2017323(木)

青い卵を産むアローカナ鶏、孫卵里帰り


青い卵を産むアローカナ鶏、孫卵里帰り

青い卵を産むアロ-カナ鶏、昨年5月下旬外来種野獣アメリカンミンクの夜襲撃で33羽全滅してしまい、その時残っていた青い種たまご、隣町で飼育してみたいと言うので、残りの卵と孵卵器を託しました。

画像
昨年6月中旬託した隣町の知人宅で20羽近く雛が生まれ、すくすく成長したが11月から寒い日が始まり産卵が延び々でしたが、この頃の日中のプラス気温で産卵が始まり、孫卵として里帰りになりました。

画像
以前飼育していた青い卵を産むアローカナ種の親鶏です、1年後には同じようなアローカナが育ってくれることを願って、残してある孵化器に入卵してみます。

全滅後、全国から種たまごが欲しいと問い合わせが20人を超えており、1年後に種たまごの復活を出来るよう飼育してみます。



2017321(火)

真ガレイ卵の煮付け


真ガレイ卵の煮付け

晩酌の肴に真ガレイの卵を煮付けにした。

マガレイの30㎝以上の大きいサイズを5枚下しに20匹捌いて飯寿司用に塩で〆ている、全部メスで卵は飯寿司に使わないので、余る。

画像
血管を包丁の先でちょん々と2~3か所切って、冷水の中で血抜き、3等分位に切湯通し、臭みやぬめりを取って、冷水に入れて、水切り中。

画像
これは昨日の晩酌の肴に真カレイの煮付け、お刺身で出た卵も一緒に煮た時美味しかったので、今日は20匹分の卵だけで生姜の千切を入れて煮付けました、口の中で崩れ香ばしい味好きです。



2017320(月)

真ガレイのお刺身

食品×39

真ガレイのお刺身

18日と19日の積丹遠征のお魚一次処理をして夕食と、晩酌の肴に40㎝近くの真ガレイのお刺身造った。

画像
沢山釣れたので小さいものは乾して、「むしりカレイ」の珍味に、中型は数枚煮付け用に、大きい物は飯寿司様に塩水で血抜き中。

画像
お刺身を造った40㎝近い真ガレイの卵と中型の真ガレイの煮つけ用に数枚処理水切り中。

画像
ホッケは現地で背開きをしていたので、血合いなどを綺麗にして塩水で味付けと血抜き中。

大きいホッケと真ガレイはたっぷり塩を振って飯寿司用に身を〆て水抜き中です。



2017320(月)

積丹マス釣り遠征のはずが?


積丹マス釣り遠征のはずが?

18,19日の連休に積丹町沖のサクラマス釣りに出かけてきました、メイン画像は積丹ブルーの綺麗な美国港そばの宝島です。

画像
18日は積丹町余別港から金毘羅丸に乗船してAM6時出港神威岬付近の釣り場に着き、竿を振れどもサクラマスは全く釣れず、釣れるのは、高級魚になりつつのホッケ、最近はホッケも少なくなって高額になって来たホッケが大量に釣れ終わってみると52匹、その内根ぼっけの大きいものが5~6匹混ざる。

画像
これがメタボのメガ根ホッケ1.16㎏もあった、お腹にはオオナゴがそのまま2匹入って居た。

画像
宿泊遠征なので釣れたホッケ浜ですべてホッケの背開きにして氷漬けに、内臓などはカモメとカラスが綺麗に食べてくれたゴミにならず、帰宅後の処理が楽です。

19日は美国港からAM6時仁成丸に乗船出港、サクラマスは18日積丹周辺の全遊漁船で10匹ほどの激貧釣果の為、船頭から18日サクラマスは居ないから、まさかのカレイ釣りをするから仕掛け用意との指示で、余別から余市の釣具店まで戻り、カレイ用の片テンビン仕掛けと、餌のイソメを2パック買っての乗船。
画像

真ガレイ、に交じり黒頭カレイも数枚混じって釣れました、積丹の海の資源の多さにびっくりです、なんと手のひらサイズ~40㎝前後までの大きさが入れ食い状態、2パックのイソメ餌短時間で使い切ってしまい、後は居ないサクラマスのしゃくりをひたすら振り続けましたが、サクラマスは船中0匹で沖早上がり。

画像
真ガレイが33リッターのクーラ60%の好釣果。

今年のサクラマスは不良続きです、例年は今時期から大型の板マスと言う幅広のサクラマスがゴールデンウイークまでが本番なのだが今年は今後サクラマスは釣れるのか不安になって来た。



2017314(火)

助宗タラみりん味乾し

食品×39

助宗タラみりん味乾し

3月6日の太平洋サクラマスの外道出釣れた助宗タラをみりんの調合たれに漬け込んで乾しています、そろそろ乾しあがります。

晩酌のおつまみ、1匹ずつ食べても50日はある(笑)

画像
頭、内臓、を取り金タワシで鱗を綺麗にとり中骨やハラスの骨も取りました。

画像
1匹ずつアニサキスがいないか確認、今回はアニサキスがいませんでしたが、米粒のような寄生虫のニベリニアを包丁の先で取り、みりん、醤油、日本酒、砂糖などを調合した液体に漬け1日2回掻き混ぜ、なじませてから乾しています。



<<
>>




 ABOUT
狩人
狩猟で得たエゾ鹿、羆「ひぐま」等の食肉処理場を保健所の許可を受けて営業しています、ひぐま肉やエゾ鹿肉は関東や関西の飲食店様にジビエのブームもあり長年同じお店からの依頼が多くなって居ます。最近はヒグマの脂や、ペットフードが良く、リピータの方が多くなり、ワンちゃん用のおしゃぶり角は超人気中。

ひぐま肉や、エゾシカ肉の缶詰なども人気が出ています。

性別
年齢60代以上
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
狩人の蔵
住所帯広市西20条南4丁目51-5
TEL0155-36-2738
営業08:00 - 17:00
時間外電話確認で深夜でもOK
定休土曜、日曜、祝日(電話確認で販売可能)
 カウンター
2009-04-27から
202,928hit
今日:9
昨日:75


戻る