旅の思い出(4)


2020326(木)

尾花沢へ


尾花沢へ

山形尾花沢では
有名なお団子屋さんらしい。
是非食べに行った方が良いらしい♪

「千本だんご」



画像


またここも有名なお蕎麦屋さんとか。
「七兵衛」


画像

メニューは一つ。
勝手に漬物が出てきて、

画像


薬味は大根の汁
お蕎麦は食べ放題・・・

画像


1杯しか食べることが出来なかったです。

暖かくなったら、絶対にまた行くぞ!!
コロナウィルスに負けたくない!
と、思いますが
さて、禁煙出来るかな。

画像



2020215(土)

山形 銀山温泉に


山形 銀山温泉に

憧れていた山形 尾花沢 銀山温泉

宿泊することが出来ました。

☆彡 20年ぐらい前にCMで金髪の女将さん

☆彡 おしんのお母さんが働きに行っていた温泉場

☆彡 JRの広告 吉永小百合さん「大人の休日倶楽部」のモデル♪

☆彡 「千と千尋の神隠し」の舞台


大正浪漫あふれる温泉地。
一度は行ってみたかったんですよ。

次男の選んだ就職先が山形の尾花沢市。
面接に行くというので調べたら、銀山温泉の入口。

え・・・♪
一緒についていくことにしましたが、
長男が
「それなら俺も一緒に行こうかな。色々な所に行ってみたいから」と、言ったのです。
これって、晴天の霹靂というのか、予想していなかったこと。
長男は小学6年の時のバリ島への家族旅行以外、家族旅行不参加でした。
修学旅行、出張は別にして、旅を楽しむなんて、時間の無駄、ゲームしているほうが良いと
言う人間でした。
あまりそのことには触れずに、旅行計画を立てました。
心の中ではウキウキ。

銀山温泉の旅館って、10部屋以下がほとんど。
近代的なホテルではなく、昔の旅館が希望でした。
ところが、どの旅館サイトを見ても、満室。
諦めていたのですが、
面接先の社長さんがそれならば知り合いがいると、予約してくださいました。

「永澤平八」・・・
昔の旅籠、風情ありすぎです。

画像

お隣が
国の重要文化財に指定されている「能登屋旅館」

画像


今年は山形も記録的な雪の少なさだそうで、
しかも雨で、うろうろ散策する気になれません。
各旅館には、散策のためのミズノのコートと長靴、傘が用意されていました。
そして、台湾と香港からの観光客で、道は通るのも大変なぐらいビッシリなんですよ。

新型コロナウイルス騒ぎなんてどこ吹く風・・状態。
そして、皆さんスマホで写真撮りまくりです。
 私もタブレットで写そうと思ったのですが、慣れなくて、結局昔からのデジカメにしました。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


画像



2010327(土)

しばらくぶりの旅で、奈良井宿へ


しばらくぶりの旅で、奈良井宿へ

山梨に住む息子が、ようやく・・
4年住んだ1Kのアパートから2DKのアパートに移るというので、引越しの手伝いに行ってきました。
まあ、まあ、男の子っていうのは・・・
ゴミも全部新しい部屋に運んでいました。
分別も、収集方法も、帯広とは違うので、かたづけるのは大変でした。
愚痴はさておき・・

山梨は不案内の私たちを、山梨の知人夫婦が車で、一日名所めぐりに連れて行ってくださったんですよ♪

武田神社、甲斐善光寺、国宝松本城、諏訪パーキングエリアに寄り、鳥居峠を越えて、奈良井宿へ・・・

行かれたことある方、いらっしゃるかしら?
馬籠・妻籠は有名ですが、私は奈良井宿は知らなかったんです。

画像


奈良井宿とは
中山道十一宿のうち北から2番目の難所:鳥居峠を控えた宿場町。かつては街道を行き交う旅人で栄えました。その様は「奈良井千軒」と謳われ木曽路一番の賑わいでした。奈良井宿は鳥居峠の上り口の鎮神社を京都側の入口とし、奈良井川に沿って約1kmの中山道沿いに町並みが形成されています。旅籠の軒灯、千本格子など江戸時代の面影を色濃く残しています。時代を超えた風格が感じられます。
昭和53年5月に、国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受けてから今年で30年を迎えました。また平成元年には建設大臣の「手づくり町並賞」を受けたのをはじめ、平成19年には「美しい歴史風土100選」に選定され、日本一の宿場街と自負しております。どうぞごゆっくりとお出かけください。
まるで江戸時代にタイムスリップしたような錯覚におちいります。

奈良井宿観光協会HP外部リンクより抜粋


この日は連休明けの火曜日。雨もシトシト。
寒いです(私は春用のコートでしたから~特に)
観光客も、ほとんどいませんし、お休みのお店も多かったんです。

画像

お昼は、知人の旦那様が奈良井宿に来たときは
必ず立ち寄るという徳利屋外部リンク(とっくりや)さんの五平餅定食です。
地粉を使った手打ち蕎麦と、3色五平餅と、小鉢には、ぜんまいのおひたしと、卵とじ、冷奴。もちろん野沢菜漬けも。

五平餅美味しいです!!

画像

この日は、混んではいなかったので、囲炉裏端で、色々なお話も聞くことが出来ました。

画像


創業360年・・・今は宿としては営業はされていません。
食事だけですが、ここに、ご主人一家は住んでいらっしゃるんですって。

画像

暮らしながら、歴史を守っている人々がいるのです。

決して、便利ではない生活だと思いますよ。

画像

今回は時間が無かったので、半分も歩けなかったのです。、
また、ぜひ行きたいと思っています。



2008922(月)

思い出のフラメンコ


思い出のフラメンコ

昨夜、夫はBSテレビ放送を見ていた。
その後ろで私はパソコンをパチパチ。

夫は2つの放送を見ている。
野球の結果が気になるのかなぁ~。夫はパソコンは苦手。

私は音楽は演歌が好き。
もちろん、若い頃流行したポップス系だって好きだが、

私の頭の中には「みだれ髪」が、ずっと流れている。
時々、「天城越え」に変わる。
歌いたいけれど、声帯を壊し(手術をしたが)1オクターブの音域さえ出ないので、歌うのは諦めている。
ドレミファソ~で終わり・・・
でも、頭の中で、勝手に盛り上がっている。

そんな私の耳に、美しい調べが新たに入ってきた。
思わず振り向いた。

「筋金入り」の職人のようなギター奏者だった。

住田政夫さん!!
「秋麗」(ルンバ)

思わずパソコンを離れ夫の隣に座り聴き入った。
「素晴らしい演奏ね」「うん」
再放送のようだった。
ビデオに撮る用意がなかったのが悔やまれる。

フラメンコ・・・思い出がこみ上げてきた。
そうだ、30年以上前に、スペインで本物のフラメンコを見た・・・
黒いドレスの太った年増の女性が凄く魅力的だった。

観光客があまり行かない地元の人が行くフラメンコバー。
確か、写真があったはず。

アルバムを開いてみた。
8日間もの旅行なのに、写真は少ない。
私が写したのはボケボケばかりだぁ~。

画像

ああ、25歳の私。もう、いないのね・・・
画像
画像
画像
画像

確か、失恋をずっと引きずっていたはずなのに、明るいなぁ。

若いってこういうことなのかしら。

この時に、バスの窓越しに写したお気に入りが1枚。
画像



<<
>>




 ABOUT
bonnhaha
ルピナスの花言葉は「母性愛」「賑やかな語らい」ほか色々あります。外来種ですが、北のこの地のはじめからそこにいるかのように、群れ咲き競う姿が好きです。

性別
年齢60代以上
エリア帯広市
属性個人
 カウンター
2006-05-23から
359,449hit
今日:1
昨日:3


戻る