女の本音(11)


20171218(月)

お別れ


お別れ

「夫と同じお墓には入りたくない」
あの世に行ってまで一緒なんて嫌だ・・・

彼女とそんな話をしたとき
私は
「お墓もお葬式も、残った人のためにあるものよ。」
と、笑って聞いていた。

彼女が亡くなった。
それは、突然だった。
14日の午後、くも膜下出血で倒れ、そのまま・・
16日の夜、亡くなった。
私より4つ年下、62歳だった。

家族の意向で、面会も出来ず、
家族葬でするので、弔問もお断りと聞かされた。

突然、最愛の妻を亡くしたご主人に、
私はかける言葉がない。
そう、断られた方が、気が楽だった。
最愛のと、今、書いたが、ご主人にとっては最愛でも、
彼女にとっては一番のストレスだった。
「毎日、夕方の4時になって、夕食の支度をするのが辛い」

彼女はエンディングノートを書いていたらしい。
彼女の願いで・・・無宗派で、密葬で、という事。
地位も名誉もあるご主人だから、盛大な葬儀になると思っていたが、本当に家族葬で・・・
弔問のお客様をお断りするのは、大変だったと、漏れ聞こえてきた。
社会的地位も、付き合いも広いご主人が、彼女の願いをかなえるために、家族葬を選んだことは、素晴らしいと思う。

でもね、その気遣いを、彼女が生きているうちに、いや、結婚した最初からして欲しかったなと、思う。

画像

私は、彼女と一緒に漬けた45日間漬けておく飯寿司を預かっているんだ。
25日に水切り作業をはじめて、27日に食べる予定。
毎年、彼女の家に樽で運んだけれど、今回は、私が小分けしてあげなければ。
そして、ご主人、東京の子供さんの家庭、札幌の彼女のお姉さんに送ってあげなければ。

それが私にとっての彼女の供養。
そんな事を考えていたので、今日葬儀が終わって、彼女の肉体はこの世から消えたと知っても、寂しくなかった。

でも、来年は一人で漬けるんだろうか・・・
寂しいな。



200963(水)

話が飛ぶ?女のお喋り


話が飛ぶ?女のお喋り

「だからねぇ~あなたったら~」
レトロ夫人のため息まじりの言葉。

この間、清水のえびすや菓子舗さんにお邪魔した時の話なんだけど。

1ヶ月も前だな(ボソ)

そもそもは・・・
新得の友人を訪ねる目的で、


画像


お土産は清水えびすやさんの「おっぱいプリン」♪
にしようと、6個購入。

当然偶数(ニヤッ)


帰りがけに我が家のためによもぎ餅を購入しようと寄りました。

えびすやさんのよもぎ餅は
そこらのとは違うんです!!。
画像


今年の春の手摘みの蓬(よもぎ)をつかっているんですよ♪

そして、前に私が「おいしそう~だぁ」と呟いた・・

画像

抹茶ムース餅
をご馳走してもらいました。


これって、固さが違うから、とても作り難いんですって。
リクエストがあれば、作ってくれるそうですよ。

あ・・・それでね。

レトロさんとレトロさんの奥さんと、色んなお話をしたんですよ。

話はドンドン盛り上がって・・・
でも、そのうちに、レトロさんが話しに遅れてくる・・・(ゲラ)


レトロ夫人が
「私いつも思うのよ。
男の人って、話がそれることってあまりない。
話題が少ないというのか・・・ひとつのことを突き詰めるというか・・・

でも女は話が尽きない。
だって、例えば、今はなしていた足寄のダチョウ牧場のダチョウ油の話から、芽室のファームクロダのダチョウ油の話になり、そしてバックが売っていたという話。、そこからバーゲンの話に変わり、あのお店このお店の話題。
話は延々と続き、元々何の話だったか、分からなくなるけど、お構いなし。

だから、男の人はついてこれなくなる。」


「そうだね♪いくらでもお喋りできるものね」

一緒に行った私の友人
「うん♪そう思うわ。私もそうだよ。
でもhahaさんの話は、人より変わり方激しいよ。
慣れたけどね♪」

・・・・えっ・・・・











200953(日)

誰とコンサートに行ったの?


誰とコンサートに行ったの?

「最悪だったの~ぉ!!」

彼女はこの言葉を何回叫んだろうか(苦笑)

新年度になり配置換えもあり、遅い歓送迎会の席。

「趣味はなんですか?」若い女性が彼女に聞いた。

「あんまりないのよ。音楽を聴くのが好き。」

話は盛り上がっていた。が、

平井堅が好きで、後援会云々、コンサート云々の話になった。
いつもは妹さんと行くのだが・・前回のコンサートは:::

「最低だったのよぉ~もう絶対!夫とは行かないわ」

「え~どうしてですか。ご主人とコンサートなんて素敵ではないですか」

「だって、場違いなんだもの!夫は大きくて目立つし・・
あ・・・最低!最悪の一日だったわ!」

「私もフアンなので、今度は私を誘ってください♪」

「うれしいっ♪仲間が出来て!!」

私・・・

前に友人がジャズのコンサートのチケットを
「私の知り合いのコンサートなの。ご主人とどうぞ♪」とプレゼントしてくれたことがある。

で、最前列で居眠りを始めた私。
心地よいピアノ、ベース、ドラムは、わたしには子守唄。

いまだに、その時の夫、友人の思いは聞いていない。



2009422(水)

通夜振舞いの席で


通夜振舞いの席で

私の父は、13人兄弟(男9人、女4人)の六男坊だった。

そう、親戚が沢山居る・・・

従姉(本家の長女)のご主人が亡くなったと連絡が来た。

享年88歳、新聞に広告も出さないと言う。親戚だけで・・

父と同じ年の生まれ「父さんより長生きしたんだね」と、母がシミジミ言う。

通夜が18時から始まり
「これからは親族だけで・・・」と案内があり、写真撮影になる。
ほとんど、他人はいない。写真に写るのは30数人。
遠慮して、写らない人もいる。

画像


「段々、寂しくなっていくわね。親戚も少なくなって」
「それでも、多いほうよね」
「孫もひ孫もいるんだから、姉さん寂しくないわよ」

5歳年上の従姉が言う。
「あんたの父さんは5年前ね。
そうか、私も5年前は50代だったのね。
もう60歳を過ぎたわ。皺も増えるはず」

老親や老夫の介護の話は当然愚痴になる。仕方がない。

でも、昨年、65歳の夫を亡くした従姉が、

涙ぐんだ声で言った。

「老老介護って、悪いことのように言うけれど、

とっても幸せなことだと思うのよ。

私は年老いて腰が曲がって、

手が不自由になっても、

夫の面倒をみたかったよ。

二人で年老いて行きたかった。」


優しい従姉だ。誰にでも優しい。

そんな従姉に聞こえないように、私は隣の夫に囁く。
「善人は早死にする。憎まれっ子世にはばかる」

夫は不思議そうに私の顔を見たが、何も言わなかった。



2009329(日)

美しく枯れたい


美しく枯れたい

さあ、上るぞ~

と、藤丸さんに行っての私の挑戦!!

で、いつもながら・・5階でヘロヘロになりながらも・・
だけど!頑張って8階の市民活動交流センターにたどり着いた時は、何事が「この人」に起こったのだろう状態。

ちょっぴり顔馴染みの受付の方に「階段で来たのですか?」と聞かれます。

「私達の仲間も出勤の時は、階段で上る人多いんですよ♪
当然私も♪」

・・・あ、負けた(苦笑)

ちょっと、椅子に座って一休みしている所に、結構お年を召したと思われるご婦人が
「今日も、素敵なお姉さん達の顔を見たくて、上がってきてしまったわ♪」と、現れました。

「いつも、いいお話してくださるんですよ♪」
「お幾つなんですか?」
「83歳よ」
「え~、すごくお元気ですね!!うちの母と同じ年かも」
(母は、足が痛い腰が痛いで、出歩くことが少ないのだぁ~)


人間は神や仏にはなれないのよ。
動物なんだから、
人間だから、悲しいことは悲しい。
分からないことは分からない。
一長一短、長所も欠点もあるわよ。
それをとやかく言っても仕方がないのよ。
色々な人間がいるわ。
あるがままを認めあい、許しあってていかなければ。

身体は歳をとっていくけれども
せめて気持ちだけでも、若くありたい。

いつも鏡で自分の顔を確認するの。
緩んだ顔をしていないか。険しい顔をしていないか。

自分を見つめなおすのね。

どうせ、枯れていくのだけれど、
それなら・・・
美しく枯れたいと思っているのよ。


15時になるとご主人が迎えにくるのでと、去っていかれました。

うん♪
私も、時々、鏡を見てみよう。
いつも、しかめっ面しているかもしれないし
悲しい顔かも知れない。

誰も見ていないかも知れないけど、でも、いつも笑顔でいよう。

どこかで、ニコニコしながらパソコンをうっているオバサンが居たら、きっと私ですよ♪











<<
>>




 ABOUT
bonnhaha
ルピナスの花言葉は「母性愛」「賑やかな語らい」ほか色々あります。外来種ですが、北のこの地のはじめからそこにいるかのように、群れ咲き競う姿が好きです。

性別
年齢60代以上
エリア帯広市
属性個人
 カウンター
2006-05-23から
356,665hit
今日:3
昨日:8


戻る