過去の活動報告(2013年度)(124)


20131126(火)

人間力大賞エントリー者のご紹介です! 【2013年度活動報告】


みなさんこんにちは!!

今日は公益社団法人日本青年会議所にて毎年行われる人間力大賞へ社団法人帯広青年会議所からエントリーさせていただいた皆様の素晴らしい活動をご紹介させていただきます。

でも急に人間力大賞と言われても・・・・・わからないですよね??

まずは人間力大賞とは何かご説明させていただきます。

人間力大賞は「青年版国民栄誉賞」とも呼ばれ、積極果敢にに活動・挑戦している人間力溢れる若者に与えられる賞です。日本青年会議所(日本JC)が1987年より主催し、文化・芸術・福祉・スポーツ・その他の活動から有名・無名を問わず選出している事業です。
社団法人帯広青年会議所としても長年この事業に参画してまいりました。

この事業への候補者のエントリーに関しては、WEBでの申請方式となっており、誰でも参加できる事業となっております。


それでは本年度、私たち社団法人帯広青年会議所からエントリーした5名の候補者を紹介させていただきます。


まずは1人目、長岡 淳一(ナガオカ ジュンイチ)さんです。
1976年5月23日生まれの37歳
(有)FRAVOR代表取締役

長岡淳一さんは、とかちの農業の活性化に寄与すべく「とかちフードデザインプロジェクト」ならびに「十勝リアルウェアプロジェクト」を展開されております。
「とかちフードデザインプロジェクト」とは、「十勝の『おいしい』を『美しく』発信する」をテーマに十勝産の加工食品のブランド化やパッケージデザインを手掛け、ふるさとの食の全国発信を後押しする目的でグラフィックデザイナーの阿部岳さんと共に立ち上げたプロジェクトです。
また「十勝リアルウェアプロジェクト」は、『自信とプライドを持って働くことができる作業着』をコンセプトに、とかちの若手農業者の声を反映させ、使いやすく格好良い作業着を作り、農業への悲観的なイメージを払拭して魅力あるかっこいい仕事へと転化し、農業の後継者不足を解消すべく活動しております。

活動の様子1「十勝リアルウェアプロジェクト」
画像
『自信とプライドを持って働くことができる作業着』をコンセプトに、とかちの若手農業者の声を反映させ、使いやすくて格好の良い作業着をデザイン・製作することで、地味で画一的な作業着と一線を画す新しい作業着を「十勝」から発信しています。農業への悲観的なイメージを払拭して魅力あるかっこいい仕事へと転化し、農業の後継者不足を解消すべく活動しております。

活動の様子2 「とかちフードデザインプロジェクト」
画像
十勝産の加工食品などのブランド化や商品のパッケージデザインを通じて、十勝の「おいしい」を「美しく」発信することを目的とし、十勝産の食材・食品の販路拡大やPRを、デザイン面から支援し、これまでに農場のロゴマークや加工食品のデザインを作成するなど、様々な活動を行っております。2012年にはグッドデザイン賞を受賞しております。

活動の様子3 「美人時計ローカルパートナー」
画像
360名の「美人(容姿だけではなく、アクティブに知的に、周囲を巻き込んで“日本を元気にする男女“)」による1440枚(分)の時計サイトです。
企業とのタイアップなど様々な企画で注目されているウェブコンテンツ「美人時計」のローカルパートナーとして活動しております。
十勝の魅力ある名所や名物、食べ物を「ご当地美人」が発信など、日本の美人が「より活躍出来る環境と機会」を提供することをミッションとし事業を展開中です。

このような様々な活動を行っている長岡淳一さん。
皆さん是非ご協力いただける機会がありましたらよろしくお願いいたします。


続きまして2人目は、梶 宗徳(カジ ムネノリ)さんです。
1973年10月31日生まれの40歳

梶さんは、帯広市上清川町の株式会社K’sFarm(梶農場)の代表として農業経営に携わっております。
十勝の若手農業者達と「十勝おやじの背中を超える会」を2008年に発足し代表者を務め、食育や日本が抱える食糧問題に着目しこのことを発信していく事で若手農業者の目線から問題提起をし周知することで十勝の農業の発展を目指す活動を行っております。
「十勝おやじの背中を超える会」は、十勝で農業経営に携わってきた父の素晴らしい背中を見て育った若手農業生産者の集まりです。
「作り手である生産者は、食べ手の顔を思い浮かべ、“食”の根幹を支える畑での生産活動に本気で取り組む。そして、食べ手である消費者は、そんな作り手の思いを知り、作り手の顔を思い浮かべながら食事をする。」
を合言葉とした活動を行っています。
日本の食料基地「とかち」の次代を担う若手農業者から、命に直結する“食”の価値を、行政だけではなく消費者に発信することで、日本全体で未来に継承すべき“食”の価値を考える社会の構築、ひいては生産地と消費地、つまり農村漁村と都市が、互いに足りないものを知り、互を理解して支え合う社会の構築を目的とした活動を行っております。

活動の様子1 「まる麦プロジェクト」
画像
とかちで最も多く生産されている「小麦」。
しかし小麦粉は知っていても小麦を知らない人が多くいる。こんな現状を克服するために始まった「まる麦プロジェクト」。
小麦を粒のまま調理し直接消費者に食していただく事で小麦本来の形を知り、味・食感を感じていただく事を目的に事業を展開中です。

活動の様子2 「Field Agrication 2012 小麦の学校」
画像
生産者と消費者の互いの思いを共有し、肌で感じ得ることで“食”を考える「Field Agrication 2012 小麦の学校」。作り手にとっては常識でも、食べ手の方にとっては新鮮なこと。逆に食べ手の方にとって普通でも、作り手が驚くこと。そのひとつひとつを積み上げ、作り手と食べ手の距離を縮めていくことを目的に事業を展開中です。

活動の様子3 「農村ホームステイ」受け入れ
画像
普段とは全く違う環境の中で、ホームステイを通じて作ることの喜びや素晴らしさ、また、大自然の中で普段触れ合うことのできない農作業を体験していただくことで農業のすばらしさを知ってもらうことを目的に2010年度から十勝全域で継続的に行われている「農村ホームステイ」の受け入れ。この事業にK’sFarm(梶農場)では全面的に協力・参加し取り組んでいます。

このような様々な活動を行っている梶宗徳さん。
皆さん是非ご協力いただける機会がありましたらよろしくお願いいたします。


続きまして3人目は、白岩 元記(シライワ モトキ)さん。 1979月4月6日生まれの34歳。
北海道十勝に住むメンバーと共に、愛する故郷・十勝の素晴らしさを題材にした歌を中心にバンド活動を行っております。
2005年に東京のプロダクションよりメジャーデビューし様々な楽曲をリリースされてきております。
音楽バンドMy’sのリーダーである白岩さんは十勝鹿追町にて美容室を経営しながら、とかち帯広を発信すべく音楽活動をされております。
楽曲に共通して、とかち帯広に住む方の人柄や風景の描写がメインの素材となっており、『とかち帯広を多くの方へ知って欲しい!好きになって欲しい!!』という熱い思いが込められております。
直接的商業的にPRを盛り込んだ“ご当地ソング”と一線を画しており、地域振興・文化振興ともに大きな意味があります。

活動の様子1
画像
白岩さんは、北海道系Slow Life Musicをライブ活動で披露しております。
十勝帯広市内のライブ会場や十勝管内で開催されるお祭り会場など多くの場面で登場し、ボーカルを担当する白岩さんはMCも闊達で、会場を盛り上げてくれます。

活動の様子2
画像
 白岩さんは、バンドメンバーと共に十勝地方の郷土料理である豚丼をテーマにした『みんな大好き豚丼ソング!』を作詞・作曲し発表しております。
十勝のご当地グルメ豚丼の普及させるために作られ、豚丼の検索サイト「ブタドン・コム」にもアップされております。

活動の様子3
画像
 白岩さんはMy’sとして何枚かのCDを発売しております。「しかりべつ湖」「幸福駅」「牛追い」「ジンギスカン」など十勝ならではの地名・名称を題名にした曲を歌っております。CDジャケットの写真も牛や青空など十勝らしい素敵な絵がふんだんに使われています。

このような様々な活動を行っているMy’sの白岩 元記さん。
皆さん是非ご協力いただける機会がありましたらよろしくお願いいたします。


続きまして4人目は、小林 弘明(コバヤシ ヒロアキ)さん。
1984年4月26日生まれの29歳。
「若者が中心となり、広いつながり(帯=オビ)からみんなの手で新しい文化(カルチャー)を創り出して行こう!」という意味が込められている『obiカル』という愛称のもと、まちの自主的な文化活動の活性化、市民への活動の場の提供と人材育成を目指し、継続的なミュージカル公演をおこなっています。
2012年12月、第10回公演を迎え、上演後、これまでの実績なども評価され、帯広市民劇場奨励賞を頂く事が出来ました。
小林さんが実行委員長を務める『obiカル』は、活動内容にもあるようにミュージカルを通じて、とかち帯広の地に新たな文化を創造し展開していくことで、現代社会において希薄化が著しい若者の結束力や個々の底力を醸成させる一助となっており、とかち帯広の明るい未来の実現に向けて、1歩1歩着実かつ確実に浸透している文化振興活動です。
小林さんも会社員として働かれる傍ら、その活動の中で実質的な発足メンバーの1人としてご尽力され、以降10年という長きに渡りご活躍されており、昨年より更なる発展を目指して実行委員長に就任し会を牽引しております。

活動の様子1
第7回・第8回公演作品「ミュージカル さよなら、スパッツァカミーノ」
画像
『勇気と友情』をテーマに、煙突掃除夫として貧村から売られた少年たちが、虐げられながらも、仲間と助け合いながら困難を乗り越えていく姿を、歌とダンスを取り入れたストーリ展開で描いております。
この作品は、北海道が主催する、平成22年度北海道舞台塾『北の元気舞台 札幌公演』に選定され、平成22年に札幌(コンカリーニョ)で公演を実施されました。

活動の様子2
第10回公演作品「ミュージカル クリスマスキャロル」
画像
クリスマスに現れた精霊によって悲惨な人生を悔い、新たな生き方を歩む男を描いたミュージカルです。
この年で活動10年という節目を迎え、芸術文化振興の功績をたたえ、帯広市民劇場賞を受賞されました。
地域の自主的な文化活動の活性化、幅広い市民の活躍の場の提供や人材育成、地域における市民参加型ミュージカルのあらたな飛躍と可能性を、改めて認識して頂く事が出来る内容です。

活動の様子3
「大道具製作の様子」
画像
稽古終了の時刻(22:00)以降、副実行委員長の倉庫に駆けつけ、夜遅くまで寒さと戦いながら道具製作に励みました。

このような様々な活動を行っている小林 弘明さん。
皆さん是非ご協力いただける機会がありましたらよろしくお願いいたします。


続きまして5人目は、堀田 隆一(ホッタ リュウイチ)さん。
1983年生まれの30歳。
帯広農業高校、札幌農業専門学校を卒業後、イタリア料理店に勤め調理師の資格を取得。
2006年に農業後継者として士幌へ戻り就農をする。実家の42haの耕作地で、蕪・長いも・水菜・馬鈴薯・甜菜・小麦・スイートコーンを生産されております。その他、西洋野菜・京野菜・ハーブを約30品目ほど生産、販売経路を模索しています。
堀田さんは農業者でありながら実は料理人としての一面も持っており、料理人気質が農産物を「作物」として捉えるのてでなく「料理の素材」として見させるようです。
また地元の衣料関係者と「おしゃれ作業着で十勝を変える」というコンセプトのもと「とかちリアルウエアプロジェクト」を立ち上げ、その活動に力を注いでおります。時代を見据えて自らの想いと夢を持ち、着実に行動を起こしています。

活動の様子1 「cropsクラップス」
画像
十勝アグリカルチャー・コミュニティーサロン・創造プロジェクト〔通称crops(クラップス)〕は、食(農産物)を通した新しい形のコミュニケーションを創る・農業を軸に沢山の可能性を広げたい・「農業大国十勝」を表現の3つをコンセプトに構成されており、農作物の販売と飲食提案・販売。多くの人と出会い、学びながら、十勝の農業と食を最大限に活かした、地域の向上と活性化を目指しています。

活動の様子2「アグリフォーラムin十勝」
画像
2010年には「アグリフォーラムin十勝」という十勝振興局主催の発表会にcropsとしてエントリーし、有難い事にcropsはその優秀者に選ばれました。「アグリフォーラムin十勝」は、十勝農業で実践的に活動している人が集まり、知識や技術に関する情報交流を図る事を目的としています。こうやって公の場で賞を頂きcropsと言う立場で町長と振興局長のところへ伺える事は本当に素晴らしいことです。

活動の様子3「十勝リアルウェアプロジェクト」
画像
『自信とプライドを持って働くことができる作業着』という、cropsで上がった声を長岡淳一さんが代表を務める「十勝リアルウェアプロジェクト」で形にして頂きました。使いやすくて格好の良い作業着をデザイン・製作することで、地味で画一的な作業着と一線を画す新しい作業着を「十勝」から発信しています。農業への悲観的なイメージを払拭して魅力あるかっこいい仕事へと転化し、農業の後継者不足を解消していきます。


このような様々な活動を行っている堀田隆一さん。
皆さん是非ご協力いただける機会がありましたらよろしくお願いいたします。


以上、私たちの住む「とかち」のために率先して様々な活動を行っている皆様5名を本年度私たち社団法人帯広青年会議所が推薦者としてエントリーさせていただきました。

ぜひ、皆様の活動にご協力頂ける機会がありましたらサポートしていただけますようお願い申し上げます。

長文になりましたが最後までお読みいただけました皆様ありがとうございます。
それでは以上で、人間力大賞エントリー者の紹介とさせていただきます。



20131125(月)

11月第二例会「卒業会員卓話」【2013/11/20報告】


11月第二例会「卒業会員卓話」【2013/11/20報告】

皆さん、こんにちは!!
今日は11月第二例会「卒業会員卓話」の様子をご報告させて頂きます!!(^○^)
この「卒業会員卓話」は、今年で帯広青年会議所を卒業する会員の皆様にお話して頂く大変感慨深い例会です。
40歳までという限られた時間のなか、とかち帯広のために必死に頑張って来られた卒業会員のお話を一言一句聞き逃すまいという気持ちで他のメンバーは臨ませていただきます。

画像
こちらは入場前の卒業会員の皆様のご様子です。
緊張感のある卓話の前にもかかわらずお互いに笑顔で話す姿も見られ、さすが経験豊富な卒業会員の皆様です(^-^)

画像
各卒業会員のテーマ曲と共にご入場されると、メンバーからのクラッカーを使った盛大なお迎えです!
全身紙吹雪まみれになってもメンバーからの御祝いの気持ちということもあり、卒業会員の皆様も嬉しそうでした。(゜∇^*)

画像
モーモーハッピもお召しになり、一番前に座られ準備万端です。
薄暗い会場のステージ上にスポットライトが当たり、緊張感が増して来ます。

画像
この例会の担当委員会であるアカデミー委員会委員長 佐伯 大輔(さえき だいすけ)君による趣旨説明です。

画像
卒業会員御一人御一人への思いの詰まったムービーが流され、卒業会員の配属委員会の委員長から一言をお送りし、その後に卒業会員の方から卓話を頂きました。

画像
一人目は小森 孝一(こもり こういち)ご卒業です。山口委員長からご紹介頂いた後、ご自身の経験談を踏まえ、悔いの残らないように明るい未来の実現に向けて尽力する様にとのお話を頂戴いたしました。

画像
二人目に中井 崇仁(なかい たかひと)ご卒業です。林泰広委員長からご紹介いただいた後、お仕事の関係で帯広青年会議所以外の担いができなかったことを踏まえて、激励のお言葉を頂戴いたしました。

画像
三人目は濱名 章徳(はまな あきのり)ご卒業です。羽田野委員長からご紹介いただいた後、青年会議所活動で涙した話を通じて、物事に対して尽力することの重要性をお教えいただきました。

画像
四人目に山崎 泉(やまざき いずみ)ご卒業です。山口委員長からご紹介いただいた後、真剣に物事に取り組むことが重要であると同時に、その中にも自分自身が楽しい気持ちになれるエッセンスを持って、日々邁進していただきたいとのお話を頂戴いたしました。

画像
五人目に中筋 修(なかすじ おさむ)ご卒業です。佐伯委員長からご紹介いただいた後、仲間との絆や助けがあったからこそ、今日この日を迎えることができた旨のお話をいただきました。

画像
六人目に曽我 浩昌(そが ひろまさ)ご卒業です。郷委員長からご紹介いただいた後、青年会議所活動は互いに切磋琢磨するうえでも厳しい目が必要不可欠だが、挫けそうな仲間が目の前にいるときには当然助けあい、その時は温かい目で接しなければならないとの教えをいただきました。

画像
七人目に火ノ川 好信(ひのかわ よしのぶ)ご卒業です。林正剛委員長からご紹介いただいた後、入会当初は自分自身の幸せを考えていたが、青年会議所活動を続けていくうちに、周りの人が幸せになれば自分も幸せになり、更に地域の人が幸せになれば自分が幸せになれるということに気が付いた経験を踏まえて、青年会議所活動の本質的な側面をお教えくださいました

画像
最後に藤岡 賢(ふじおか さとし)ご卒業です。林泰広委員長からご紹介いただいた後、帯広青年会議所は、常に帯広の青年経済人の組織として最強でなければならないし、明るい豊かな未来を創るために、甘えや怠慢は許してはならないと言う激励のお言葉を頂戴いたしました。


今回の卓話をお聞きして、帯広青年会議所で過ごした日々は卒業会員の皆様にとって何ものにもかえがたい熱い宝物なのだと強く感じられました。
来年以降残るメンバーにとっては、自分自身が卒業会員になったとき今回の卒業会員のような卓話が出来るよう青年会議所活動を精一杯全うしようという気持ちにさせていただきました。
卒業会員の皆様、本当に素晴らしい卓話を頂き誠にありがとうございました。
そして今回の例会を担当されたアカデミー委員会の皆様も誠にありがとうございました。

今回の卒業会員卓話のブログ記事、最後までご覧いただき誠に有り難うございました。

明るい未来の実現のため、充実した自己研鑽や社会貢献の活動をしている私たち帯広青年会議所は、共に感動を分かち合う仲間を募集しております!!

※※ ≪ お問い合わせ ≫ ※※※※※※※※※※※※※

社団法人帯広青年会議所 事務局

 所在地:〒080-0013
     帯広市西3条南9丁目 経済センタービル4F
 TEL:0155-24-6255
 FAX:0155-25-0721
 E-mail:info@obihiro-jc.jp
 URL:http://www.obihiro-jc.jp/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

それでは、「11月第二例会 卒業会員卓話」」のご報告を終了させていただきます!



20131115(金)

創立55周年記念事業「愛と情熱をとかちの未来へ」【2013/11/08報告】


創立55周年記念事業「愛と情熱をとかちの未来へ」【2013/11/08報告】

皆様、こんにちはm(_ _)m
本日は、社団法人帯広青年会議所の創立55周年記念事業「愛と情熱をとかちの未来へ」の模様をレポートさせていただきます(´・ω・`)
本事業は、とかちの明るい未来へ向けて愛と情熱を持ってサッカーに携わって来られた中山雅史氏と野々村芳和氏をお呼びして、愛と情熱を持って物事に取り組む重要性を肌で感じて頂きたい!!という思いから、一般社団法人十勝地区サッカー協会様の創立50周年記念事業との共催という形で実現できました!!

画像
スタート1時間前の17時に受付を開始いたしました。すでに沢山の方にお待ち頂いておりました!寒い中でお待ち頂き、誠に有難うございましたm(_ _)m
ご来場の皆様にとって有意義な時間になることを祈りつつ、ご案内させていただきました!

画像
まずは帯広青年会議所 第55代理事長 森 徹 君より、ご来場頂いた将来の日本代表へ向けてご挨拶させて頂きました。

画像
そして共同開催を実現してくださいました、十勝地区サッカー協会会長 金澤 耿 様より心温まる、ご挨拶を頂戴いたしました。

画像
広報渉外員会より司会として大抜擢された、岡村君です。
緊張しているご様子ですが、無事大役を終えることが出来て良かったですね。(^-^)

画像
インタビューアーとしてFM‐JAGAの栗谷氏がご協力してくださいました(^-^)
スタート前から楽しいトークで会場を盛り上げて頂き、スタートの時にはすごい熱気でした(*゜▽゜*)

画像
会場も超満員でしたよ!!( 」´0`)」
ご来場の皆様も「一人でも多くの方が座れるように」と席を詰めて着席して下さいました。有難うございました。

画像
中山雅史氏のお話は、愛と情熱を持って日々の練習を積み重ね日本代表になったと言う実証に裏打ちされた説得力がありましたよ(*゜▽゜*)

画像
現在はコンサドーレ札幌の社長である野々村芳和氏よりこの地域の潜在能力のアドバンテージがあると、今後もとかちのサッカーが発展して欲しいと熱きメッセージを頂きました!

画像
インタービューの一コマですが、会場が和やかになるワールドカップの話や失敗談、成功談を沢山聞くことが出来ました。

画像
会場の皆さんも、お二方の情熱溢れるお話に釘付けでした!未来の日本代表の引率としていらっしゃった保護者の方も、強い想いを含んだお話しを聞いているうちに、本日足をお運びいただいた目的が、引率からお話を聞くことに変わってくれた様です(*゜▽゜*)

画像
画像
会場の皆様からの質問タイムでは、中山氏が笑ってしまうような質問や皆が聞きたい質問など数名の方よりご質問を頂きました。

画像
画像
本当に多くの方にご来場いただき、愛と情熱の種を皆様の心に刻むことができました。有難うございました。また、今後とも帯広青年会議所の活動に、どうぞご期待ください!!

最後までご覧いただき誠に有り難うございました。

明るい未来の実現のため、充実した自己研鑽や社会貢献の活動をしている私たち帯広青年会議所は、共に感動を分かち合う仲間を募集しております!!

※※ ≪ お問い合わせ ≫ ※※※※※※※※※※※※※

社団法人帯広青年会議所 事務局

 所在地:〒080-0013
     帯広市西3条南9丁目 経済センタービル4F
 TEL:0155-24-6255
 FAX:0155-25-0721
 E-mail:info@obihiro-jc.jp
 URL:http://www.obihiro-jc.jp/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



2013119(土)

一般社団法人芽室青年会議所創立40周年記念式典【2013/11/03報告】


 みなさん、こんにちはm(_ _)m
 本日は、11月3日(日)に開催されました、一般社団法人芽室青年会議所創立40周年記念式典の模様についてご報告させて頂きますo(^▽^)o
 その前に青年会議所の設立について少しお話させて頂きますと、青年会議所は既存の青年会議所がスポンサーになって設立されます。帯広JCは釧路JCさんにスポンサーになってもらい設立され、その帯広JCが芽室JCさんのスポンサーになって設立されました。
 その芽室JCさんが40年という長きに渡り地域に貢献されて来た証の式典ですので、帯広JCの現役メンバーだけでなく先輩諸氏の皆様にとっても大きな意味合いを持つものでした。

画像
 オープニングセレモニーは、日本の心を表す三味線の響きを若さ溢れる演奏で楽しませていただきました。

画像
 2013年度は副理事長として、そして2014年度芽室JCを理事長として牽引していく、眞屋 寿広 君の力強い御発声により開会を宣言されましたよ( 」´0`)」

画像
 芽室JC 村上 愛 理事長のご挨拶。しなやかな中にも芯の通った力強いお話を頂きました。今年度は帯広JCと同じく、理事長のお名前にもある“愛”がキーワードとなっておりますが、ご挨拶にも愛が溢れておりました(^O^)

画像
 帯広青年会議所のメンバーも真剣に拝聴しております。

画像
 芽室町長 宮西 義憲 様

画像
 十勝総合振興局局長 橋本 博行 様
 御来賓を代表しての御挨拶も、とかちの明るい豊かな未来の実現に向けて参考となるエッセンスが溢れておりました!

画像
 そのお話を、真剣に聞いている村上理事長と眞屋副理事長。

画像
 続いて創立30周年以降、芽室JCの運動を紡いでこられた歴代理事長の皆様に感謝状が贈呈されました。今や地域を牽引する名士の方ばかりで御卒業されても地域を想い、その想いが魅力となって、人を引きつけているという事を改めて感じました(>_<)

画像
画像
 そして何と!我々帯広JCにも感謝状をご用意してくださいました!!ありがとうございます。とかちのために運動を続ける良き仲間として、今後ともどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

画像
 森 徹 理事長より御礼と、とかちにある青年会議所として共に歩み続ける強い想いを述べさせていただきました。

画像
 現役メンバーだけでなく、渡辺会長をはじめ本当に多くの帯広JCの先輩諸氏がいらっしゃいました。

画像

画像
 最後に輪ができ、参加者全員の心がひとつになりましたよ((*゜▽゜*)

 最後までご覧いただき誠に有り難うございました。

 明るい未来の実現のため、充実した自己研鑽や社会貢献の活動をしている私たち帯広青年会議所は、共に感動を分かち合う仲間を募集しております!!

※※ ≪ お問い合わせ ≫ ※※※※※※※※※※※※※

社団法人帯広青年会議所 事務局

 所在地:〒080-0013
     帯広市西3条南9丁目 経済センタービル4F
 TEL:0155-24-6255
 FAX:0155-25-0721
 E-mail:info@obihiro-jc.jp
 URL:http://www.obihiro-jc.jp/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



2013117(木)

ぶたどんまん まちづくりデザイン賞 授賞式【2013/10/30 報告】


ぶたどんまん まちづくりデザイン賞 授賞式【2013/10/30 報告】

みなさん、こんにちは!!

昨年、社団法人帯広青年会議所が行った事業、とかちぶた祭りにて十勝管内の小学校に公募を行い誕生した「ぶたどんまん」が帯広市による、まちづくりデザイン賞のまち育て部門にて受賞を受けましたので授賞式の様子をご報告いたします。

画像
最近知名度がうなぎのぼり!!
こちらが噂の「ぶたどんまん」です!!
現在は、十勝総合振興局の係長を任命され、日々十勝の明るい未来の実現のため活動に邁進しております。
十勝総合振興局は、北海道とかち豚丼振興局とも呼ばれているんですよ!!!!

画像
帯広市役所副市長、本迫哲様より表彰状を授与されている様子です。
写真中央は社団法人帯広青年会議所理事長 森 徹 君です。
緊張しているみたいですね~。
隣のぶたどんまんもかなり緊張していますね!!

画像
受賞式の後は、授賞式にご参加されました皆さんで歓談です。

画像
受賞後に関係する方たちで記念写真の撮影です。

ぶたどんまんの隣にいる方は今回の審査委員長でもあります、われらが社団法人帯広青年会議所のOB会員でもあります河西智子先輩です。

この日は、とっても天気が良くて、ぶたどんまんも汗だくでした(^^)


以上、これにて「ぶたどんまん まちづくりデザイン賞 授賞式」のご報告を終了させて頂きます。

みなさんもぶたどんまんを見掛けたら是非、声をかけて下さいね~!!



<<
>>




 ABOUT
一般社団法人帯広青年会議所
帯広青年会議所活動を知っていただくために活動内容をわかりやすく情報提供していきますので遊びにきてね。

年齢30代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
一般社団法人帯広青年会議所
住所帯広市西2条南9丁目16坂本ビル4F
TEL0155-24-6255
 カウンター
2007-02-01から
468,147hit
今日:25
昨日:372


戻る