2019917(火)

9月例会「第3回アカデミースクール」 【2019.09.10】


画像
皆さんこんにちは!
今回のブログでは、9月10日(火曜日)に行われた、9月例会「第3回アカデミースクール」の様子をお知らせいたします!
今年度最後となるアカデミースクールでは、講師に公益社団法人日本青年会議所北海道地区協議会 会長 今村 敏彰(いまむら としあき)君をお招きし、今年度の北海道地区協議会の取り組み、これまでの17年間にわたる青年会議所(JC)での経験から得た学びや気付きについて講演していただきました!

画像
冒頭、今村会長は今年度の北海道地区協議会のテーマを「変化」と紹介。変化するために、先人たちの想いを大切にしながら、若い人たちの発想が求められていると語っていただきました。また、組織改革のためには「Be better(よりよくある)」を目指すことが大切とし、議論の本質を見極めることが大切と説明していただきました。
次に、今年度の北海道地区協議会の新たな取り組みであるWeb会議の導入について説明。会議の一部をWeb会議とすることで、さらに多くの人に北海道地区協議会に参加する機会を創出できるようになったと語っていただきました。

画像
今村会長の経験に裏打ちされたお話に、新入会員の面々も真剣そのものです。

続いては、今村会長が陣頭指揮をとり、9月8日に盛大にフィナーレを迎えた北海道地区大会北見大会を振り返って、「事業を運営するうえでは、対象者、対象人数、事業規模によるスタイルをしっかり決めることが大切。伝えたいことももちろん重要だが、それが優先されすぎるのもよくない。対象者の人数によって、当然、伝え方は変えるべきだ」と熱く語っていただきました。
また、例年、継続して行っている事業に対しても、「歴史を守るためにと前年を踏襲するスタイルが多いが、実は歴史を断絶させていることもあると思う。失敗したところも含め、きちんと想いを引き継ぐことが大切」とお話されました。
このほか、JCの特徴でもある単年度制については、「本来、1年ごとに新たなチャレンジができる素晴らしい制度である一方で、『1年しかないというプレッシャー』『1年しか体験できないという経験不足』がチャレンジを阻害している側面もある」と言及。「JCに関わる人が全員幸せであるために、こうしたプレッシャーをなくすような変化を起こしたい」と熱意を語っていただきました。
これらを踏まえ、「JCは変化を起こす団体。そこで大切なのは、何のために行うのかという本質を考えること。変化を起こすためには、精神性とシステムを変える必要がある。個人の置かれた環境によってできないこともあるが、みんなができるようにシステムを変ええていく必要がある。当たり前に今あるものを考え直すことも立派なイノベーション。小さなイノベーションの繰り返しが、Be betterな変化につながる。前向きに問題を解決していってほしい」と締めくくられました。

画像
最後に、今回の講演を受けて新入会員から2年目に向けた抱負を宣言してもらい、今村会長よりそれぞれにアドバイスをいただきました。
まず河合 秀明(かわい ひであき)君は、「来年、副委員長の職を預かった。どうせするなら明るく楽しく臨みたい」と宣言。今村会長は「参加する人が楽しい委員会を運営して、自信も楽しく成長してほしい」とエールを送りました。

画像
続いて、同じく来年、副委員長となる齊 隆生(さい たかお)君は、「自信がないが全うしたい。変化を起こせるような人材になりたい」と宣言。今村会長は「目標に向かって自分がたどり着きやすい方法を選択しながら、本質的な役割を考えてみてください」と応援。

画像
深澤 友貴(ふかざわ ゆうき)君は、「来年はさらに楽しく取り組めるように、変化の一歩を踏み出す一年にしたい」と力強く話し、今村会長は「楽しむために、自分の日常をJCに持ち込んでみましょう。得意分野を持ち込むことも一つですね」とアドバイスしました。

画像
JCの在籍年数が15年ある石山 治臣(いしやま はるおみ)君は、「一年一年をしっかり反省し、小さな変化を積み重ね、大きな変化に結び付けたい」と宣言。今村会長は「私も17年在籍したが、決して退屈することはなかった。自らステップを設けて、その都度で区切りを入れるとよいと思う」とアドバイスしました。

画像
最後は、今村会長を囲み、今回の例会を設営した勇者 アカデミー育成委員会のメンバーと記念撮影






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
一般社団法人帯広青年会議所
帯広青年会議所活動を知っていただくために活動内容をわかりやすく情報提供していきますので遊びにきてね。

年齢30代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
一般社団法人帯広青年会議所
住所帯広市西2条南9丁目16坂本ビル4F
TEL0155-24-6255
 カウンター
2007-02-01から
432,376hit
今日:165
昨日:272


戻る