20131028(月)

トレーナーがトレーナーになったわけ その3


トレーナーがトレーナーになったわけ その3

トレーナーがトレーナーになったわけ、その3です。


そのころ、高校3年生だったトレーナー。

中学の頃から、「医療系に進みたい」と言い、すでに理学療法士になるべく、推薦が決定していました。



だけど、同じ問題行動に悩む人がたくさんいるということ、そして、やはり間違った服従訓練で悪化させているということを知り、

相談を受ける中で、大半のわんこが神経質でビビリであるがゆえの噛みつきであることも知りました。


画像


「叱らないで」と言い続け、噛みつきの対処法を伝え、

「噛みつきがおさまってきました!」

と言われたときの喜び。



でも、反対に

「この子とはもう一緒に暮らしていく自信がない」

と言われたときの悲しみ。



実際にそのわんこを見て、原因を知り、対処法を伝えることが出来たのなら…

もしかしたら、良きパートナーになってくれたのかもしれない。



そんな想いがどんどん大きくなり、トレーナーは、

「ドッグトレーナーになる」

と決断したのでした。



せっかく犬と暮らすことを選択したのだから、その生活を楽しんでもらいたい。

愛犬の幸せそうな顔に目を細めていてもらいたい。



ドッグトレーナーになることによって、そのお手伝いが出来るのではないか。



決まっていた推薦を断り、訓練所の門を叩いたのは、2005年の秋でした。



画像


現在のコットンは、もうすぐ9歳。

噛みつくことはもうありません。


たまに脅しでガウることはありますが(笑)

他犬に対して攻撃したことは一度もなく、「はじめまして」の人が大好き!です。

大好きすぎて、会うと喜びの表現で、耳たぶをカジカジされます(-"-;)



相変わらずビビリではありますが(^▽^;)



噛むきっかけになったトリミングには、その後に別のお店に1度だけ連れていきました。

が、「ビビリなので、うなるかもしれませんが、安心させて抱きしめてください」と頼んでいたにも関わらず、

「うなるので、口輪しました」と言われ、それ以来ず~~っとわんこカメラマンの散切りカットです。


画像


もちろん、トリマーさんだって噛まれるのは怖いですから、口輪した気持ちもわかるのですよ。


わんこブログをしていたときに知り合ったトリマーさんは、

「パピーの初回はカットをしないよ。まずは台の上で遊ばせて慣らせることから始めるのよ」

と言っていて、コットンもこういう出会いがあったのなら違ったのかもしれない、とも思います。



まぁ、もう9歳ですから、今後もきっと私の散切りカットでしょう(;´▽`A``



へたっぴなもんだから、毎回2時間はかかるトリミング。

苦手なお尻周りだって、目元のカットだって、すっごく怖いはず。

なのに、じっと我慢しているコットンを見ていると、時々涙が出そうになる時があります。




私のカットを受け入れてくれてありがとう。


信用してくれてありがとう。





コットンが噛みつかなくなったのは、服従訓練をやめただけではありません。

明日は、噛みつくコットンにどう接していったのか、を書こうと思いますので、よかったら読んでくださいね!






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
十勝ドッグラボ
動物取扱業
(訓練)北海道 第121340179号 
(保管)北海道 第121320179号

性別
エリア十勝
属性事業者
 GUIDE
まきばの家わんわんトレーニングくらぶ
住所池田町清見144
期間1月上旬-12月下旬
(土・日曜祝日)
営業10:00 - 17:00
 カウンター
2013-03-31から
169,550hit
今日:1
昨日:9


戻る