フイッシング(66)


2017321(火)

真ガレイ卵の煮付け


真ガレイ卵の煮付け

晩酌の肴に真ガレイの卵を煮付けにした。

マガレイの30㎝以上の大きいサイズを5枚下しに20匹捌いて飯寿司用に塩で〆ている、全部メスで卵は飯寿司に使わないので、余る。

画像
血管を包丁の先でちょん々と2~3か所切って、冷水の中で血抜き、3等分位に切湯通し、臭みやぬめりを取って、冷水に入れて、水切り中。

画像
これは昨日の晩酌の肴に真カレイの煮付け、お刺身で出た卵も一緒に煮た時美味しかったので、今日は20匹分の卵だけで生姜の千切を入れて煮付けました、口の中で崩れ香ばしい味好きです。



2017320(月)

積丹マス釣り遠征のはずが?


積丹マス釣り遠征のはずが?

18,19日の連休に積丹町沖のサクラマス釣りに出かけてきました、メイン画像は積丹ブルーの綺麗な美国港そばの宝島です。

画像
18日は積丹町余別港から金毘羅丸に乗船してAM6時出港神威岬付近の釣り場に着き、竿を振れどもサクラマスは全く釣れず、釣れるのは、高級魚になりつつのホッケ、最近はホッケも少なくなって高額になって来たホッケが大量に釣れ終わってみると52匹、その内根ぼっけの大きいものが5~6匹混ざる。

画像
これがメタボのメガ根ホッケ1.16㎏もあった、お腹にはオオナゴがそのまま2匹入って居た。

画像
宿泊遠征なので釣れたホッケ浜ですべてホッケの背開きにして氷漬けに、内臓などはカモメとカラスが綺麗に食べてくれたゴミにならず、帰宅後の処理が楽です。

19日は美国港からAM6時仁成丸に乗船出港、サクラマスは18日積丹周辺の全遊漁船で10匹ほどの激貧釣果の為、船頭から18日サクラマスは居ないから、まさかのカレイ釣りをするから仕掛け用意との指示で、余別から余市の釣具店まで戻り、カレイ用の片テンビン仕掛けと、餌のイソメを2パック買っての乗船。
画像

真ガレイ、に交じり黒頭カレイも数枚混じって釣れました、積丹の海の資源の多さにびっくりです、なんと手のひらサイズ~40㎝前後までの大きさが入れ食い状態、2パックのイソメ餌短時間で使い切ってしまい、後は居ないサクラマスのしゃくりをひたすら振り続けましたが、サクラマスは船中0匹で沖早上がり。

画像
真ガレイが33リッターのクーラ60%の好釣果。

今年のサクラマスは不良続きです、例年は今時期から大型の板マスと言う幅広のサクラマスがゴールデンウイークまでが本番なのだが今年は今後サクラマスは釣れるのか不安になって来た。



2017313(月)

サクラマスお刺身美味


サクラマスお刺身美味

今日は太平洋のサクラマス釣りに苫小牧市勇払マリーナまで行って来ました。

画像
綺麗にウロコを取り3枚下し

画像
皮引いて5枚下し

画像
真空パックをして、急速冷凍、後日のルイベ用

画像
捌きで出た頭や中骨を荒汁に、粗塩のみの味付けなのに、サクラマスの出汁や、舞茸、ネギ、油揚げ、コンニャク、豆腐、生姜、等の味が複雑に混ざり何とも言えない旨い荒汁になった。



2017223(木)

サクラマスしゃくり完成Var.3


サクラマスしゃくり完成Var.3

先日より準備して作り続けていたサクラマス釣りのしゃくり漁具が完成。

画像
鹿角は人間の目で綺麗とか美しいと言うより サクラマスの目から見た美味しそうに見える、オオナゴやホッケ、タラの幼魚に見える様、真っ白じゃなく薄茶色や鹿角の黒いチリチリ模様を部分的に残して、魚っぽく見え良く泳ぐよう、重心位置を針側に25~30%に来るように調整、、又朝の内は浅い水深、太陽が上に来た時の底近くとか、潮の速さで重さを変えるように170g~275g迄作った。

画像
深海松のしゃくりは水に浸かると奥深い独特の輝きで、サクラマスの食欲を誘い、昨年は積丹町の余別沖で爆釣のダントツの竿頭の実績、ブルー系玉虫色に輝く、ベーリング海などの300m付近の深海にある枝状サンゴで、なかなか手に入らなくなってきた玉虫色。

今年はまだ針が到着していなく3月始めのテスト釣行に間に合うか心配です。



2017219(日)

キュウリ魚の煮魚,桜鱒しゃくり作りVer.2


キュウリ魚の煮魚,桜鱒しゃくり作りVer.2

今日はお昼ご飯のおかずにキュウリ魚の煮魚を、1週間で4回も煮たら美味しいけど飽きてきた(笑)

画像
午後から昨日の続きでサクラマス釣り用のしゃくり造り、
鉛を溶かす。

画像
続いて、鈴を20%程混入、溶解させる。
鉛に鈴を混ぜる事で鉛が硬くなり曲がりにくいしゃくりが出来る。

画像
溶かした鉛を型に流して、温度が下がったら離型して、今日はここまで。



<<
>>




 ABOUT
狩人
狩猟で得たエゾ鹿、羆「ひぐま」等の食肉処理場を保健所の許可を受けて営業しています、ひぐま肉やエゾ鹿肉は関東や関西の飲食店様にジビエのブームもあり長年同じお店からの依頼が多くなって居ます。最近はヒグマの脂や、ペットフードが良く、リピータの方が多くなり、ワンちゃん用のおしゃぶり角は超人気中。

ひぐま肉や、エゾシカ肉の缶詰なども人気が出ています。

性別
年齢60代以上
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
狩人の蔵
住所帯広市西20条南4丁目51-5
TEL0155-36-2738
営業08:00 - 17:00
時間外電話確認で深夜でもOK
定休土曜、日曜、祝日(電話確認で販売可能)
 カウンター
2009-04-27から
204,060hit
今日:32
昨日:235


戻る