20111029(土)

香菜里屋を知っていますか


香菜里屋を知っていますか

東急田園都市線の三軒茶屋駅
地上に上がって 世田谷通りを環七に向かって
歩くこと200Mほどのところを左折して
あとはいくつかの路地を 右へ左へと進むと

やがて小さな路地裏に ぽってりと
淡い光をたたえた 等身大の提灯が見えてきます
それが 目印なんです

アルコール度数の違う 
四種類のビールを常備していて
最も度数の高いものは 
ロックで供されると聞きました

カウンターの中では 人懐こい笑顔をした
ワインレッドのエプロンをつけたマスターが
「今日は○○の良いものが手に入りまして・・」と 
客を幸せなひと時へと誘う料理を出してくれます・



本当に 実在するようなお店です
シリーズを追って読んで行くと
私も 客のひとりになったような気がします

この店の裏メニューは
客が持ち込む謎 そして 解決
時には客同士で 推理をしあったりもします
でも 最後は黙々と酔っ払いを製造し続ける
工藤マスターの謎解きが冴えるのです

ある意味「探偵はBARにいる」です

頭の中ではキャスティング済みですが
言わないでおきますね

画像

この「凶笑面」から始まる
蓮丈那智シリーズも 面白いです
「民俗学」に興味ある方は はまります

学問以外には 冷徹かつシビアな美人教授と
彼女に振り回されながら 事件解決に挑む
助手 内藤三國
先生が「ミクニ」と呼ぶときが曲者

中表紙の裏に書かれた文字
 諸星大二郎先生の「妖怪ハンター」に捧ぐ

大好きな諸星先生の名をここで見るなんてと
嬉しくなりました

画像
画像

コミカルな謎解き物も楽しいです
裏京都ミステリーのシリーズ
元怪盗・有馬次郎はひょんなことから
嵐山の古刹の寺男として働くことになる
洞察力に優れた住職や、ローカル新聞の記者・折原けい達と
寺に舞い込む様々な事件を 
裏の技能を駆使し、解決していくというもの。


その他
骨董の世界を描く 旗師・宇佐見陶子を主人公にした
冬狐堂シリーズや
花師と絵画修復師二つの顔を持つ
佐月恭壱を主人公にしたシリーズ
もちろん
シリーズものではない作品も多数・・・・

実は 作者 北森鴻さんは 
昨年1月 48歳の若さで急死されました

だから まだ読破はしていません
ゆっくりと読まなきゃ もったいない気がして

本当に残念でなりません

未完となった
「双獣記」を 最後まで読みたかったなぁ
関西弁の蘇我蝦夷(そがのえみし)なんて~~^m^


北森鴻作品 興味もたれた方 ぜひ。






 コメント(2件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
たぷこ

性別
エリア音更町
属性個人
 カウンター
2007-09-24から
254,669hit
今日:1
昨日:2


戻る