2014329(土)

雪解けの狩人農園


雪解けの狩人農園

今日は朝から気温が上がり、狩人農園の雪は殆んど融けました、鶏運動所横の福寿草が花を開き始めました。

画像
鶏も、早速雪の融けた広場で青草を見つけツイバンでいます、真ん中の仕切り網は食用有精卵の鶏と、青い卵を産むアローカナ鶏の種卵用の鶏が混ざらない様にしている仕切りです。

画像
昨年10月の末に遅く植え付けしたニンニク、12月でも雪が積もらなくニンニクが発芽してないのに土が凍り、種がシバレて駄目と諦めていたが、1月末の根雪のおかげで、雪が解けたら、何と3cm程新芽が伸びている、ニンニクの生命力、パワーは、やっぱり凄い、これを見るだけでニンニクが体を元気にしてくれるのが解る。

画像
2月末から3月2日迄に生まれたアローカナひよこ、狩人農園の雛飼育舎に1週間程前に移して飼育、また一段と大きく成長している。

去年はミンクにアローカナのヒナを23羽も遣られた、今年はミンクどころかネズミも入れないヒナ飼育舎に変わったから、一安心です。




2014315(土)

幸せの青卵、北海道から九州へ旅発ち


幸せの青卵、北海道から九州へ旅発ち

世界で唯一「青いたまご」を産む鶏「アローカナ」、南米チリ国原産、日本で交配した原種系の有精卵、種卵として30個、本日九州の鹿児島県に宅急便で発送。

画像
割れないように1個ずつテッシュペーパーに包み、紙の輸送ケースに収めショックの無いように梱包を施しました。

画像
北海道の夜はまだマイナス気温です、輸送中トラックの荷台で凍結しない様クール冷蔵便で発送です。

画像
4月10日頃には、こんな可愛い、北海道生まれの卵、鹿児島県育ちの雛が生まれる事でしょう、この画像の雛は右の大きい方は3月1日生まれ、左の小さい方は別の孵化器から3月10日に、いずれも狩人の蔵で生まれた雛ですが、10日で倍の大きさまで育っています。(3月12日撮影)




2014311(火)

比内鶏ひな生まれたよ!


比内鶏ひな生まれたよ!

2月中旬の本州の大雪の真っ只中、比内鶏の種卵がブリーダーさんから送られて来ました、天然記念物と同じ鶏比内鶏(比内地鶏ではありません)爆弾低気圧で本州の高速道路ストップ等で宅急便が予定よりかなり遅れて2月18日到着となりました。

比内鶏の種卵、凍結を心配してクール冷蔵便で発送してもらった、常温にゆっくり戻して19日孵化器にセットしました、長旅で孵化するか心配でしたが、やっと今朝1羽雛になりました、残りの卵も嘴叩きの後が有るので明日の朝には次々にヒナ誕生になると思う。

産毛が乾いたので、手乗りひよこ、可愛いですよ。




« 前のページ
次のページ »




 ABOUT

狩人
狩猟で得たエゾ鹿、羆「ひぐま」等の食肉処理場を保健所の許可を受けて営業しています、又放し飼いの青い卵や赤卵系の鶏を飼育、配合飼料の他、独自の餌により濃厚な黄卵とポンポンに盛上がった卵白、ストレスノ無い鶏が産む卵はアレルギーをおこさないと聞いています、その様な卵も販売しています。

性別
年齢60代以上
趣味釣り
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE

住所帯広市西20条南4丁目51-5
TEL0155-36-2738
営業08:00 - 17:00
時間外電話確認で深夜でもOK
定休土曜、日曜、祝日(電話確認で販売可能)
 カウンター

2009-04-27から
105,930hit
今日:20
昨日:49