひそむ外来種ウチダザリガニによるニホンザリガニやマリモが絶滅の危険性があるという身近な問題をSDGsと結びつけ、記事を作成して地域情報誌に掲載してもらうというアクションプランの発表でした。


画像
Bグループの発表です!「実はコレ、SDGsなんだ」という身近にあるSDGsの写真を集めて、動画にて配信しました。自分達の住む地域に魅力を感じてもらうためにSDGs×動画の掛け合わせしたアクションプランです。皆さまも、YouTubeで「SDGs 十勝」と検索してみてください。


画像
Cグループの発表です!スポーツのチカラをより良い社会づくりに役立てているサッカーチーム北海道十勝スカイアースをSNSで発信して、魅力的な地域創りを目指します。北海道十勝スカイアースの選手達のリフティング動画等をTikTokにて公開し、高校生達の造語「#スカイアーサー」を浸透させようと活動しています。


画像
Dグループの発表です!医療法人社団秀和会 つがやす歯科医院様協力のもと、私たちの身近にあるものを再利用し「ゴミを捨てる概念をなくす」ことを考え、皆がリサイクルの意識を持つために歯ブラシ回収BOXを設置しました。回収された歯ブラシは別の新しいプラスチック製品となる、テラサイクルの活動に参画しています。


画像
Eグループの発表です!SDGsに関連した学校祭を企画したいという提言です。本日見に来ていただきSDGsに関心を持った方や地域でSDGsに関心を持っている中・高校生に呼びかけをして実行委員会を組織し、準備期間を設けて実施していきたいと考えています。


画像
第3部では「大魔王に聞いてみよう」と題し、ピコ太郎のプロデューサーとしても知られるお笑い芸人の古坂大魔王さんに第2部のプレゼンテーションの講評と、SDGsへの理解や取り組み方についてお話ししていただきました。古坂大魔王さんは、2017年7月にはNYの国連本部において「SDGs版PPAP」を披露したシンガーソングライターのピコ太郎氏をプロデュースをした方であります。その時の様子について笑いを交えながら伝えていただきました。


画像
「失敗はゼロではなく、行動することが大事であり、どんなことでも0.1成功や0.01成功だったりする。自信を持って行動しよう。人とのつながりを持ち、情報をつかむことの積み重ねで新しいものが生まれる」と来場者にSDGsの取組みについてアドバイスをしていただきました。


画像
最後に発表していただいた高校生・企業を交え集合写真の撮影です。2030年にあるべき世界の姿に向けて、笑顔でSDGsを実践していきましょう!
以上で10月第一例会「十勝と世界の未来について考える」の報告とさせていただきます。




画像
私たちは明るい豊かな社会の実現のため、社会貢献の活動と自己啓発トレーニングなどを通じて「まちづくりとひとづくり」をする団体です。
一般社団法人帯広青年会議所は、共に感動を分かち合う仲間を募集しておりますので興味のある方は下記へご連絡ください。

また、一般社団法人帯広青年会議所では、皆様からのご意見を今後の運動の参考にさせていただきたく、アンケートを取っております。
下記のリンクより、アンケートにご協力ください。
アンケート外部リンク

※※ ≪ お問い合わせ ≫ ※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人帯広青年会議所 事務局

 所在地:〒080-0012
     帯広市西2条南9丁目16坂本ビル4F
 TEL:0155-24-6255
 FAX:0155-25-0721
 E-mail:info@obihiro-jc.jp
 URL:http://www.obihiro-jc.jp/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 



<<
>>




 ABOUT
一般社団法人帯広青年会議所
帯広青年会議所活動を知っていただくために活動内容をわかりやすく情報提供していきますので遊びにきてね。

年齢30代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
一般社団法人帯広青年会議所
住所帯広市西2条南9丁目16坂本ビル4F
TEL0155-24-6255
 カウンター
2007-02-01から
436,684hit
今日:13
昨日:174


戻る