2017314(火)

助宗タラみりん味乾し

食品×46

助宗タラみりん味乾し

3月6日の太平洋サクラマスの外道出釣れた助宗タラをみりんの調合たれに漬け込んで乾しています、そろそろ乾しあがります。

晩酌のおつまみ、1匹ずつ食べても50日はある(笑)

画像
頭、内臓、を取り金タワシで鱗を綺麗にとり中骨やハラスの骨も取りました。

画像
1匹ずつアニサキスがいないか確認、今回はアニサキスがいませんでしたが、米粒のような寄生虫のニベリニアを包丁の先で取り、みりん、醤油、日本酒、砂糖などを調合した液体に漬け1日2回掻き混ぜ、なじませてから乾しています。






 コメント(3件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
狩人
狩猟で得たエゾ鹿、羆「ひぐま」等の食肉処理場を保健所の許可を受けて営業しています、ひぐま肉やエゾ鹿肉は関東や関西の飲食店様にジビエのブームもあり長年同じお店からの依頼が多くなって居ます。最近はヒグマの脂や、ペットフードが良く、リピータの方が多くなり、ワンちゃん用のおしゃぶり角は超人気中。

ひぐま肉や、エゾシカ肉の缶詰なども人気が出ています。

性別
年齢60代以上
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
狩人の蔵
住所帯広市西20条南4丁目51-5
TEL0155-36-2738
営業08:00 - 17:00
時間外電話確認で深夜でもOK
定休土曜、日曜、祝日(電話確認で販売可能)
 カウンター
2009-04-27から
221,623hit
今日:4
昨日:90


戻る