旭山動物園 タンチョウ(7)


2015216(月)

2月8日 旭山動物園 タンチョウ コタン


2月8日 旭山動物園 タンチョウ コタン

こんばんは。
夫にメールを送ったら、2秒後に目の前で受信音が鳴ったマツです。

今日からしばらく忙しい夫。
晩御飯を食べに帰ってくるのかどうか確認したかったのですが、家にスマホを忘れて行ったようで・・・
夕方まで夫のスマホが家にあることに気が付かなかった私も私ですね。
もっと早く気づいていれば届けたのに。



さて、旭山動物園では初めて繁殖に成功したタンチョウですが、いつの間にか性別が判明し、愛称までついていたんですね。




2014年5月17日に孵化した「コタン(メス)」が、明日釧路市動物園へ引っ越すようです。

しいくにゅーすで発表になりました。
 ↓ ↓ ↓
タンチョウの子どもが引っ越します外部リンク




明日17日に移動するようですので、次に行ったときにはもういないということで、それならもっと良い写真を撮っておけばよかったです。




雪をついばむ様子を動画撮影しました。
音を消すのを忘れていました(^^;
外国の方の話し声が入ってます。





今年もまた繁殖がうまくいくことを願い、これからも丹星とトモ子夫婦のことを応援していきます。
画像



2014114(火)

10月15日 旭山動物園 タンチョウの幼鳥


10月15日 旭山動物園 タンチョウの幼鳥

こんばんは。
いよいよ戦いのシーズンを迎えたマツです。

何の戦い???って感じですが、お隣さんとの戦い雪との戦いです。
話せば長くなりますので省略。
でも、これから雪が融け始める3月くらいまではかなりの確率で隣人への愚痴を前置きに書き綴ると思いますので、私の気持ちを御理解いただけましたら幸いです。




さて、2日と3日は円山動物園へ行きましたが、その話は後日アップします。
大した写真も動画もありませんしね(^^;




今日も10月15日の旭山動物園です。


5月17日に孵化したタンチョウもあっという間に生後5ヶ月。
画像
まだ両親よりは一回り小さいですが、あの茶色いヒヨコがたった5ヶ月でこれだけ大きくなったことには驚くばかりです。

本当に鳥の成長は早いですね。




そんなタンチョウの幼鳥の様子を動画撮影しました。



どれくらいでタンチョウの特長である赤い頭が出現するのでしょうね?
まだ性別は分からないのかな?


今後も成長が楽しみです。



2014108(水)

10月5日 旭山動物園 タンチョウ一家


10月5日 旭山動物園 タンチョウ一家

こんばんは。
明日は錦仙峡をお散歩しようかな?と思っているマツです。

11日は「秋!歩こう!錦仙峡」で6.1kmを歩きますし、その前に1回歩いておこうと思います。
急に6.1kmも歩いたら、間違いなく次の日は筋肉痛になります。



さて、そんなに量はありませんが、10月5日の旭山動物園を少しずつアップしてきます。




5月17日に孵化したタンチョウのお子様はだいぶタンチョウっぽくなっています。




そんな幼鳥の様子を動画でどうぞ。




一家みんな揃って何をついばんでいるのかな?と思ったら、お母様がお魚をくわえて歩いていました。
画像
写真中央でこちらを向いているのがお母様です。




お父様もお魚を食べていました。
画像





写真は撮れませんでしたが、幼鳥もついばんでいました。



これからも幼鳥の成長を見守っていきたいと思います。



2014725(金)

7月21日 旭山動物園 タンチョウ親子


7月21日 旭山動物園 タンチョウ親子

こんばんは。
珍しくミュージックステーションを見ているマツです。

少し前に「音楽は聴かないけど、歌うのは好き」って話を前置きに書きました。
音楽番組ってあまり見ないんですが、懐かしい歌が聞こえてきたので、今日は見てみることにしました。



さて、まだまだ7月21日の旭山を連投します。



トップの写真は5月17日孵化のタンチョウの後姿です。




横から見るとこんな感じ。
画像
まだ茶色い毛が残っていますが、脚の長いところやシルエットはタンチョウです。




でも、両親と並ぶとまだ小さめです。
画像




動画も撮影しました。

この1ヶ月、ほぼ1週間おきに旭山へ行っていますが、行くたびにタンチョウのヒナが大きく成長していて驚かされます。



2014717(木)

7月13日 旭山動物園 タンチョウ


7月13日 旭山動物園 タンチョウ

こんにちは。
アミメキリンのマリモの訃報を知ってから一夜が明け、ますます悲しみが増すマツです。

誕生があれば、死もある。
しかし、マリモはまだ9歳。
まだ死ぬには早すぎます。

出産予定日まであと2ヶ月だったのに・・・
今度こそは元気な赤ちゃんを産み育ててもらいたかったのに・・・

ただただ残念でなりません。


マリモはお腹の赤ちゃん、そして先に天国へ行った2頭の赤ちゃんと一緒に天国で駆け回っていてくれることを祈ります。



今は最愛の姉さん女房をなくしたゲンキのことが心配です。





さて、悲しんでばかりいても前に進めないので、本題です。




2週間前の6月29日に会ったときはまだ茶色い産毛だった誕生のヒナですが・・・
画像




手羽先のように華奢だった腕には、タンチョウらしい白い羽が伸びてきていました。
画像




鳥類の成長は早いとは言いますが、半月でこんなに変わってしまうとはビックリしました。




動画も撮影しました。
これからどのように変化していくのか、さらに注目ですね!!



<<
>>




 ABOUT
西紋のマツ
道北地方で生まれ育ち、結婚してオホーツク地方へ来ました。

春は芝ざくら、秋には紅葉の写真を撮りながらお散歩しています。
そのほか、滝上町内を中心に旅先の風景の写真もアップします。

ときどき動物園へ行きます。
でも、若い頃のように毎週のように行く体力も気力もありません(笑)

性別
年齢30代
エリア北海道
属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2008-07-01から
807,419hit
今日:6
昨日:181


戻る