旭山動物園 オオカミ(151)


2018511(金)

ちょっとだけ懐かしい写真・・・3月27日 旭山動物園 シンリンオオカミ


ちょっとだけ懐かしい写真・・・3月27日 旭山動物園 シンリンオオカミ

こんばんは。
ブログを連投する気はあるのに、睡魔が襲ってきてしまったマツです。

頑張って3月27日の写真をアップしてしまいたい!
でも、眠いぃ~~~~~!!!



とりあえず、できるところまでアップしていきます。



ブログで紹介するほどの写真ではありませんが、せっかく撮ったので・・・




トップの写真は左が母「マース」、右は2015年生まれの息子「ノチウ」です。




こちらは2011年生まれのメスの「レラ」。
画像

こうやって見ると、白くなりましたね。




こちらも黒いお姉ちゃん、2012年生まれの「ノンノ」。
画像

右耳が倒れているのが特徴です。




2014年生まれのメス「ワッカ」。
画像




父「ケン」はどこへ行ったかな?と思ったら、天窓の上で寝ていました。
画像



館内通路から見るとこんな感じ。
画像




ケンの横を通るノチウ。
画像




アクリルトンネルの上に乗るワッカ。
画像

黒いオオカミ達は年々白くなっているのが分かりやすいですが、ワッカもだいぶ白くなったように感じます。




でも、やっぱり一番白くなったのはレラですよね。
画像

右奥に写っている父ケンよりも白くなるスピードが速いです。




オオカミの森ができてもうすぐ10年。
いろいろありましたが、旭山の個性豊かなオオカミ達の成長をこれからも見届けていきます。



2018424(火)

懐かしい写真・・・2月10日 雪あかりの旭山動物園 オオカミなど


懐かしい写真・・・2月10日 雪あかりの旭山動物園 オオカミなど

こんばんは。
キャンドゥで買った腕時計の電池が切れてしまい、電池を買うか、また腕時計を買うか迷っているマツです。

物は壊れるまで使いたい方なので、108円で買った時計だとしても電池を交換したいかな?とは思っています。
でも、ボタン電池1個だけって売っているのかな?108円より安いのかな?



さて、2月10日の雪あかりの旭山動物園も今回が最後。


例によって例のごとく、ブログアップするほどの写真はありません。



トップの写真はしずく型のアイスキャンドルで作られた「50th」という文字です。

1967年7月1日に開園した旭山動物園は、2017年に開園50周年を迎えました。




でも、今回は50周年とは関係なく、雪の上でくつろぐシンリンオオカミ隊です。




2012年生まれのメス「ノンノ」と、お母さんの「マース」です。
画像




こちらはお父さんの「ケン」。
画像




テクテク歩いていたのは2011年生まれのメス「レラ」
画像




2014年生まれのメス「ワッカ」
画像




そして、2015年生まれの末息子「ノチウ」です。
画像




特にオチの無い写真ばかりでごめんなさい。




そして、途中からで中途半端な感じですが、薄暗くなってから撮影した遠吠え動画です。




雪あかりの動物園と言えば、あざらし館前食堂の向かい側に氷像が設置されます。
画像

今年はシンリンオオカミでした。




この日は日中に雨が降るほど気温が高めで、夜になってもプラスでした。
画像

キーンと冷え切った夜空の中で見るのが雪あかりの動物園の醍醐味だと思いますが、なんとも生ぬるい感じでした(^^;




かば館の2階から見た旭川市街地の夜景。
画像




帰り道、正門側からメインエリア方向を撮影しました。
画像




来年はキーンと冷え切った中の動物たちをぜひ見に行きたいです。



2018419(木)

懐かしい写真・・・1月30日 旭山動物園 シンリンオオカミ


懐かしい写真・・・1月30日 旭山動物園 シンリンオオカミ

こんばんは。
頭の中で「どうしよう、どうしよう」が無限ループしているマツです。

昔からですが、想定外の出来事があると頭が真っ白になってしまいます。
臨機応変な対応は苦手です。



さて、いろいろ書きたいことはありますが、1月30日の旭山動物園の写真はオオカミで終わりにします。




雪に覆われたオオカミに森の岩山の上にはオス2頭が立っていました。
画像

左が父「ケン」、右が息子の「ノチウ」です。




凛々しい顔をして立っていたのは2012年生まれのメス「ノンノ」
画像




母「マース」と、奥はケン
画像




この後ろ姿は誰かな?
画像




顔全体が白いので、2011年生まれの「レラ」です。
画像




ケンの口の周り、白い範囲が年々広がってきたような気がします。
画像




オオカミの森では6頭のオオカミが暮らしていますが、もう1頭の姿が見当たらない




全体を見回したら、遠くに見つけました。
画像

2014年生まれの「ワッカ」です。




近くに来てくれました。
画像



2018414(土)

懐かしい写真・・・2017年12月3日 旭山動物園 シンリンオオカミ


懐かしい写真・・・2017年12月3日 旭山動物園 シンリンオオカミ

こんばんは。
最近、若い女性の言葉遣いが気になるマツです。

年上・目上の人に対して敬語を使わない若者が増えたな~とは2・3年前から思っていましたが、最近は乱暴な言葉を使う女性が気になっています。
私も38歳の立派なオバサンになり、ついつい「最近の若い子は・・・」って言ってしまいそうになりますが、なんでもかんでもパワハラ・モラハラ・セクハラと言われてしまう世の中では、注意もしづらいですよね。



久々に毒づいた前置きですみません。




前回までは11月15日の旭山動物園でしたが、今回からは12月3日の旭山動物園です。




この日は動物園に行ったのが遅く、入園した時点で13時半を過ぎていました。




14時過ぎ、オオカミ達はそれぞれお昼寝をしていました。



母「マース」
画像




たぶん、2011年生まれのメス「レラ」
画像




2014年生まれのメス「ワッカ」
画像




そのほかのオオカミ達もどこかでお昼寝していたと思います。




15時過ぎ、そろそろ閉園時間も近くなり、オオカミ達もソワソワ。
画像

左は2015年生まれの息子「ノチウ」
右は「マース」




こちらは父「ケン」
画像




「ワッカ」
画像




左は「ノチウ」、右は2012年生まれの「ノンノ」
画像

ノンノは耳が折れているから個体識別できますが、耳を見なかったら口の周りの白いところとかケンに似てきましたね。




こちらは「ケン」。
画像




閉園時間が近くなり、園内放送に反応して遠吠えをしていました。
画像

左奥はケン、座っているワッカ、中央の岩の上に立っているノチウ
左手前はマース、右手前はノンノ

レラはどこへ行ったいたのかな?




動画も撮影しました。

マースが遠吠えをするのは珍しいかも。




冬毛のマースはモコモコでキレイですね。
画像





ここからはオマケ。



この日は年賀状用にイヌ科動物の写真も撮りながら歩きました。



ホッキョクギツネ
画像



エゾタヌキ
画像

2頭とも眠そう。



キタキツネ
画像

顔が見えないので年賀状に使えない。。。



もう1頭は?



画像

やっぱり顔が見えない。



そして、ゴールデンレトリーバーの「サニー」
画像

寝顔は可愛いのですが、タオルの上にいるのはイマイチかな?

でも、サニーの写真は使いたかったので、夏に展示場をかけていたときの写真を年賀状には使いました。



201845(木)

懐かしい写真・・・2017年9月26日 旭山動物園 シンリンオオカミたち


懐かしい写真・・・2017年9月26日 旭山動物園 シンリンオオカミたち

こんばんは。
GWの予定は未定のマツです。

たぶん、どこかには行くと思います。
でも、今のところは未定です。




さて、久しぶりのシンリンオオカミです。



トップの写真は母「マース」です。




こちらは、上が娘の「フミ」、下が父「ケン」です。
画像




お昼寝をしていた2頭が顔を上げたと思ったら・・・




遠吠え
画像

園内放送のお姉さんの声に反応したのでした。




フミと言えば、10月12日に富山へ嫁入りしたものの、感染症により11月13日に亡くなってしまいましたね。
画像

私がフミに会ったのはこの日が最後になってしまいました。




何かを見ている姉「ワッカ」。
画像





天窓の横でお昼寝していたのは長姉「レラ」かな?
画像




池の横で寝ていたのは末っ子の弟「ノチウ」と同腹「フミ」。
画像




ポカポカした晴れた日でしたので、みんなお昼寝。
画像

ワッカです。




ワッカの前には父ケン。
画像




マースかな?
画像

もしかしたらフミかもしれません。




ケンはいくつになってもイケメンですね。
画像

だいぶ白くなりましたね。




メスだけど凛々しいワッカ。
画像




真っ黒だったノチウもちょっと白くなってきたかな?
画像

でも、他のオオカミ達に比べたらまだまだ黒い。




ノチウに比べて一番上のお姉ちゃんレラは本当に白くなったな~。
画像




そして、私が最後に撮ったフミちゃん。
画像

末っ子だったからか、いつまでも幼さの残る表情をしていたフミは可愛いオオカミでした。
せっかく御嫁入りできたのに、残念です。





最後に、右耳の折れちゃっている2番目のお姉ちゃん「ノンノ」でした。
画像



<<
>>




 ABOUT
西紋のマツ
道北地方で生まれ育ち、結婚してオホーツク地方へ来ました。

春は芝ざくら、秋には紅葉の写真を撮りながらお散歩しています。
そのほか、滝上町内を中心に旅先の風景の写真もアップします。

ときどき動物園へ行きます。
でも、若い頃のように毎週のように行く体力も気力もありません(笑)

性別
年齢30代
エリア北海道
属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2008-07-01から
877,514hit
今日:70
昨日:64


戻る