2018729(日)

夜の動物園 サル山とシカ


7月28日土曜日

よるのどうぶつえん

初日

私は2つのスポットガイドを担当しました

19:40 ニホンザル(サル山)は

網に白菜 パン オレンジなどを

入れて中央に吊るす!!

サルについての環境エンリッチメントについて
お話しをして

この網に入ったエサを
どういうふうにサルは食べるか?

私はニホンザルは結構永く飼育をしていますで

一応 予測として

お客様に サル山は縦社会がしっかりしていますので

強い順番から エサによって来ると思います

人間でいえば 相撲取りのちゃんこ鍋を食べる順番に
似てますよ

横綱から 好きなものを て感じで

それでは どうぞ!って あっ そうだ

最初に よってきたサルが リーダーサルです

強そうで 1頭だけ しっぽが立っているのが

特徴です 自身たっぷりに 言って

お客様のところに行って どうですか!

とサル山を見る


・・・・・・!?えっ!??!?!!?

なんと 誰一人 エサを 触っていません!

エサに近い サルは なんだか わからない
つよいんだか よわいんだか ノーマークの
今まで 見たことないような ひよわな個体だった

あれ なんで! というと
お客さまが ゲラゲラ笑っていた

これには 驚いた です


いろいろ観察をしてみたかったのですが

20:20に はじめて

エゾシカのガイドに 挑戦することになり(自ら)

事務所で原稿を書かなきゃ

もう時間は ないぞ

まっ! 教育というものに

挑戦しようと

原稿を書きました


そして

10分前にアナウンスをしてもらい

シカ舎向かおうかなと外に出たとき

雨が降っていて お客様は どんどん帰っていくではないですか

私は お客様に 帰らないでください!

と いっても 大半は 

帰っていきました

あ~あ テンション下がる

本心 4.5人しかいなかったので

シカを見てください

と言って 終ろうかなと思ってたのですが

もう一度 アナウンスかけて
もらい

一応 それなりに ひとがきて


最初に 今日は 駆逐という意味を覚えてください

みたいなことをいい

エゾシカが 増えた 原因に

天敵の エゾオオカミが 人間の家畜 にわとりやぶたなどを

襲うから

駆逐されたのですよと

はなしをして


旭山動物園のすごいところは

この今から読む

動物園の存在意義で

それで 

それを 読むのですが

私がお笑いか

雨で 書いた紙が ぐしゃぐしゃで

タオルは落とすし

懐中電灯では

字は読みにくいし

メガホン使うと

選挙活動みたいだし

雨降っているし

私をみて 

子供たちは 笑うし

でも その文書の意味はすばらしいので

今ここに書きます


旭山動物園とはいえ動物園は

人間のエゴで動物を閉じ込めている場所です。

動物園が人間の知的好奇心や癒し楽しさを

追及するためだけの場であってはいけないと考えます。


動物たちの本質的な素晴らしさを感じてもらうことで動物と来園者を

つなぐ架け橋となり、

動物園は、飼育動物とその動物が本来暮らすふるさとを結ぶ架け橋として

の役割を担うことに取り組まなければならないと考えます。

動物園はヒトも含めたたくさんの命が輝き続ける未来のために

できることを考え、実行していきたいと考えます。


この文章を読み上げ(決意表明)し

団結用意と叫びたくなりました


そして シカのガイドに戻り

バイソン側(狭いところ)にいるシカを

これから 広いところに いきますので

みなさん シカの群れが

颯爽と 走る 音を感じてください

森林を想像してください と

言って ドアを開けると


シカが とぼとぼと 

えー  2、3歩歩いて とぼとぼと また 2.3歩あるいて

とぼとぼと また お客様 ゲラゲラだ

なんでだ

慌てて エサバケツをもって

走ると やっと 走ってくれました

やっぱり お笑いか

一生懸命 やれば やるほど

笑いが つきまとうのは なぜだ?

考えさせられた 日だった。

画像



画像








画像





画像










帰りに サル山を見ると

まだ 網エサに 手を付けていなかった


飼育展示係が動物園のあれこれをお届けします
現在8ブログが参加中





 コメント(2件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。




 ABOUT
飼育展示係6
しばらく心の引き出しをたくさん作ります
こうご期待ください!

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 カウンター
2008-05-11から
416,912hit
今日:2
昨日:4

戻る