映画のこと(9)


200896(土)

20世紀少年


20世紀少年

公開中の映画
「20世紀少年」を観て来ました

1970年代、少年達が遊びで作った世紀末預言書「よげんの書」。
その内容が、今 現実となって襲いかかる。
ケンジとその仲間たちは地球を救うため立ち上がり、数々の謎を解明していく。
という あらすじです

ビッグコミックスピリッツで連載されていた
浦沢直樹さんの漫画が原作
浦沢さんの作品は 有名なところでは
「YAWARA」「MASTERキートン」
「パイナップルARMY」「MONSTER」など
中でも 「MASTERキートン」と「MONSTER」は 
大変 素晴らしい作品だと思います おススメです!

今回の「20世紀少年」は
元・少年少女(お笑いコンビぢゃないですよ)には
胸が熱くなる 懐かしい場面もいっぱい
1970年代の風景 生活 遊び・・・

自分達が 原っぱの秘密基地(私も作ったなぁ)で
想像して作った子供の発想で書かれた 予言の書
世界征服を企む とんでもない悪の集団と
それを阻止しようとするヒーロー(自分達)の話
その予言が なぜ そのまま展開されるのか
「ともだち」という教祖はなぜ 殺戮を繰り返すのか
なぜ 自分達を 追い込むのか
「ともだち」って 誰なのか・・・・
謎とスリルに満ちたストーリー
戦うのは 強いヒーローではなくて 
今では サラリーマンや商店主になった 普通の人達

ドキドキする 映画です

音楽は T-REX!!
「テレグラム・サム」や「メタル・グルー」のヒットで知られる
イギリスの伝説的ロックバンド
(メンバーのマーク・ボランは1977年29歳で事故により死亡)
そのT-REXの「20センチュリー・ボーイ」が主題歌
耳に馴染んでいるせいか ついつい歌ってしまう・・

そして 自らも音楽を演る 浦沢さんが作った歌
「Bob Lennon」がエンディングで、
歌っているのは なんと 唐沢寿明
この人こんなに上手かったんだ~と 感心しきり

3部作なので 一応 To be continued です
次回作は 来年1/31公開予定
早く観たい~~~



200877(月)

観てきました。「西魔女」


観てきました。「西魔女」

「西の魔女が死んだ」
どうしても 観たくて 昨日行ってきました 釧路。
行って良かった、感動!
原作の雰囲気を 壊すことなく 丁寧に作られた作品でした

お祖母ちゃん役の サチ・パーカーは
言うまでもなく 「おばあちゃん」になっていましたし
まい 役の 高橋真悠ちゃんは とっても自然な演技で
成長して行く少女を 好演していました。
彼女は 仙台のダンス&ヴォーカルユニット「SPLASH」の
メンバーで 今回が映画デビューというだけでなく
本格的な 演技は初めてだそうです。これからが 楽しみな女の子です。

昨日の 勝毎に、サチ・パーカーさんの記事が載っていました
帯広で上映されないのに デカイ扱いだなぁと 思いました
もしかしたら・・・予定があるのかしら・・・なんてね(笑)
でも そうなったらいいなぁ
たくさんの人に(子供達に)観てもらいたい そんな映画です。

**************************
大阪のとあるcafeでは「西魔女」にちなんだメニュー
中で出て来るサンドイッチやハーブティーを出したり
東京の旅行代理店では 「西魔女ツアー」
おばあちゃんの家や作中の風景(山梨の清里)を訪ねる
・・・なんていう企画があるほど・・・・・
盛り上がってるんですね~~
**************************



200875(土)

ギャングと手下と騙し


1936年のシカゴを舞台に、詐欺で日銭を稼ぐ1人の若者が、
親同然の師匠を殺害したギャングに復讐するために伝説的な賭博師と協力し、
得意のイカサマで相手組織を徐々に追い詰めていく様を軽快に描いたコメディ映画。原題の「Sting」は英語で、「騙す、法外な代金を請求する、ぼったくる」の意。
ギャングと手下と騙し

遅ればせながら
「ザ・マジックアワー」を観てきました
評判どおりの ステキな作品でした♪

三谷さんの脚本は 本当にいつも面白い。私には ツボ直撃
過去の作品 とりわけ「有頂天ホテル」の片鱗が所々出てきたり
一瞬の出演に「えっこの人が?」という俳優さんが出ていたり
とっても 懐かしい俳優さんが いい感じに出ていたり
声を出して 笑って 笑って・・・ちょっと泣きました
まだ 観ていない方は ぜひ 劇場でご覧下さい!

で 観ている途中で
「ギャング」「手下」「騙し」・・ときたら やっぱり
名作「スティング」を思い出してしまいました!

1973年12月 アメリカで公開され
1974年6月 日本公開
アメリカン・ニューシネマの監督ジョージ・ロイ・ヒルが 
その代表作「明日に向かって撃て」で共演した
ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードを再び起用し
その年の アカデミー賞7部門も受賞した とても面白い作品です
(作品・監督・脚本・美術・編集・衣装デザイン・編曲の7部門!)
主題歌「ジ・エンターテイナー」を聴いたら 
「あ~~」と思う方も多いでしょうね

機会があれば ご覧下さいね~~♪♪

2005年には
DVD『スティング スペシャル・エディション』が発売されています。




2008615(日)

西の魔女が死んだ


西の魔女が死んだ

好きな 作家のお1人
梨木香歩さんの 100万部ベストセラー
「西の魔女が死んだ」が 映画化されました

魔女なんて いうと 子供向けアニメっぽく感じますか?

ファンタジーといえば そうなんですが
「楽しむこと」「自分を見ること」「自然を愛すること」
「受け入れること」・・そして「生きること」
そんな テーマが 散りばめられた 作品です
(映画はまだ観ていませんので 活字からです・笑)

登校拒否になった中学生「まい」が ママの提案で
田舎でひとり暮らしの 母方の祖母のもとで過ごします
お祖母ちゃんは イギリス人で 魔女らしい
この「魔女」に憧れた「まい」は 修行にはげむのですが・・・
修行は いたって シンプルなものでした

自然と共に 規則正しく生活し 身体を動かす
そして 「何事も 自分で 決める」という事。

トラブルで お祖母ちゃんとのシコリを残したまま別れて
2年後 お祖母ちゃんの「死」が やってきます

再び 田舎の家を訪れた「まい」に
死んだお祖母ちゃんからの メッセージが・・・

お祖母ちゃん役が あの シャリー・マクレーン
MY年代ならご存知ですよね(笑)
ヒッチコックの「ハリーの災難」名作「アパートの鍵貸します」
最近では「インハーシューズ」にもでていました

その シャリーの実娘 
サチ・パーカー(本名:サチコ・パーカー)なんです
(親日家のシャリーが 小森のおばちゃまにつけて貰ったらしい)

画像

これだけ 話して 申し訳ないですが
帯広では 上映しないみたいなんです
札幌・釧路・旭川のみ (><)

気になった方は 文庫も出ていますので
とりあえず そちらで 泣いてくださいね・・・


西の魔女が死んだ:オフィシャル外部リンク



<<
>>




 ABOUT
たぷこ

性別
エリア音更町
属性個人
 カウンター
2007-09-24から
258,862hit
今日:5
昨日:20


戻る