鶏の飼育(25)


2017418(火)

アローカナ雛が生まれています


アローカナ雛が生まれています

今回は予定通り21日目の4月18日未明から孵化が始まり、8個入卵中6羽のヒナが生まれました。

画像
先ほど生まれた6個目のヒナが殻の中から嘴で殻を破っている時の画像です、後2個中1個殻の中から嘴打ち中です。

孵化の動画も撮影しましたが、マイとかちブログに投稿方法がわかりません、どなたか教えてください、お願いします。

画像
原種の尾が無いタイプもまれに生まれてきます、遺伝子がまだ持っているので、何世代か後に遺伝で生まれて来る様ですね。
画像



2017413(木)

アローカナの雛早産で


アローカナの雛早産で

青い卵のアローカナのヒナ、昨日の朝予定より40時間以上も早く生まれた。

4月13日今晩で予定の満21日のはず、昨夜同じく1日早く3羽生まれた。
画像
今朝は、まだ予定より早く4個嘴打ちで殻に穴が開いている、今回は9羽の予定。

別の孵化器で9個入卵中8個有精卵発生中で、4月18日が孵化予定日になっている。

画像
昨日も静岡県にアローカナの青い種たまご10個発送し、現在兵庫県12個と福島県10個の予約が入って居ます、春は孵化のラッシュ時期?かな



201748(土)

青い卵のアローカナ有精卵発送開始


青い卵のアローカナ有精卵発送開始

2日程前から11か月振りにアローカナの種たまごを出荷始めました。
孵化器に入れて8日目に光による検卵を行った結果、10個中9個の有精卵でヒヨコになる為の発生が確認出来ました、4月14日前後と、19日前後にヒナが生まれる予定です、生まれましたら又投稿いたします。

画像
6日に福島県へ12個発送

画像
昨日は北海道天塩郡豊富町に7個の発送

画像
輸送には紙パックで、中には卵が揺れない仕掛けになっている、輸送のリスクを少なくする梱包が用いられています。

画像
今年の種親鳥で、原種の南米チリ原産国の野生種の血を引くアローカナの特徴である足が黒い事(通常鶏は黄色の足)、鶏冠が複数列で、頬の毛が横に伸びてる、体が茶褐色でホワイトレグホン系の血が過去に混ざってないことなどの個体を固定化して飼育中。

画像
原種アローカナの遺伝が数十代後に現れることがある、野生種の尾が無いように見える個体も私の所に居るが、インギー鶏種とも似ていないので、原種の遺伝がまだ日本で改良されても出てくる事があるんですね。



2017326(日)

アローカナ10ヶ月振りに再開


アローカナ10ヶ月振りに再開

昨年5月末ミンクの夜襲撃で全滅した青い卵を産むアローカナ鶏今日から10ヶ月振りに飼育再開できました。

画像
昨年4月に私が孵化させたアローカナのヒナ、25羽、富良野市の農家T様に引き取られて飼育しておりましたが、先日種たまごの連絡をして、色々経過説明等して、私の鶏の卵を譲り受ける話になりました、昨日早朝に、雌6羽、雄1羽戻してもいいとの連絡で、本日120km離れた富良野市のT様宅迄引き取りに行って来ました。

画像
昨日から鶏舎の掃除と美唄のお友達から頂いた稲わらを切って床暖用に敷詰めていた。

画像
餌や水なども、容器を洗浄してセット完了して富良野市に向かいました。

画像
段ボール3箱に分けて2時間以上の長旅から解放され鶏舎に収まりました。

画像
5月末にヒナが生まれたらお返しすることにしています、道内に分散して飼育していただくと、助かります、昨年も清水町で鶏インフレンザーで全羽殺処分などがあり、特にアロ-カナは原種の特徴を受け継いだ、足が黒色で、鶏冠がバラ鶏冠、頬毛が横に伸びる、褐色のアローカナ、はきわめて飼育しているのが少ないのが現状、青い卵を沢山産むと言って白色レグホンの多卵製鶏との混血は卵の本来のアローカナの青い卵とは栄養価違いが心配です。



2017323(木)

青い卵を産むアローカナ鶏、孫卵里帰り


青い卵を産むアローカナ鶏、孫卵里帰り

青い卵を産むアロ-カナ鶏、昨年5月下旬外来種野獣アメリカンミンクの夜襲撃で33羽全滅してしまい、その時残っていた青い種たまご、隣町で飼育してみたいと言うので、残りの卵と孵卵器を託しました。

画像
昨年6月中旬託した隣町の知人宅で20羽近く雛が生まれ、すくすく成長したが11月から寒い日が始まり産卵が延び々でしたが、この頃の日中のプラス気温で産卵が始まり、孫卵として里帰りになりました。

画像
以前飼育していた青い卵を産むアローカナ種の親鶏です、1年後には同じようなアローカナが育ってくれることを願って、残してある孵化器に入卵してみます。

全滅後、全国から種たまごが欲しいと問い合わせが20人を超えており、1年後に種たまごの復活を出来るよう飼育してみます。



<<
>>




 ABOUT
狩人
狩猟で得たエゾ鹿、羆「ひぐま」等の食肉処理場を保健所の許可を受けて営業しています、ひぐま肉やエゾ鹿肉は関東や関西の飲食店様にジビエのブームもあり長年同じお店からの依頼が多くなって居ます。最近はヒグマの脂や、ペットフードが良く、リピータの方が多くなり、ワンちゃん用のおしゃぶり角は超人気中。

ひぐま肉や、エゾシカ肉の缶詰なども人気が出ています。

性別
年齢60代以上
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
狩人の蔵
住所帯広市西20条南4丁目51-5
TEL0155-36-2738
営業08:00 - 17:00
時間外電話確認で深夜でもOK
定休土曜、日曜、祝日(電話確認で販売可能)
 カウンター
2009-04-27から
210,559hit
今日:61
昨日:40


戻る