20111220(火)

インフルエンザ


皆さん、インフルエンザが流行る時期にきました。

今年は、香港A型での集団感染が発生しているという報道もありますので、インフルエンザの予防について

1) 室内の加湿

空気が乾燥するとのどの粘膜の防御機構が低下し、ウイルスに感染しやすくなります。

また、ウイルスも活発に活動します。

それを防ぐために室内を加湿するとよいでしょう。

加湿器などを使用して、50~60%に保ちます。

2) 抵抗力を高める

十分な休養で疲労を回復させること、バランスのよい食生活、適度な睡眠は、免疫機能を高めるとされています。

日常の生活から予防に心がけることが大切です。

3) うがい、手洗い(基本)

インフルエンザウイルスは、患者の咳やくしゃみからの飛沫で感染します。

帰宅時や咳をしている人と接触したようなときは、うがいと手洗いを実行しましょう。

うがいはポビドンヨードなどのうがい薬を使用することをお勧めします。

手洗いは石鹸を使用して十分に行って下さい。

タオルはほかの人と共用しないことも大切です。

4) 接触を避ける

疲れているときや睡眠不足など、自身の体調が悪い時は外出を控えます。

人込みに出なければ感染の機会も減少しますし、休養をとることにもなります。

また、外気は乾燥していますから、加湿した室内にいることも予防につながります。

5) 予防接種

インフルエンザに対する予防方法として世界的に認められているのは、インフルエンザHAワクチンです。

流行前に予防接種を受けることが、欧米では一般的な方法となっています。

発病を確実に防ぐことはできませんが、もし発症しても症状を軽くすることはできます。


インフルエンザの流行は1月上旬から3月上旬がピークです。

ワクチンを接種してから抗体ができるまでに、2週間くらいかかりますから、流行に備え12月中旬までに接種することが望ましいと考えられます。

皆さん、元気に年末年始を迎えましょう。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
からだ調整アドバイザー
WHO国際基準を満たした
カイロプラクティックを
提供しています。

薬を必要としない
身体作りをサポートします

肩こり、腰痛の他に
姿勢バランス
不眠
からだの不調
心の疲れ
スポーツ障害
ダイエット
アレルギー
うつ
自律神経失調症
発達障がい
生活習慣の改善法
と様々な身体に
関する症状に対応します

身体は部品交換できません

身体になんらかの不調が
ある場合は
早めにご相談ください。

エリア十勝
属性事業者
 GUIDE
からだサポート
住所帯広市西2条南3丁目9番地1 2F
TEL0155-25-0184
営業09:00 - 18:00
完全予約制
夜間営業あり
定休出張、勉強会等以外営業
 カウンター
2011-12-11から
39,298hit
今日:0
昨日:1


戻る