旭山動物園 アムールトラ(33)


201774(火)

懐かしい写真・・・2016年12月3日 旭山動物園 アムールトラ


懐かしい写真・・・2016年12月3日 旭山動物園 アムールトラ

こんばんは。
今日も名刺を印刷するためにパソコンを立ち上げたので、ブログを書くことにしたマツです。

もしかしたら、明日もまた印刷することになるかも?
でも、私は印刷屋さんではありません。




さて、今回も7ヶ月前の旭山動物園です。



アムールトラのきょうだいは冬毛になりモコモコになっていました。



オスの「ソーン」です。
画像

ピンボケでごめんなさい。




メスの「ナージャ」です。
画像

こちらもピンボケ(^^;




母「ザリア」と、右に写っているのはナージャです。
画像




父「キリル」はお隣のライオン展示場に出ていました。
画像




生後8ヶ月だと体重はどれくらいあったのかな?
画像

ザリアの半分くらいの大きさかな?




歩くソーンです。
画像

ソーンは母親似かな?




こちらはナージャ。
画像

ナージャは父親似。




小枝で遊ぶナージャ。
画像




ゴロゴロとじゃれあう2頭。
画像




このあと2頭そろって移動したかと思ったら、おっぱいタイムでした。
画像




体は大きくなっても、まだまだお子ちゃまですね。
画像




そんな2頭の動画です。




飲み終わったらまたごろごろ。
画像




そして、2頭ともお昼寝タイム。
画像

ザリアはウォーキングタイム。




この日は午後からトラ親子はトラの「のん」、オスのキリルはライオンの「ライラ」「レイラ」と交代する予定でしたが、お会いすることはできませんでした。
寒かったので、高齢ネコたちは外に出たくなかったのかもしれませんね。



2017330(木)

懐かしい写真・・・2016年9月13日 旭山動物園 アムールトラ親子


懐かしい写真・・・2016年9月13日 旭山動物園 アムールトラ親子

こんばんは。
テレビを観ていると、救出映像をヘリコプターから撮影する必要があるのだろうか?と思うマツです。

今も井戸に落下したお子様の救出現場を空撮していましたけど、周囲から見えないように救出現場をシートで目隠しをしているのに、それをわざわざ撮影する意味ってなんでしょう?
あと、先日の雪崩事故のときも空撮していましたけど、ヘリの音で助けを求める声がかき消されたりしないのでしょうか?
視聴者にいち早く状況を伝えることは場合によっては重要ですが、でも当事者たちに迷惑な行為だったりはしないのでしょうか?




本文とは全く関係のない前置きでした。




昨年9月13日のアムールトラ親子です。




午前中は父「キリル」が出ていました。
画像




この日は12:40頃に親子へと交代しました。
画像




足をペロペロしていたのはオスの「ソーン」かな?
画像



こちらはメスの「ナージャ」かな?
画像


目の前で見ていると、体格差や動きから簡単に見分けられるんですが、写真だと自信がありません。




歩くソーンと
画像



走るナージャ
画像




おすまし顔の母「ザリア」
画像




プールに入ったり。
画像



ガラスをペロペロ
画像

ヒグマじゃないから、ガラスにはちみつは塗っていないと思いますが、美味しかったのかな?




濡れた身体で取っ組み合い。
画像




大きな葉っぱで遊んだりしていたナージャ
画像




何かを狙っているソーン
画像




結構激しく取っ組み合い。
画像




やっぱり子どもっていいですね。
画像

きょうだいがいると、もっといいですよね!
見ていて楽しいです。




あ、動画を忘れていました。

ちょっと長いし、オチも無いんですが、良かったらご覧ください。



20161222(木)

懐かしい写真・・・9月13日 旭山動物園 アムールトラ キリルとのん


懐かしい写真・・・9月13日 旭山動物園 アムールトラ キリルとのん

こんばんは。
最近また雪かきをしてくれなくなった隣人が気になっているマツです。

私は「休みの日くらい雪かきをしてほしい」と思っているんですが、おかしいでしょうか?
それとも、初老の女性に屋根の落雪の雪かきをお願いすることに無理がありますか?
でも、私だってあと3年で初老です。
自分の家の周りの雪かきをするだけでも大変なのに、隣家の屋根雪まで雪かきするのはキツイのです。




さて、こちらは初老ではなく、超高齢のおばあちゃんアムールトラ「のん」です。
画像

午前中はライオン展示場に出ていました。


何かを食べているようですが、ガラスが汚れていてよく分からない。




あ、草を引っこ抜いて食べていました。
画像

猫は草を食べてお腹の中にたまった毛玉を吐き出しますが、それにしてもすごいガッつきぶり(笑)
草食系女子か!



地面を見ると、色んなところの草がめくり取られているように見えました。
画像

まあ、のんちゃんが引っこ抜いたのかどうかは分かりませんけどね。




座って休憩。
画像




口の周りをよく見ると、草だらけ。
画像



そして、階段の横の壁際で落ち着きました。
画像




トラ放飼場はオスの「キリル」。
画像

やっぱり若いから毛並みがキレイですね。



12時過ぎに交代するので、会いに行くと歩いていました。
画像




撮影した角度が違いますが、のんちゃんは同じ場所にいました。
画像

そこは日陰で涼しいのかな?




階段を上がり、キリルを見に行くとプールに浸かっていました。
画像




再びのんちゃんを見に行くと、また草を食べていました。
画像

これだけ草ばかり食べていると、なんか心配になってしまいますね。



ちなみに、私が最後にのんちゃんに会ったのがこのとき。
12月3日に行ったときは会えませんでした。
たまたま出ていなかっただけだろうとは思いますが、年齢が年齢なだけに心配になっちゃいます。



2016125(月)

懐かしい写真・・・7月19日 旭山動物園 アムールトラ ザリア親子


懐かしい写真・・・7月19日 旭山動物園 アムールトラ ザリア親子

こんばんは。
”恋ダンス”が上手に踊れないマツです。

先週木曜日にアップしたブログの前置きの「資源ゴミの日=ハグの日」もそうですが、今話題のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に関連するネタです。
エンディングで主な出演者が踊っている「恋ダンス」。
かれこれ1ヶ月以上テレビやYouTubeで動画を見ながら練習していますが、運動神経の鈍い私にはどうにもこうにもうまく踊れないのです。
「指の交ざり」のところの右手の動きが変なんですよね~~~。
もちろん、最後のサビ部分もまだまだ完ぺきではないんですが・・・

まあ、別にどこかで披露するわけでもないし、踊れなくても問題はないのですが、踊れるようになりたいのです!!




話は本題。

7月19日の旭山動物園の写真&動画ですが、アムールトラの「ザリア親子」だけまだアップしていませんでした。




午前中は父「キリル」がトラ放飼場に出ていましたが、12時過ぎにザリア親子が登場しました。




こちらはメスかな?
画像




この後ろ姿は?
画像




たぶんオス。
画像




この写真は左奥はメスで、右手前がオスだと思いますが自信がありません。
画像




たぶんメス。
画像




岩の上のオスの背後から耳に噛みつくメス。
画像




じゃれあう2頭を動画撮影しました。




だいぶ大きくなり、ザリアも仔トラたちにベッタリでもなく、のんびりとしている時間も多くなっていたように感じました。
画像





親子で入水。
画像




動画も撮影しました。




走っているのはたぶんオス。
画像




プールで濡れた身体でゴロゴロ転げまわるので、ザリアはペロペロとしてキレイにしてあげていました。
画像




オスが何やら上の方を見ていました。
画像

このとき、壁の上にカラスがとまっていたため、カラスが気になったようです。




カラスは気になっても、やっぱりじゃれあう2頭。
画像




画像




朝から雨模様の旭川でしたが、午後には太陽も出てきて、やっとまともな色合いに撮れたかも?
画像




カラスが気になる2頭と、じゃれあう2頭の動画です。




木片で遊んでいるのはオス?
画像




2頭は元気にすくすくと育っているようでした。



2016920(火)

ちょっと懐かしい写真・・・7月19日 旭山動物園 トラ のんなど


ちょっと懐かしい写真・・・7月19日 旭山動物園 トラ のんなど

こんにちは。
バイト先の大将?と夫婦だと勘違いされているマツです。

普段は平日の午前中だけパートで働いている私ですが、パートとは別に年に十数日程度バイトを頼まれることがあります。
バイト先でお客様から「(大将の)奥さん?」とか「娘さん?」なんて聞かれることがあるんですが、パート先で「(大将って)旦那さんですよね?」と聞かれたのにはビックリ!!
そんな風に見られてたんだ(笑)

ちなみに、私の旦那様は自営業ではありません。




さて、ここ2・3年は旭山動物園へ行く回数も減ってしまったマツですが、珍しく7月は4回も行きました。

9日はトラ&ユキヒョウの赤ちゃんに初対面。
10日は滝上町の子ども会と一緒に。
19日は通院のついで。
31日は車の点検の待ち時間に寄り道。

ということで、19日に撮った写真&動画を少しずつアップしていきます。




アムールトラの展示は、午前中は「のん」が出ているものと思い、最初に会いに行くと、そこにいたのは「キリル」でした。
画像

その日の体調により展示時間が替わることもあるので、特に気にもせずにライオン展示場へ・・・



すると、そこにのんがいました。
画像




上から見下ろしたのん。
画像

ライオンがいるはずのスペースに、トラののんがいたのです。




アムールトラの展示を3交代にするのも忙しいですし、少しでも長い時間赤ちゃんを公開するためにライオンとトラののんの交代展示になった・・・というような経緯のようです。
画像

まあ、元気が有り余る仔トラを2時間半しか外に出してあげないのは可哀相ですし、正直少しでも長く見ていたい気持ちもあります。
のんには申し訳ないけど、、、




ライオン展示場の反対側、ヒョウたちにも会いに行きました。



ユキヒョウは「ジーマ親子」がいました。
画像

少し前から子どもも迫り出した檻の上に行くようになったらしいのですが、どうやって上り下りしているのかは分かりません。




お隣のアムールヒョウの「アテネ」を警戒し、ジーマがネコパンチ。
画像

子どもも一緒に威嚇していましたが、子どもが威嚇している相手はアテネではなくジーマのような気も???




アテネくん、ユキヒョウのことばかり気にしているけど・・・
画像




お隣の展示スペースに午前中(13時くらいまで?)出ているメスの「ルナ」には興味はあるのかな?
画像




そして、もうじゅう館で唯一ネコじゃないエゾヒグマの「とんこ」はこの日もお客様と遊んでいました。
画像




小窓からとんこを見ているお客様のことをビックリさせるのが楽しいようです。
画像

逆に言えば、この小窓からとんこを見ていると、ときどきとんこの顔を間近に見られます。




再びのんちゃん。
画像

フレーメンではなく、あくびです。




キリルの整った美しい毛並みを見えてしまうと・・・
画像




やっぱりのんちゃんは歳を感じずにはいられませんが、スタスタ歩く姿は20歳とは思えません。
画像




歩く姿を動画でも撮影しました。

動画では音を拾えませんでしたが、檻越しにときどき姿が見えるキリルに「グフグフ」とご挨拶をする姿もあり、友好的な性格ののんちゃんらしいな~って思いました。





のんちゃんは1998年にもうじゅう館ができたときから、人生(トラ生)のほとんどをもうじゅう館のトラ展示場で過ごしてきました。

7年前に「いっちゃん」に先立たれてから、2年前に若いペアが来園するまでの5年間は単独の悠々自適生活をしてきたのんちゃん。

2年前でもすでに超高齢トラだったのんちゃんにとって、この2年間での環境変化がどう体調面・精神面に影響しているのか分かりませんが、のんちゃんはのんちゃんらしく少しでも長く元気に過ごしてもらいたいです。
画像



私が動物園へ行くようになってもうすぐ9年になるんですが、道内のネコ科猛獣たちがちょうど世代交代を迎える時期と重なったこともあり、足腰も弱ってヨタヨタ歩いたり、毛並みもボサボサでドレッドヘアだったり、いかにも「おじいちゃん」「おばあちゃん」って姿のトラやライオンやヒョウを見てきました。

釧路のライオンは「マナミ」も「キング」も初対面のときからヨボヨボでしたし、おびひろの「ドラゴン」と「エルザ」も・・・ね。
旭山のユキヒョウ「プリン」の毛玉がすごかったな~。


そんなことを考えると、のんちゃんはまだまだ長生きしてくれそうな気がするんです。
また来年21歳の誕生日を迎えられそうな気がします。




さて、最後に、のんちゃんとライオン夫婦が交代する様子を動画でどうぞ。



のんちゃんも超高齢ですが、ライオンのオス「ライラ」も20歳、「レイラ」も21歳とこちらも超高齢です。
ライオン夫婦は2・3年前から毛球症や寒い日に外に出ていないことがありますが、動画を見る限りはヨタヨタ歩いていませんから、もう少し長生きしてくれるかな?



<<
>>




 ABOUT
西紋のマツ
道北地方で生まれ育ち、結婚してオホーツク地方へ来ました。

春は芝ざくら、秋には紅葉の写真を撮りながらお散歩しています。
そのほか、滝上町内を中心に旅先の風景の写真もアップします。

ときどき動物園へ行きます。
でも、若い頃のように毎週のように行く体力も気力もありません(笑)

性別
年齢30代
エリア北海道
属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2008-07-01から
794,066hit
今日:5
昨日:394


戻る