20111218(日)

タイタニックの悲劇、あれから100年~救命ボートのこと


タイタニックの悲劇、あれから100年~救命ボートのこと

今日は、進水から100年を迎えた、あのタイタニック号の救命ボートについて書いてみます。

歴史に残るタイタニック号の遭難ですが、その犠牲者を増やしたのが、救命ボートの数が不足していたことから生じた事実は多くの方がご存知だと思います。

さて、このタイタニック号の救命ボート、いったい何艇?何人分?どんな形のもの?が積まれていたのでしょうか。

まず、標準で装備されていた木製の一般用の救命ボートが14艇ありました。このボートは定員が各65名に設定されていました。

それから緊急時用の救命艇が2艇。このボートは定員が40名でした。

そして折りたたみ式の救命艇が4艇、うち2艇はブリッジの後方の天井に載せてありました。このボートの定員は47名

画像
タイタニックの折りたたみ式救命ボート

これらをあわせた20艇の救命ボート、その収容人数は1178名。
乗員が892名、乗客が1331~2336名(概算)、酷寒の海で合計2223~1328名(概算)が乗船していたタイタニック号、救命ボートの定員いっぱいいっぱい乗っても、乗船者の約半分しか助からない計算でした。

この船が救命艇を定員の半分しか積んでいなかった最大の理由の一つが、船体に取り入れられた当時画期的とも言われた区画構造にありました。

船体下部を防水隔壁で16の区画に分けることで、そのうち2つの区画(船首部では4区画)であれば、進水しても船が沈む事がないと言う画期的な設計でした。そのためタイタニック号は浮沈船とまで言われたのです。そのため船の美観を損ねる救命ボートは、見た目重視で定員半分の搭載数にとどまったのです。

ところがタイタニック号が氷山に衝突して出来た亀裂は5区画から6区画、タイタニックに同乗したこの船の設計者トーマス・アンドリューズ にもこの船の運命はすぐにわかりました。

氷山との衝突から2時間40分後、海に消えたタイタニック。
実際に救命艇に乗船して助かった生存者は 705名。


各ボートに乗船した人数を見ると、避難開始後前半のボートには定員の半分に満たない人数でタイタニックを離れたものも多く、もう少し乗せていればより多くの命が助かったとも考えられます。

船を離れた救命ボートの中には、操船のための乗員以外、男性客の姿がない救命艇も多くあり、紳士の国、レディーファーストのお国柄がここでも現れています。

この事故を教訓に1914年、海上における人命の安全のための国際条約、SOLAS(ソーラス)条約=海上人命安全条約」採択され、それは現代も時代に応じて改正され生きています。その中にはもちろん、救命艇の搭載、その装備品、ダビット(救命艇を降下させる装置)の強度まで細かく決められています。

タイタニックの事故があったことで今の海の安全が高められているのも事実ですね、あの事故がなく更に船が大型化していたらもっと多くの犠牲者を出す遭難事故が起きていたかもしれません。

タイタニックの悲劇は現代の私たちの海での安全を守ってくれる事となったわけです。

◎タイタニック遭難の年『1912年』の出来事・・日本がオリンピック(ストックホルム)に初参加。明治天皇没、元号が大正に変わる。清朝が滅亡。日本最初の南極探検隊が南極大陸上陸。カシミール・フンク(ポーランド)がビタミンを解明。石川啄木、肺結核のため死去。・・

今日は進水から今年で100年、タイタニック号の救命ボートのお話でした。

画像

今では、こんな模型キットもあります。
アルテサニア社から発売の『TITANICS LIFEBOAT』タイタニックの救命ボート 1/35木製キット タイタニックの救命ボートをリアルに再現できます。定価¥8,190


来年は『タイタニック号』処女航海100年を迎える年になります。

3月には当店でもタイタニックの模型や資料を展示する企画展『タイタニック展(仮称)』を開催します。おって開催日をお知らせしますので是非ご来場下さい。



☆年末年始の営業のお知らせ・・

年内は12月26日(月)までの営業とさせて頂きます。

新春初売・1月2日(月)より営業いたします。



明日、12/19(月)は、当店お休みを頂きます。


船の模型と海雑貨・・STAR SHIP MODELS

店舗情報はこちら→http://www.obnv.com/interior/475外部リンク






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
STAR SHIP MODELS(雑貨&模型)
十勝・帯広に『海』を広めるお店をオープン。海辺のギフトショップをイメージした店内には『海・雑貨コーナー』と『ホビーコーナー』が同居。雑貨好き・模型好きともに楽しめるお店です。海・雑貨はマリン雑貨をはじめ、アクセサリー小物、ハワイアンまで取り揃えています。ホビーコーナーは船が中心のプラモデルから木製キット、完成品まで取り扱い。海・船・雑貨・模型の記事をランダムにブログにしていきます。

年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
STAR SHIP MODELS
住所帯広市東3条南14丁目4
TEL0155-23-3103
営業10:00 - 17:30
定休不定休
 カウンター
2009-02-02から
442,056hit
今日:1
昨日:81


戻る