養豚(9)


2011215(火)

♪仲良くしましょう。。。♪


♪仲良くしましょう。。。♪

久しぶりに豚さん達の様子です。

肥育豚舎、豚は6ヶ月、体重115キロ前後で、
出荷します。

生まれた時の体重は1キロ程、6ヶ月で体重も100倍になります。

自動給水、自動給餌、昔から見ると随分楽になりました。

一頭、一頭、塩ビ管を短く切った棒で、
立たせてみて健康の状態をチックするのが毎日の日課です。
元気がない豚さんは栄養剤の注射を打ったり、別の小さな豚房に移して様子を見たりしています。

画像
分娩舎、ここに入るには下着以外はすべて取り替えます。
一回にお母さんから生まれるのは10頭から12頭位です。
美味しそうにおっぱいを飲んでいます。

画像
おっぱいを飲んだらすやすやタイムです。
気持ち良さそうに兄弟達が寄り添って眠っています。
どんな夢見ているのでしょうか?

画像
<開放中>
携帯画像で旨く撮れませんでしたが、
火曜日と木曜日は午後から分娩者舎で開放飼育しています。
分娩されてから出荷豚になるまでの間、
分娩同腹豚房の小ロットでの肥育とはいかず、
子豚舎で2腹合わせたり、肥育豚舎へ行ったときには
また複数飼育します。

画像
<お邪魔します>
いきなり知らない場所で、知らない豚と一緒になると、
喧嘩になります。
見ず知らずの豚さんたちが一緒になって病気になったり、痩せてしまうのを防止する目的で行っています。

いろいろ考えた結果ストレス軽減のため開放飼育をしています。

いってみれば仲良し保育です♪

あっちへ行ったりこっちに来たり、違うお母さんのお乳を吸ったり、2時間後扉を閉める頃には自分のお母さんのところに帰っています。

それでも喧嘩する子豚もいますが、

小さい時からお互いの込みにケーションが
取れれば良いのですが。

子豚さんたちの小さな気配りです♪



2010107(木)

♪一段落。。。♪


♪一段落。。。♪

昨日からのしとしと雨。

一気に10度ぐらい温度がさがって一段落ですかね。

これで豚さんたちの食欲が増えて大きくなってくれれば、
OKなんですが。

「子豚さん」 夏ばてでちょっと細いかな?

日も短くなり外でのお仕事は朝早くから。

画像

水曜日は子豚さんの移動日です。
次回導入の「子豚の家洗浄」です。★

「子豚の家」の内部の高さは腰ぐらいなので、
洗浄ノズルを伸ばしたり中腰なって進んだり大変です!

段差、突起物がありますので隅々まで綺麗にします!
洗浄の後は、乾燥、消毒、石灰散布をして完了♪
オマチシテマス★

画像
「分娩豚舎」からの移動です。
初めて見る日の光、中腰でコンテナーに追い込みます。
優しく、優しく、足を痛める事があるので慎重に。

画像
「子豚の家」まではフォークリフトで運びます。
人工乳の飼料をたくさん食べて、ぷりぷりです。
病気に掛からないように、清潔第一♪

子豚さんも環境が変わるので、
数日間は良く見てあげないとダメです。

いつもの作業が終わりました♪



201095(日)

♪入道雲。。。♪


♪入道雲。。。♪

6月始めには、「今年は冷夏になる」と
気象予報士がいっていましたが、

連日の猛暑日です。

同業者で集まると、

暑くて餌を食べてくれない。
食べないから太らない(大きくならない)
豚舎が一杯だ、そんな話題になります。

こればかりは、毎年夏に経験する事ですが、
今年は、特別な夏になりました。

画像
肥育農場は余裕があるため、
頭数は収容できます。

涼しい所に好んで寝るので、豚さんは汚れています。

体重が、110キロ 通常生後6ヶ月で出荷します。
ただ、今の時期、発育は遅れてしまいます。

画像
室外の子豚のコンテナー、
今日は涼しく生き生きとした子豚たちですが、
来週から、施設の上にカンレイシャをかける、
事にしました。

画像
今日は、道内から、24頭、お母さん豚の候補
が我家の農場にやってきました。
体系も恵まれていて、丈夫な豚達です。

画像
導入豚のチエック、
生体重量、乳頭数、背脂肪厚、歩行など、
健康上状態を調べます。

ワクチンを打って、隔離豚舎へ、
この場所で、「じゅんち」という作業が、
行われます。2ヶ月間、同じ場所で、
体温測定、便の観察、行動などを見守ります。

画像
農場の森の中にある、「畜魂碑」
久しぶりに水洗いをしました。

豚肉の相場は、今は高い時です。
その時期に多く出荷したい所ですが、
旨くはいきません。

あと一週間は、暑い日がありそうです。
毎日、汗ダクですが、

美味しい豚肉を食卓に、

私達の願いです♪



201082(月)

♪夏ばてと工夫。。。♪


♪夏ばてと工夫。。。♪

今日も、一日暑かったです。

夏ばて、防止に、夕食は豚肉料理、「とんかつ」です。

大葉とチーズをはさんで、出来上がりです。

物価の王様、「豚肉」、

20年前と値段は変わっていません。
この時期に、たくさん食べて欲しいです。

次の熱波が来たら、どうしても、
試してみたい事がありました。

朝、4時起床しました、

朝の作業は、まだ楽なほうです。

昼間は、灼熱地獄ですね!

我家の分娩舎、(お母さん豚が出産をするところ)

ウインドレス構造で、窓がありません。
外気をファンによって、取り入れて、
排出するんです。 ---
ちょっと説明不足ですが。。。

豚舎、の外は、コンクリートで舗装しているので、
そのまま照り返しがきて、かなり暑いです。

またその空気を吸っているので、
豚舎ない温度は、さらに上る事があります。

分娩という一代事業を行っている母豚さんは、
さらに体力が低下します。

豚舎内部に細霧装置がありますが、

今回は、少しでも涼しくしてあげたく、
外部にも細霧を設置してみました。

画像

入気口に、試験的に細霧ノズルのついた、、
圧力ホースを取り付けました。
200リッターの容器に水をためて、
エアーコンプレッサーの力で、
噴霧します。
ここまでの工程は意外と簡単です。

画像

いざ、稼動してみました、
霧状になった水が、入気ファンにの力によって、
吸い込まれていきます。
豚舎内に、満遍なく、噴霧されていきます。

画像

午後、2時、稼動前の、分娩舎内の温度は、
34,9度、稼動して30分で、
▲ 1,4度 !! 効果ありです(喜)。。。

急に、風が吹いてきたので、
今日のところはこんな感じですが。

コストはかかりますが、豚さんの為です!
今日は、片側のみ、早速、機材を注文して、
明日には、届く予定です。

ちょとした工夫ですが、
少し、満足な一日になりました♪



2010518(火)

♪石灰散布。。。♪


♪石灰散布。。。♪

今日は、気温も上がりました。

明日は、もう少し気温が上がりそうです。

今年から、使っている、「子豚用、コンテナー」。

使い始めました。

昨日まで、コンテナーを支える、土台の鉄筋の溶接作業、
暑さもあり、疲れました。

溶接の光で、サングラスを掛けていても、
目の痛みがあります。

分娩舎から移動した、子豚を、30キロまで、
ここで、育てる事になります。

今日は、気温が高かったので、コンテナーの
窓を、開けてみました。

気持ち良さそうな、子豚達。

画像
子豚のいなくなった、分娩柵、
洗浄、乾燥、消毒、乾燥、石灰散布、乾燥
と、約、1週間の工程で、石灰の散布
まで、ようやく、行き着けます。

画像
「オールイン オールアウト」
1週間以内に離乳をした子豚の移動は、1日で
行います。全ての豚がいなくなってから、
作業に入ります。

24個の分娩柵が、一部屋になっています。
分娩予定順に、1部屋が、1週間の分娩用です。
同じ部屋が、4部屋あります。

子豚が、生まれて育つ、大切な環境なので、
常に、清潔に保つ為、石灰を(消石灰)を散布
します。
画像

石灰に、水を加え攪拌すると、化学反応で、数百度まで、
温度が上昇します。

「石灰乳」と呼んでいますが、ある程度、温度が、
下がってから、機械で、散布を始めます。
石化乳の温度で、殺菌効果もあります。

画像
全ての、飼育施設で、消毒後最終に、石灰散布を
行います。糞や、尿の、汚れがつきにくい
利点もあります。
コンプレーサーを利用して、空気の力で、
石灰乳を広く、遠くまで、散布する事が出来ます。

画像
石灰乳が、十分に乾くまで、今の季節だと、
3日、ぐらい掛かります。
ある程度、時間を置いてから、
新しい、豚を、入れる作業に入ります。

石灰散布、昔ながらの、方法ですが、
健康で、丈夫な、豚を育てる為に、
仕上げは、石灰散布で、

いつもの作業です♪



<<
>>




 ABOUT
PINK POODLE
トイプードル専門 ブリーデング ショップ 2003年開業。ご自分の目で見て、触ってじっくり、観察してください。お母さんのおっぱいを飲んでいるうちから見にこられ、成長の過程を皆様に見て頂くのも、飼い主様の楽しみになって頂ければと思います。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
PINK POODLE
住所帯広市川西町西3線69-5
TEL0155-59-2240
営業10:00 - 18:00
定休毎週 水曜日
 カウンター
2007-05-12から
375,944hit
今日:126
昨日:64


戻る