20111217(土)

冷え予防 2の巻


自律神経は、末端の神経や血流もコントロールしています。外気温が下が、
指先などが冷えると、交感神経は手足の先などへの血流量を増やして、温めようとします。


しかし、自律神経が乱れていると、末端への血流量が増えず、冷えた状態のままになります。

無理なダイエットが原因で冷えることも(熱の産生や運搬がうまくいかない)

体を温めるためのエネルギーが不足することも、冷えの原因になります。

例えば、食物が胃や腸などで消化・吸収され、肝臓で分解・代謝されていく過程でエネルギーが生み出され、

熱に変換されます。食物から取り入れられたエネルギーの約75%以上が

熱に換えられて、体温維持に用いられます。食事の量を極端に控えるダイエットを続けていると、エネルギーが不足します。

呼吸したり血液を全身に巡らせるなど、体の機能を維持するために必要な基礎代謝量は、

一般に20~40歳代女性で1日におよ1200kcal、20~40歳代の男性でおよそ1500kcalです。

基礎代謝の約40%は、筋肉によって熱に換えられています。

血液で運ばれるエネルギーは、脳や内臓など体の重要な部分に優先的に配分されるので、摂取エネルギーの量が不足すると、

体の末端までエネルギーが届きにくくなるため、手足が冷えることになります。

糖尿病などによる末梢神経障害

「糖尿病」の合併症が進行すると、細い血管や自律神経を含めた末梢神経の働きが低下します。


すると、神経の働きが鈍くなったり、血流の調節が悪くなったりします。そのため、

手足の先に必要な血流を確保できなくなり、冷えているという状態が起きてしまいます。

糖尿病の患者さんは、合併症が進行しないように、血糖のコントロールを行うことが大切です。

続く






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
からだ調整アドバイザー
WHO国際基準を満たした
カイロプラクティックを
提供しています。

薬を必要としない
身体作りをサポートします

肩こり、腰痛の他に
姿勢バランス
不眠
からだの不調
心の疲れ
スポーツ障害
ダイエット
アレルギー
うつ
自律神経失調症
発達障がい
生活習慣の改善法
と様々な身体に
関する症状に対応します

身体は部品交換できません

身体になんらかの不調が
ある場合は
早めにご相談ください。

エリア十勝
属性事業者
 GUIDE
からだサポート
住所帯広市西2条南3丁目9番地1 2F
TEL0155-25-0184
営業09:00 - 18:00
完全予約制
夜間営業あり
定休出張、勉強会等以外営業
 カウンター
2011-12-11から
39,306hit
今日:1
昨日:2


戻る