2018630(土)

6day


6day

9連休中休み。?



今年も新日本プロレスG1行ってきます。

7月16日。

いつもの札幌きたえーる。

開幕戦じゃないのが残念なところ。




今年はチケットをローソンで取ってみました。

いままで、e+やぴあでしたが、ここ最近はぴあぱかりで、

席も同じ。


違う所で取ったら席も違ってくるのかなと。

実際取ってみたら、見た事もない席の並びでした。


さてさて、どの辺なのかなー。


今日はJRホテルパック旅券も購入。

今、札幌までの特急が安いみたいだけど、別に宿泊を
探すのも面倒なので、いつもパックにしてます。

今回は、ちと高かった・・まぁいっか。



2018626(火)

ねこたち


ねこたち

「ねー、ブーおばけみたいでしょー?」



「・・・つーか、たぬきでしょ」





画像


「それよりさー、どこ行ってるの?毎日ブーたちに留守番させてさー」






画像

「そーだそーだ」





画像


と彼女たちは言っております。


・・・それより、もっと可愛い猫がほしいです・・・笑。



2018626(火)

5day


5day

寿都、室蘭の旅、2日目。

伊達で車中泊し、朝、地球岬へ。


岬から撮った室蘭の街の様子。

ジオラマ風にアレンジ。




画像




画像



クジラなんかのウォッチングもやってるらしい。

・・・あんまり興味ないや・・笑。




画像

なんかの鐘・・・。

説明がありましたが興味のないものは読みません(笑)。




それから丘の上の細い道路をとろとろと走る。



画像

室蘭八景ってあるらしい。


どうやらその内の1つ。



画像


この海と空の境界線がボケた感じがいいなー。

黒いのは船。


今日撮った写真の中で一番、思い通りに撮れた写真。





本当に海は大きい。




画像

サーフィンやっている風景。

寒くないのかな。




画像


室蘭は工業の街。

この鉄な感じが、私は海より好きだ。


見ていると色んな想像が出来るから物語が生まれる。

キレイだけがいい風景じゃない。



そう思わせるのが室蘭。


本当は写真を撮るなら、撮るモノを知ってなきゃならない。

室蘭をもっと知ったらいい写真が撮れるかもしれないと思った。



2018626(火)

4day


4day

また風車!?と思ったのは私です。

寿都も風車景色がイイらしいよとの事で

旦那さんと行ってきた。

もちろん1泊の車中泊(旦那は初めてらしい)。




もう一つ。

室蘭にある白鳥大橋の夜景もスゴイらしい。

なので、寿都、室蘭行き。

のんびり行きましょうって事で。




日高道の駅から苫小牧方面へ。

折角、道の駅の本も買ったので、

道の駅もちょいちょい寄って行く事に。


むかわ四季の館道の駅で「ししゃもねこ」なるものを見る。

斬新なキャラに驚く。



それから苫小牧へ。

片方4車線の国道に驚きながら、ふと埠頭を見ると大きな船が!


画像


デカー!!


しかも嬉しい事に新千歳空港へおりる旅客機がどんどん見える。




画像


埠頭のこういう工業的な感じがいい。



久々見た飛行機に興奮し、船の事など忘れる。笑。





画像

あーあ。

素敵。




場所変えて再度トライする事に決めた。

ここなら一人でも来られそうだ。

だって宗谷岬まで行ったのだからどこへでも行ける。



それから支笏湖方面を回って伊達へ。


道の駅は「フォーレスト276大滝」。


ところが休業中?らしく、その横にデーンとあったのがこれ。



画像


・・・王国って・・笑。



もう、きのこづくし。

きのこそばと、きのこカレーのセットを注文する。


王国はその名の通り、大勢の人たちでごった返していた。


こりゃ道の駅も潰れるわ・・の勢い・・・笑。



当然。



画像


自宅用に購入。




それから羊蹄山を見ながら、「名水の郷きょうごく」の駅へ寄る。


20年くらい前、友達夫婦と旅行へ行って

ここへ寄ったことがあった。



ここの湧水がとてもキレイで今でも鮮明に覚えていた。



画像

観光名所で大きくなり、歩道や吊り橋が増えてかなり変わっていた。

アジア人ばかり・・・。




画像




画像

スローシャッターで。



でも最低限の自然も当然守られており、湧き水も美味しかった。

ホットコーヒーを飲みながら、ひと休み。

水が美味しいとコーヒーもうまい。


羊蹄山は雲で覆われていた。

予報ではくもりだったが、

太陽が出ている時もありまさにドライブ日和。




それから一気に寿都へ向かう。

岩内から海岸沿いを走った。




画像

11基ほどの風力発電があった。



苫前は40基ほどだが、丘にあるため海を入れての撮影は出来ない。


でも寿都は寿都湾でぽっこりと凹んだ地形になっている為、

海からも撮る事が出来る。





画像

旦那のトラックと撮ってもこの大きさ。


まじまじと。

デカいなー。





それから室蘭へ向かう。



黒松内を通って37号線を走って初めての室蘭へ到着。



時期、高速道路になる?道路と、国道が入り混じり、

とてつもなく走りにくい街だった。


予定では白鳥大橋を渡って、

「みたら室蘭」道の駅を確認し、それから夜景を見る。




画像

ところがそんな道路事情があり、大橋にたどり着けず。

ウロウロしている間に日が暮れてしまった。




途中にあった「コロンボ」というウケる名前の

カレーショップに入ってまずは晩ごはんにしようとなった。

意外とルーが美味しかった。




それからすぐ逆方向から大橋へ。


事前情報を集める事が出来ず、撮影スポットがわからない。


結局、道の駅の近くにあった公園から撮る事に。




画像


室蘭にも実は風力発電があった。




画像

夜景は素晴らしかった。


白鳥大橋も撮ったけれど、全然上手く撮れず。


撮影場所も写真の撮り方ももっと準備して再度挑戦。



画像



それから温泉へ行くも遅すぎて閉店してガッカリ。




別の温泉をスマホで調べてナビで行ってくれた。


そうか。


スマホとナビって、こういう時に便利なんだと知る。笑。





それから何故か「だて歴史の杜」で車中泊した。

もう室蘭の道の分からなさに、どっちがどうか分からなくなり、

何故かここに泊まる事になったのだ。



2日目へ。



2018625(月)

3day


3day

1016キロの旅。

2日目。


苫前までしか行けなかったオロロンライン。

羽幌よりもっと北へ行くために、朝5時出発。


朝から旦那さんよりメールが届く。

「ヒグマ事件の場所へ行ってみたら」との事。

地図を送ってくれたが見る事が出来ない。



何の事かよく分からなけれど、帰りに寄ってみると返信。





実は私はナビでもなくスマホでもない。

ナビはマップル地図。

加えて道内の道の駅の本を前日に買った。

携帯はガラケー。


困る事はほぼない。

というか、他がどれ程便利なのか分からないから困らない。


マップルを見てオロロンを北へ。

予報通り霧雨。

霧で海が全く見えなかった。






画像

こんなコンパクトな風車もある。

あまりに可愛いので撮った。




初山別を過ぎて、誰も走っていない道を北へ。




画像

天塩にも風車発見。




どんどん進むと、看板に「稚内」の文字が出て来た。

100キロくらいなら行けんじゃね?って事で最北端へ。


今までノシャップ岬が最北端だと思っていた。


目指していたら、また「宗谷岬こっち」的な看板が・・。



あれ、最北端って、宗谷岬じゃない?



って事で。


画像


10分も居ませんでした。


寒いんですよ。




画像

一応、記念に。




画像

海も真っ黒。

間宮林蔵さん、カラフトが見えません。





帰りにびっくりする駅を発見。



画像

とくみつって駅らしい。






画像


宗谷線もヤバイのかな・・・。






羽幌で「甘えび祭り」開催。


前日ポスターで見かけて、食べたーいと思ったけれど、

羽幌に入る少し前から、何故か渋滞。

何が起こっているの?と思いながら

少しずつ進むと甘えび渋滞だと判明。



会場の並んでいる風景に即効素通りしました。





で、旦那さんより指令を受けた、そのヒグマ事件の山へ行ってみる。

検索してみて、と言うが、ガラケーでどうやって検索するのかも

分からなかった。



結局、場所が全く分からず帰宅する事となる。

(後で知るが苫前のヒグマ事件は有名らしかった)





帰り。


北竜、雨竜で散々道に迷う。


行けたのに、何故帰れない?


1時間ほどウロウロしやっと滝川へ着く。

ここまで来たらもう38を進めばOK。



そのまま一気に帰宅したかったが、ウィリアムズカーが

休憩したいというので、芦別で遅いお昼ご飯。


道の駅でガタタンラーメンを食べた。



なんか、すごく美味しかった。




画像

とりあえず、この白い人、怖いんですけど。



帰り、超カッコイイ、旧車と何台もすれ違う。

スカイラインが5.6台、つるんで走っていた。

きっと富良野あたりでイベントがあったんだろうなー、

行きたかったなー。




知らない町でキョロキョロしながら、いい景色を探す。

そこに住む人たちは毎日同じ事の繰り返しの生活をしている。


北海道は広い。

海外旅行もいいけれど、一生かかったって、

行く事の出来ない場所が沢山ある。


同じような景色かもしれないけれど、

北海道はまだまだ知らない場所がたくさんある。




そう思った旅。


1016キロ。


こんなに走ったのは初めてだった。



<<
>>




 ABOUT
みみっち
*趣味*
あみぐるみ
パッチワーク
カメラ

*さび猫6姉妹*
長女 メイ
次女 リリィ(虹の橋へ)
三女 あんず(ブー)
四女 ニーナ
五女 みつば(虹の橋へ)
六女 サリィ(旧姓まぜ子)

*cocomomo*
http://mimicocomomo.web.fc2.com/

https://www.instagram.com/belltree_mimi/

*メール*
bt2009mimi@yahoo.co.jp

性別
属性個人
 カウンター
2011-08-11から
201,812hit
今日:9
昨日:49


戻る