2018113(土)

ますやカップ2018 2月3日

ますやカップ2018 2月3日

3年に一度開かれるますやカップ。

申込始まってますよ!!

満寿商店HP外部リンク

http://www.masuyapan.com/news/2018/01/2018.php

情報得てから、すぐに2月3日の申し込みはしたのですが、
昨晩は準決勝と言うことで、
ますやパン大好きな友人に連れられて、
準決勝の審査員として、一足早く参加してきました。

画像

画像


どれも、美味しいし、インスタ映えもするのではと、
思いますが、インスタはやっていないので、
相変わらず、勝手な写真を写してます。

画像

画像

少量なのに、種類多いと食べるのが大変です。

画像

ポップ広告も可愛いです。



2018111(木)

オードブル

オードブル

オードブルを買う事ってほとんどない私です。

クラウドファンティングの返礼品がオードブルの引換券だったので♪
たまには、良いかなぁ~なんて。

クリスマスや年末年始に向けて用意されたとは思ったのですが、
ちょっと時期をずらして今日頼みました。

そんな日に限って、夫や息子の帰りが遅い。

昨日清水のえびすやさんから頂いた「よもぎ餅」
お餅大好き家族だと話したら、
普通の大きさの倍の大きさにしてくれました。

画像

にも拘わらず、夕食後過ぎだというのに、
息子は2個をいっぺんに食べて、まだ食べたそうにするので、
驚いてとめました。
「食べ過ぎよ、これ普通のお餅の倍なんだから!」
「うまいから、まだ食べることが出来そうだ」なんて。
それだもの100キロの体重が減らないわけですよ~~



20171231(日)

大晦日 紅白 ふぅ

大晦日 紅白 ふぅ

なんて段取りが悪いんだろう。

紅白見ながら、まだ、明日の朝の用意が出来ない。
元旦だよ・・・明日の朝って。
年々、老いを感じるわ。

お餅だって、今日つきました。
3回餅つき機を回しただけだけど。
紅白にするために、ピンクはエビ餅です。

色々作るの大変だから、
ローストビーフを作っておこう。と、思いまして、
牛トウガラシを11月のうちに注文しておきました。
しかし、3,3キロも、きてしましました。
これは、なんとか昨日のうちに、作りました。

画像


昨日の買い出しで、忘れていたのが、
豚バラ肉。
角煮を作るため。
これが、大晦日の午後だと、売っていない!!
でも、やっと見つけて、1,8キロ。
今は、鍋の中。一晩味をしみさせなければ。

画像

出来上がった料理の写真は、まだ写していませんね。

あ・・
大根なますと、人参のラぺ。
私は大根なますの中に入っている人参が好きなんです。
そうしたら、私の大根なますは、人参が多すぎと、不評だったんです。
あら、それなら、人参ラぺを作ろうと、見栄えも良いし♪

画像


さあ、早く明日の用意をしなければ!!
次男は、明日の朝はお雑煮。
長男は、ローストビーフサンドを作れと(><}。

頑張ろう~~明日の朝は、新しい年なんだもの。



20171218(月)

お別れ


お別れ

「夫と同じお墓には入りたくない」
あの世に行ってまで一緒なんて嫌だ・・・

彼女とそんな話をしたとき
私は
「お墓もお葬式も、残った人のためにあるものよ。」
と、笑って聞いていた。

彼女が亡くなった。
それは、突然だった。
14日の午後、くも膜下出血で倒れ、そのまま・・
16日の夜、亡くなった。
私より4つ年下、62歳だった。

家族の意向で、面会も出来ず、
家族葬でするので、弔問もお断りと聞かされた。

突然、最愛の妻を亡くしたご主人に、
私はかける言葉がない。
そう、断られた方が、気が楽だった。
最愛のと、今、書いたが、ご主人にとっては最愛でも、
彼女にとっては一番のストレスだった。
「毎日、夕方の4時になって、夕食の支度をするのが辛い」

彼女はエンディングノートを書いていたらしい。
彼女の願いで・・・無宗派で、密葬で、という事。
地位も名誉もあるご主人だから、盛大な葬儀になると思っていたが、本当に家族葬で・・・
弔問のお客様をお断りするのは、大変だったと、漏れ聞こえてきた。
社会的地位も、付き合いも広いご主人が、彼女の願いをかなえるために、家族葬を選んだことは、素晴らしいと思う。

でもね、その気遣いを、彼女が生きているうちに、いや、結婚した最初からして欲しかったなと、思う。

画像

私は、彼女と一緒に漬けた45日間漬けておく飯寿司を預かっているんだ。
25日に水切り作業をはじめて、27日に食べる予定。
毎年、彼女の家に樽で運んだけれど、今回は、私が小分けしてあげなければ。
そして、ご主人、東京の子供さんの家庭、札幌の彼女のお姉さんに送ってあげなければ。

それが私にとっての彼女の供養。
そんな事を考えていたので、今日葬儀が終わって、彼女の肉体はこの世から消えたと知っても、寂しくなかった。

でも、来年は一人で漬けるんだろうか・・・
寂しいな。



20171117(金)

鮭は不漁ですが飯寿司漬けました


鮭は不漁ですが飯寿司漬けました

今年は飯寿司諦めようかな・・・
と、思うほど、鮭が不漁で、高い。

不漁と言われた昨年だと新巻き1匹980円ぐらいのものが
今年は1580円
1・5倍
その分、量を減らせば良いのだと、思い直し、
鮭の飯寿司を漬けました。

そういえば、何年か前にも飯寿司話題ブログに上げたなと思い
探して読んでみると・・
色々な事情で、漬け方変わってきています。

2007年のブログ


昨年から、鮭は当日捌きます。
昔は、前もって干して使っていたのですが、
干すと硬くなり切りづらいので、手首骨折した昨年は、干しませんでした。
でも、美味しかったのですよ。

新巻きを3枚におろし、小骨を抜き、皮から剥がしながら
一口大にそぎ切り。

大根は4センチぐらいの長さの拍子切りして、前々日に
仮漬けしておき、当日、ざるにあげ水切り。

生姜千切り
人参千切り、飾りに少し花型も。
キュウリは輪切り
大葉は細切り

柚子は皮のみ細かく切り
レモンは皮ごと銀杏切り

麹、ご飯、塩、砂糖、娘酢、日本酒

鮭以外を全部大きな容器にいれ混ぜておきます。

そして、ポリの漬物樽に、
熊笹、野菜類、鮭、と重ねていくのです。

画像


最後に鮭の皮を載せ、中蓋をして、重石を。
当日は1キロ程度
翌日3キロ
翌々日5キロ
5日目15キロでこれから40日じっと待つのです。
麹が美味しくしてくれるのを待ちます。

画像

量が少なければ、そんなに大変な作業ではないのですが、
やはり、量が多いと・・・特に、最後に水切りするときが大変
最後は60キロ近くの重石を載せますもの。

動かすときも大変なので、
何年か前から、木の飯寿司桶を使うのをやめ、
ポリの漬物樽なんです。

気温は10度ぐらいなら、車庫においていますが、
しばれそうなら、家の地下室に移します。

年末が楽しみです♪



<<
>>




 ABOUT
bonnhaha
ルピナスの花言葉は「母性愛」「賑やかな語らい」ほか色々あります。外来種ですが、北のこの地のはじめからそこにいるかのように、群れ咲き競う姿が好きです。

性別
年齢60代以上
エリア帯広市
属性個人
 カウンター
2006-05-23から
344,359hit
今日:9
昨日:17


戻る