202322(木)

都市計画区域外にある不動産


市街化区域、市街化調整区域の場合、都市計画区域外にある不動産は、

・各種規制が無い場合が多い

・各種インフラが無い場合が多い

などの特徴があり、一般的には掛からない規制がある場合があります。

例えば、農業振興地域や林班などがあったり、道路がなかったりします。

逆に都市計画法の規制がなく、建築に用途や建部尾¥入津、容積率、高さ制限、接道規定が無かったりしますが。

田舎暮らしをしたい方にはもってこいの場所かも知れませんが。



202321(水)

不動産媒介契約とは

不動産媒介契約とは、

お持ちの不動産を売却

また、購入したい不動産を探す

ことを不動産業者に任せるとき、お客様と業者間で結ぶ契約の事です。

この契約を結ぶとき、特に経費は必要ありません。また印紙も必要ありません。

有効期限は3か月間までです。

3か月後、続ける場合は再契約が必要となります。



2023131(火)

不動産売買契約における印紙税


不動産売買契約書について印紙税が軽減されます。

軽減措置の対象となる契約書は、不動産の譲渡に関する契約書のうち、記載金額が10万円を超えるもので、平成26年4月1日から令和6年3月31日までの間に作成されるものになります。

(不動産の譲渡に関する契約書のうち、その契約書に記載された契約金額が10万円以下のもの(契約金額の記載のないものを含みます。)は、軽減措置の対象となりません(税率200円)。また、契約書に記載された契約金額が1万円未満のものは非課税となります。)

軽減措置の対象となる契約書に係る印紙税の税率は、課税物件表の規定にかかわらず、次表のとおりとなります。

10万円を超え 50万円以下のもの 200円

50万円を超え 100万円以下のもの 500円

100万円を超え 500万円以下のもの 1000円

500万円を超え1千万円以下のもの 5000円

1千万円を超え5千万円以下のもの 10000円

5千万円を超え 1億円以下のもの 30000円

です。

この、軽減期間はのこり1年少しですね。



2023130(月)

購入申込から契約まで不動産業者に支払うべき費用は


購入希望のお客様にご負担いただく費用は、

1.不動産契約時、契約書に添付する印紙代(契約金額によって異なります)

2.契約時に所有者(売主とも言います)に支払う手付金(最終的に売買代金の一部になります)

一般的には売買金額の1~2割くらいといわれています。

以上が契約時までに支払いが発生する費用です。

つまり、ここまでは不動産業者に支払うべき費用はありません。

通常は申込金などは発生しないはずです。

ここまででもし、何らかの費用を請求される場合は支払う前に宅建協会や監督官庁にご相談ください。



2023129(日)

不動産売却完了後の注意事項


不動案売却をした後、意外なことでお金に関することで注意が必要です。




一つは年金生活者の場合、その額が変わるかもしれない事。

そして、健康保険などの月々の支払額が変わるかもしれない事です。




いずれも年収によって変わる可能性があるものです。

詳しい内容等は年金事務所などにお問い合わせください。



<<
>>




 ABOUT
住まいコンサルティング
十勝エリアの不動産売却/活用、不動産購入はお気軽にお問い合わせ、ご来店下さい。各種ご相談、査定、見積り、物件紹介・案内は無料です。

性別
年齢50代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
合同会社住まいコンサルティング
住所帯広市西5条南39丁目4番地1
TEL0155-66-6368
営業09:00 - 18:00
ご要望に応じて時間外も対応します。
定休年末年始
 カウンター
2016-05-01から
216,236hit
今日:351
昨日:774


戻る