フイッシング(81)


2018114(日)

サクラマス調査釣りで爆釣


サクラマス調査釣りで爆釣

今日、十勝大津港からサクラマスの調査釣りに行って来ました。

画像
大津沖は秋鮭で有名ですが、実はいろんなさかなが釣れるんです、これは過去の大きさの記録更新のデカイ黒メヌケ(通称青ソイ)秋から雪解けまでが最高の脂の乗り、春先は産卵後で脂が無い状態です。

画像
宗八迄ジグに食らいつきます、スローピッチジャークはほとんどの魚を釣ることが出来る優れものです。

画像
産卵期?卵でなく胎生で生まれる柳の舞、そろそろさ子を産み落し時期。

画像
何時もの真鱈、

画像
本命のサクラマス14匹



2018112(金)

鹿角のタモが岡山県からプレゼント


鹿角のタモが岡山県からプレゼント

昨年12月始め岡山県から鹿の角を分けてほしいと依頼があり色々聞いてみるとタモの柄に加工するとの事、5本の注文でしが曲がり具合や太さなどがあるので倍の数を5本分として送りました、

画像
私も渓流釣りでヤマベやニジマスを釣るので、タモを1個制作して下さい、費用はお支払いしますと書いてお送りしましたところ、本日郵便で大きな箱が届きニジマス用の30㎝のタモ完成品と、24㎝のヤマベ用の木枠に鹿角を据えて送っていただきました。

画像
なんと漆塗りの高価な品プレゼントしていただきました。

画像
大きい鹿角は今猟期も沢山捕獲出来ているのでお礼に又近々鹿角を送って挙げ様と思っています。



201816(土)

網走湖ワカサギ解禁で釣行


網走湖ワカサギ解禁で釣行

1月5日午前2時過ぎ網走湖ワカサギ釣り会場到着

画像
途中0時過ぎ陸別町を通過、車の外気温度計がマイナス18℃をさしていた、日の出前にはまだまだ下ると思う。

画像
会場について見渡すと湖の河口側の杭の位置にはテントがズラリ張って満杯状態、それでも探すと、テントを畳んで場所をずれて後があり、そこにすでに開けられた穴を避けてテントを設置

画像
一度車に戻り目覚ましを6時にセットして仮眠するも5時半頃到着した車数人外で大きな声で喋りまくり、すっかり目を覚ましてその後寝付かれずテントに戻り5時40分頃から釣り始めると、まわりは暗がりなのに休み無く釣れる。今年はLEDライト2個をテントにぶら下げたのでかなり明るい。

画像
コンスタントにつれているが14時半頃仕掛けが縺れ解けないので釣り終了とした、テントの外に出てみると、ほとんどが昼でテントを畳んで帰った様で残っているテントはまばらです。

15時にテントを畳み荷物をそりに載せ、車に戻り少し仮眠して会場を後にした。

画像
帰宅後ワカサギを計量すると約4kg、後10匹以内で4kgに足していた。



20171224(日)

お正月用の祝い魚釣った


お正月用の祝い魚釣った

昨日23日(土祝)太平洋十勝沖でコウジンメヌケ(荒神目抜け)を今年の納竿釣りに早朝4:30分-10℃の豊頃町大津港より白鳥丸で7人乗船出港。
画像
出港から1時間半移動して水深550m付近に到着して準備ちょうど日の出の時間となりました。


画像
この日はめったに無い下り潮で底取が難しく苦戦、4流し目で、待望の6.5キロ超のお腹パンパンの超大型のコウジンメヌケ、お正月の(幸神)にふさわしい食材ゲット出来ました。
全部で6流し出来後はキンキ(メンメ、キチジ)、カラスハモなどが釣れました。

画像
26日夕方まで内臓の脂が回るようにあおむけで氷漬けで熟成、20㎝以上もあるキンキが小さくまるで金魚置いているみたい(笑)

その後内臓エラを抜き更に大晦日迄氷漬け、クーラーごとクレハブ冷蔵庫で熟成、元日には子供たち夫妻と孫たちが集まるのでみんなでお刺身で頂きます。

今年もワカサギ釣りから始まり、チカ、キュウリ魚、サクラマス、マガレイ、平目、キハダマグロ、カツオ、シイラ、山女、ニジマス、オショロコマ、ブリ、青ゾイ、タラ、柳の舞、キンキ、秋サケ、コウジンメヌケ等、沢山のお魚釣らせてもらいました、日本の豊かな自然に感謝、来る年も元気で大好きな釣りができますよう精進して行きます。



2017626(月)

ヒラメ釣り


ヒラメ釣り

昨日(6月25日)、帯広の釣友6人で小樽港、龍神丸小原船長にお世話になり早朝3時半出港でヒラメ釣りに出かけました。

画像
今年の初のヒラメ釣りで、長尺68㎝も釣ることが出来ました、私の過去の記録は74㎝、ヒラメ釣りを初めて6年程になりますが過去2番目の大きさで今年は幸先良い。

画像
私の釣果は68㎝を頭に35㎝までの6枚でした。

船中6人の釣果は32枚で、竿頭6枚で4人、終始雨降りの寒い釣りになりました。

画像
午前9時半沖上がりで、強い雨降りの中帰港となり、合羽を着ていても頭から足まで濡れ車の中で着替え午後15時近くに帰宅後、使用した道具を水洗いで乾燥させています。

使用した竿は1.8mオフショアールアー竿、小型スピニングシマノ4000番、ベイトリール・オシアジガーリミテット1500番等、ライン・シマノEX8PE1.5号、ショックリーダー・シ-ガーエース6号、アシストフック・チヌ用10号Wフック・フロント・リアー共、ジグ、デイプライナースロースキップ80g~130gVB、FB、SPYV等

画像
今朝の朝食に狩人農園の香味野菜と小型のヒラメ身のカルパッチョ、後のヒラメはお刺身用に氷漬けで熟成中、3日後あたりから甘みが出て美味しくなると思う、大きいのは冷凍に、後日飯寿司様に3枚真空パック急速冷凍庫へ入れた。



<<
>>




 ABOUT
狩人
狩猟で得たエゾ鹿、羆「ひぐま」等の食肉処理場を保健所の許可を受けて営業しています、ひぐま肉やエゾ鹿肉は関東や関西の飲食店様にジビエのブームもあり長年同じお店からの依頼が多くなって居ます。最近はヒグマの脂や、ペットフードが良く、リピータの方が多くなり、ワンちゃん用のおしゃぶり角は超人気中。

ひぐま肉や、エゾシカ肉の缶詰なども人気が出ています。

性別
年齢60代以上
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
狩人の蔵
住所帯広市西20条南4丁目51-5
TEL0155-36-2738
営業08:00 - 17:00
時間外電話確認で深夜でもOK
定休土曜、日曜、祝日(電話確認で販売可能)
 カウンター
2009-04-27から
247,449hit
今日:5
昨日:54


戻る