庭縁記(1136)


20211119(金)

庭縁記 2021.11.19

庭縁記×1136

庭縁記 2021.11.19

札幌のお庭を手掛けさせていただきました。
十勝の片田舎のこんなお庭屋を捜してお声を掛けていただき感謝に絶えません。

そして、いい出会いもいっぱいありました。

画像
ここから始まります。
広い敷地です。

画像
造成が始まりました。
土壌ひとつとっても十勝とはやはり違いを感じます。
そんな事が多々あり勉強になります。

画像
搬入された黒土は、十勝のそれとは質が全然違いました。
こんな土が十勝で作れないものかと考えさせられました。
いい土です。

画像
レンガのアプローチは十勝から持ち込んだ廃炉のリユース煉瓦です。
いい味出してくれました。

画像
芝生は縁石等での縁切りはぜずに、ナチュラルな印象に仕上がるように計画しました。

画像
基盤の整備がほぼ完了した状態です。
ここまで恵庭のノースガーデン様にご尽力いただきました。
的確で気配りの効いた丁寧でスピィーディーな仕事ぶりには感心させられました。
非常にいい仕事を見せていただきました。

画像
雑木類を中心とした植栽樹木はすべて十勝からの搬入です。
樹種や樹形などこだわって厳選した木々が春以降にその魅力を存分に発揮してくれるものと思います。
一部既存のお庭で大切に育てられていた樹木も移植しています。

画像
木工事に入りました。
ここはこのお庭の肝にもなるテクスチャーになるので、気心の知れた帯広の中野製作所に来てもらいました。
中野BROSの息の合った手際良い作業が暗くなるまで続きました。

画像
木工事の完成です。
これは薪小屋と自転車小屋。
背面がフェンスと連動した板張りとなっています。
私有地を地域の生活道路として解放されているので、通行人からの視線を遮ってプライベート空間を確保する役割も担っています。

画像
今期工事の完了です。
手前のサークル状の花壇は、地域の人たちの目を楽しませてくれるように季節の花々が植えられる予定です。

画像
フェンスをセットバックして、道路側に圧迫感を与えないようにしています。
前後を雑木の植栽でカバーして、柔らかな景観を演出します。

画像
既存のコデマリの木を主軸にデザインを展開しています。
来春からの季節変化が非常に楽しみなお庭になりました。

来春、宿根草などの植栽を経て完成となります。
お庭は植栽の落ち着く2〜3年後からが本来の姿を見せてくれると考えています。

緑が濃くなったら事例集の方にその様子をアップさせていただきます。

今回の工事に当たっては、たくさんの方々にご協力をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。



-------------------
札幌市 清田区

デザイン:タカダ ヒロキ
施工協力:ノースガーデン(恵庭市)
    :庭や たにぞえ(幕別町)
    ;woodNaks 中野製作所(帯広市)
    :株式会社 フジイ(札幌市)
    :株式会社 米澤煉瓦(江別市)
    :KUOGS千歳(千歳市)



top photo:福井美容室(足寄町)[トカチのカタチ]外部リンク




>>公式ホームページ
画像
外部リンク










.



2021818(水)

庭縁記 2021.08.18

庭縁記×1136

庭縁記 2021.08.18

雨の日は、単管フェンスの日。

単管で問題点を解決するためにフェンスを設置します。

画像
敷地の高さを測ります。

画像
単管支柱を打ち込んで単管横桟を固定します。

画像
完成です。

問題点は解決です。

資材の加工から設置まで半日です。


明日天気になぁれ(^_^)v☀



帯広市
庭十勝外部リンク



top illustration:大和屋紙店/帯廣眼鏡院(by トカチのカタチ外部リンク)




画像



2021817(火)

庭縁記 2021.08.17

庭縁記×1136

庭縁記 2021.08.17

sweet cute garden の施工状況から完成までです。

画像
工事の始まりは掘削から。
この時にその箇所の地盤構成などを把握して、適切な基礎の深さなどや問題点の抽出、対処法などを検討します。

よくある粘土地盤等不透水層がある場合は、その下の透水層までどれくらいあるのか、全部の置き換えが不可能な場合は窯場(かまば)などを作って水の逃げ道をつくったりします。

その土地の地下に染み込んだの水の行き場所が、速やかに浸透して行くのか、その場所に止まるのかで翌春の凍害状況に大きな差を生んでしまうのです。

画像
枕木のスリットを設置しています。
根入れが一番深いので最初の方の作業になる事が多いです。
最近枕木が不足傾向にあります。
庭十勝で手がけさせていただくお庭は、結構枕木を使う機会も多い事もあり2年分位はストックあります(*´∀`*)ゞ

画像
転圧。
ひたすら転圧。

画像
雨穴
画像
相変わらず職人泣かせの曲線の嵐ですね。

画像
大変な分、完成の喜びも増すというもの。。。
ですよね!?
「日々勉強です。」
確かに。

画像
人工芝生だと構造物を挟んでも管理上問題なし。
この構造物はもしかしてあの「干しの降らメンコII」じゃないですか?
なんかバージョンアップしたらしいと小耳に挟みました。
ということは「干しの降らメンコ弎」ですか!?
いや、マイナーチェンジなので「干しの降らメンコII」のままだそうですよ。
なんだぁ。

画像
自転車小屋もつくりました。

画像
こんな感じです。
いいですね。側面は通り抜けられるようにフェンスがありません。
いいですね。

完成です。

画像

またキュートで素敵なお庭ができました。
末永くよろしくお願い致します。


帯広市
庭十勝外部リンク
設計:タカダ ヒロキ
施工協力:庭や たにぞえ
    :WOODNAKS中野製作所


top illustration:帯廣千秋庵(by トカチのカタチ外部リンク)




画像



2021816(月)

庭縁記 2021.08.15

庭縁記×1136

庭縁記 2021.08.15

テラスガーデンの作業状況から完成までです。

画像
掘削から始まります。

ここは現場条件が特殊で道路を使用しての作業が困難だったため、特別な作業方法で進めました。
隣地敷地のフェンス越しの作業です。
作業効率にかなり負荷がかかる工程にになりました。

このような場合、現場サイドで試行錯誤してより良い作業形態を考えます。そしてそれは経験として積み上げられ、強みにもなります。
全ての現場で必ずそういったヒントはいっぱいあります。

画像
フェンスの地杭設置状況です。

最初から今現在の作業スピードがあったわけではありません。
経験が積み重なって今があります。
疑問や問題に直面した時に、如何に考えるかでその差は生まれてきます。

画像
資材が搬入されました。

資材の搬入も、その置き場所も作業効率に関わってきます。
効率が悪いと時間のロスもそうですが、事故につながる事もありますので注意が必要です。

画像
縁石の設置です。

この段階になるとお庭のカタチも見えてくるので、施主様も楽しみになってきます。施工する側は直接見栄えに影響しますので気は抜けませんね。

画像
ロズウェル

縁石の素材は自然石でピンコロと呼ばれるモノです。直線のほか曲線を描き出すのを綺麗に味わい深く彩ってくれます。

画像
メインとなるガーデンテラスの完成です。

この煉瓦の張り方だと目地が広く空くので、通常に敷く場合と違って砂ではなく流失防止専用の目地砂を使用します。

画像
オシャレな物干し台の設置作業をお洒落な男二人がおシャレに仕上げます。

画像
最後にフェンスの設置作業です。

画像
完成しました。
画像
シンプルでも、確かな施工とひと味違った考え抜かれたお庭のご用命は「庭十勝」に是非!


幕別町
庭十勝  >>公式ホームページ外部リンク
設計:タカダ ヒロキ
施工協力:庭や たにぞえ



top illustration:岩野商事(by トカチのカタチ外部リンク)


画像



202161(火)

庭縁記 2021.06.01

庭縁記×1136

庭縁記 2021.06.01

「カラマツの間を通り抜ける小径のお庭」の作業状況です。

画像
このカラマツの幹の間に小径をつくります。

DIYでやっても出来上がりの見かけはほぼ同じようにできると思います。
DIYとの大きな違いは基礎部分になると思います。
その差がどこにあるのか見ていきましょう。

その前に、テラス前の広い部分を花壇にするための作業を行いました。

画像
客土をするために全体を掘り下げます。
建物と道路に高低差があるので、なるべく平坦になるように道路側に枕木で土留を施します。
敷き均す客土の厚みは20cm~50cmになります。
現況の土壌は赤土系で粘土と玉石が多く混じるこれから植えようとする草本には適さないので入れ替えとなりました。

画像
客土を入れた状況です。
後で樹木の植栽も数本。


さて、小径の作業にかかります。

画像
重機(バックホウ)で基礎の深さに掘り下げます。
下部が砂利層でいい地盤でした。
約50cm掘り下げます。
この環境ですので太い木の根なども多く出てきます。
注意しなければならないのは、重機でむやみに傷めないように専用のチェンソーなどを使い丁寧に切りながら掘りすすめることです。手間がかかります。

画像
掘り上がったところです。
路床を転圧して整えます。

画像
基礎砂利を入れ終えた状況です。
二層に分けて転圧して強固にします。
高さを睨んでいるのは夏風くんです。

画像
施主様からの支給品であるインターブロックを敷き並べます。
通常の敷き方とは違い、ブロック間を開けて並べるのでモルタルで設置していきます。
目地にも植物を被覆させるためです。

画像
平坦に気持ちよくなる景観になるように敷設していきます。
ノンちゃんが担当しています。

画像

画像
敷き並べながら完了したところから客土を施していきます。

画像
今回作業の完了です。
小径途中にアイアンのアーチも設置しました。

画像
全体が緑に覆われる頃にまた訪れたいと思います。

画像
花壇側の完了風景です。
来春咲くエゾヤマザクラも植栽しました。

十勝で今回のようなブロックや煉瓦で小径をつくろうとした場合、地面が冬期間に凍って起きる凍害に注意する必要があります。
過剰のように思われる基礎部分でも、一冬二冬を過ぎるとその差は歴然と現れてきます。
プロとして永く心地よい空間を提供する立場で、その場限りの施工はしないというスタンスで日々お庭づくりに励んでいます。


中札内村
施工:庭十勝  >>公式ホームページ外部リンク
設計:タカダ ヒロキ



top illustration:大丸薬局(帯広市)昭和40年代(by トカチのカタチ外部リンク)





画像



<<
>>




 ABOUT
庭十勝 niwatokachi
十勝・帯広で庭・エクステリアの設計・施工・メンテナンスを行っています。あなたの思いをカタチにするのが得意な会社です。豊富な事例の数々はお客様の思いの結晶です。お庭のすべてをお任せ下さい。
[営業エリア]十勝管内[帯広市・芽室町・音更町・幕別町・清水町・新得町・鹿追町・中札内村・更別村・大樹町・広尾町・士幌町・上士幌町・足寄町・陸別町・池田町・本別町・豊頃町・浦幌町]他地域はご相談下さい。

エリア十勝
属性事業者
 GUIDE
トカチのカタチ 庭十勝
住所北海道河西郡東芽室南2線-14-13[ミーナの庭]
TEL0155-62-1210
営業10:00 - 18:00
定休年中無休
 カウンター
2006-05-09から
855,542hit
今日:41
昨日:120


戻る