2013423(火)

厳しいだけのトレーニングは時代遅れ?


TOKACHI DOG LABOのホームページを見ていただくと書いてあるのですが、

私が行う訓練のコンセプトを『ワンちゃんと飼い主さんが楽しいトレーニング』にしています。

そのコンセプトを実行するにあたり、私は厳しいしつけは必要ないと考えるのです。


日本は昔から「ドッグトレーニングは厳しく!」という考える人が多く、

また今もその考えが根強く残っています。

厳しいトレーニングには殴る・蹴る、もしくは棒で叩くなどの手荒い真似も多かったようです。

確かに、厳しいトレーニングが必要になる時があるかもしれない。

しかし、果たして『家庭犬のしつけ』にそんな厳しいトレーニングは必要になるでしょうか?

警察犬などの使役する犬(職を持つ犬)には失敗が許されないのでわからなくもないですが、

愛玩犬には酷だと思うのです。

それに愛犬に暴力をふるうのは飼い主さんもイヤでしょ?



今、日本のドッグトレーニングは変わりつつあります。

厳しいだけだったトレーニングが楽しいものへと変化しつつあるのです。

願わくば、私のコンセプトに賛同してくれる方が増えることを願います。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
十勝ドッグラボ
動物取扱業
(訓練)北海道 第121340179号 
(保管)北海道 第121320179号

性別
エリア十勝
属性事業者
 GUIDE
まきばの家わんわんトレーニングくらぶ
住所池田町清見144
期間1月上旬-12月下旬
(土・日曜祝日)
営業10:00 - 17:00
 カウンター
2013-03-31から
169,552hit
今日:3
昨日:9


戻る