20131027(日)

トレーナーがトレーナーになったわけ その2


トレーナーがトレーナーになったわけ その2

トレーナーがトレーナーになったわけ、その2です。


コットンの眼に恐怖の色を見た私たちは、一切の服従訓練をやめ、叱ることもやめました。


うなっても、「大丈夫。あなたを守るから」と優しく言い聞かせ、噛みついてきても抱きしめ続けました。


「ごめんね、今まで怖がらせて」

そう言いながら。



最初は、「うなったり、噛みついても優しくなで続けていたら、その行為を肯定することになるんじゃないか」という不安もありました。


でも、想像以上に早く、状態は改善され始めたのです。



もちろん、ガウガウすることは多々ありましたが、噛みつくことがぐっと減り、甘えてお腹も見せるようになり…。

叱ることをやめることにより、私たちの心に余裕が生まれたのもあるのかもしれません。


画像



当時、わんこカメラマンがしていた犬ブログに、コットンの様子を書き綴るようになると、同じ症状に悩む方々から相談されることが増えました。



みんな同じ。

しつけ本やトレーニングスクールで、「リーダーになりなさい」と植えつけられ、どんどん悪化していくわんこたち。


「ごはんは人の後。一緒に寝てはいけない。」と言われ、

いう事を聞かなければ、チョークチェーンで首を締めつけ、

噛みついたら、マズルを掴んでひっくり返される。


わたしの方がお前より上だぞと力を誇示し続けるのです。



そのころになると、私たちも「それっておかしいんじゃないだろうか」と思い始めていました。


たとえそれでいう事を聞いたとしても、それは信頼関係の上に成り立っていないのではないか。

ただ怯えて服従しているだけではないのか。


犬との楽しい生活を夢見て、かわいいわんこを迎えたのに、それではちっとも楽しくなんかない。



そして、

「叱らないで」

と発信続けました。


画像



そのころのトレーナーは、高校3年生。

ちょうど進路を選択する時期でした。





トレーナーの決断は、明日に続きます。

引っ張ってごめんなさいm(_ _)m






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
十勝ドッグラボ
動物取扱業
(訓練)北海道 第121340179号 
(保管)北海道 第121320179号

性別
エリア十勝
属性事業者
 GUIDE
まきばの家わんわんトレーニングくらぶ
住所池田町清見144
期間1月上旬-12月下旬
(土・日曜祝日)
営業10:00 - 17:00
 カウンター
2013-03-31から
169,554hit
今日:5
昨日:9


戻る