食品(60)


20181230(日)

キンキの飯寿司正月用に作った

食品×60

キンキの飯寿司正月用に作った

12月の初めに仕込んだキンキの飯寿司、少し早いがお正月用強行に樽出しをしました、すべて夏の間に自分で釣った魚ばかりです。

画像
昨夜から樽を裏返して水抜き用に6㎏の重し石3個積み上げていたが、夜中の地震で心配になったので見に行ったが、震度3程度では倒れず、ちゃんと乗っかって水抜きをしてくれていました。

画像
水抜き後防腐用の笹の葉を剥がした状態、1週間位い早いが、美味しく食べれそう。

画像
300g入りパック16個が出来ました。

自分で釣ったキンキはまだ20匹以上冷凍中、この後、桜ます、ヒラメ、メヌケ、ブリ、サケ、青そい、等がまだ沢山冷凍中で順次漬け込み仕上げて行きます。

樽ごと入る3畳のクレハブ冷蔵庫があるし、出来上がった品を1年中冷凍保管できる6畳のクレハブ冷凍庫があるので夏でも飯寿司や漬物が出来るのは嬉しいです。



20181224(月)

ひぐま味付け肉とももスライス肉

食品×60

ひぐま味付け肉とももスライス肉

飲食店関係のヒグマブロック肉は12月20日完売いたしました。

個人向けのヒグマ肉の味付け焼肉用や鍋屋約肉用のももpスライス肉を少量ですが加工いたしました。

ハンターでもなかなか口にすることが出来ない貴重な肉です。

画像
今年は飲食関係のお店から再々の注文で一般向けのヒグマ肉は例年の半分くらいしか残すことが出来ませんでしたが、リピータの方が多いので、時々製造して通販致しますが常に品薄で来年の10月まで少数ずつの販売になります。

画像
前回製造分は1か月以内で完売になり予約の人の分と半分は通販サイトに投稿しています。

画像
問い合わせの多いもも肉スライス今回は2キログラム程通販サイトに出しました。

http://kariudonokura.jp/

羆の肉は脂が美味しく、脂の無いクマ肉は固く味もよくありません、よく言われる、クマ肉を味噌や生姜、にんにく等の匂い消しに、ごてごてに入れて調理しているのを見ますが、すべて処理が悪く獣臭い匂いがするなどと言われますが、狩人の蔵のクマ肉は、飲食関係者から全く匂いがしなく、軟らかいと、評価されて、再三注文が入ります、処理が確りされたクマ肉は、塩を振っただけでフライパンで素焼きで、美味しく柔らかく臭みが無いです、大きい熊は固いと言われますが大きい熊の方が美味しく、狩人の蔵では、ドライエイジングで長期冷蔵庫で熟成させているので、軟らかいです。



20181114(水)

ヒグマ肉とエゾシカ肉

食品×60

ヒグマ肉とエゾシカ肉

160㎏のヒグマ25日間冷蔵庫内でドライエイジング熟成をかけた枝肉、骨抜をして、1㎏前後の小ブロックにして急速凍結処理をしました。

画像
ヒグマの肉は処理の良し悪しで味や食感匂いなどで極上の肉や最悪の不味い肉になり処理技術の腕の見せ所です。

画像
美味しく熟成されたヒグマの肉、どなたでも簡単にフライパンなどでジンギスカンのように焼肉にして食べれれるように、特製のたれに漬け込み400gの真空パック急速冷凍をしましたので「狩人の蔵」の通販サイトから入手出来ます。

画像
エゾ鹿のドライエイジング熟成肉のもも肉をスライスして130gの真空パックにして急速冷凍をしました、帯広市の近郊の焼肉店様から4年ほど前の新装開店以来毎月コンスタントにご注文を頂き製造した品本日納品してきました。

画像
ドライエイジング熟成肉、熟成期間終了を待つ枝肉類



2018111(木)

ワカサギ佃煮作り

食品×60

ワカサギ佃煮作り

網走湖のワカサギ釣りで約4kg釣れて、塩振り焼き、天婦羅、社員におすそわけで230gが残り塩振ってぬめりなどを洗い落として、大きな笊で水を切って1晩低温で乾燥。

画像
30㎝の深型フライパンで、調味料を煮立てワカサギを静かに入れて中火で煮込み生姜のしぼり汁を加えて丁寧に灰汁取り。

画像
水飴を流して、落し蓋をして水分が少なくなるまで弱火で3時間半でやっとトローリとした煮汁すこぅしだけ残った、冷まして遅い晩酌、これは佃田煮もビールも旨い。



2018110(水)

ワカサギ天婦羅揚げ

食品×60

ワカサギ天婦羅揚げ

今日は朝からワカサギの天婦羅を揚げていました。

画像
揚げながら摘み食いでお腹一杯、眠くなってきた。



<<
>>




 ABOUT
狩人
狩猟で得たエゾ鹿、羆「ひぐま」等の食肉処理場を保健所の許可を受けて営業しています、ひぐま肉やエゾ鹿肉は関東や関西の飲食店様にジビエのブームもあり長年同じお店からの依頼が多くなって居ます。最近はヒグマの脂や、ペットフードが良く、リピータの方が多くなり、ワンちゃん用のおしゃぶり角は超人気中。

ひぐま肉や、エゾシカ肉の缶詰なども人気が出ています。

性別
年齢60代以上
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
狩人の蔵
住所帯広市西20条南4丁目51-5
TEL0155-36-2738
営業08:00 - 17:00
時間外電話確認で深夜でもOK
定休土曜、日曜、祝日(電話確認で販売可能)
 カウンター
2009-04-27から
273,539hit
今日:8
昨日:26


戻る