男のおもちゃ箱(少年野球)(9)


2012819(日)

キャッチボール


キャッチボール

皆様お久しぶりです。 サケオです。

今日、久しぶりに息子と キャッチボールをしました

いつ以来だろう…


中学校に入ってからは 日が暮れるまで野球部の練習
帰宅しても すぐに塾へと出かけていき 今の中学生の忙しいこと…

休日は練習試合、その後の投球制限などもあり
親子でキャッチボールをする機会がすっかり無くなっていました


共通の趣味を持つことなどもあり、日ごろから息子との会話は
比較的多いほうではないか と思っています

でも、会話の中からでは 感じとることの出来ない息子の成長を
キャッチボールは教えてくれます



特に会話もなく、黙々とボールを受け
そしてまた 息子の胸をめがけて投げ返します



小学校3年生の時に、1mの距離から始めたキャッチボールも
中学校3年生になった今では、20m以上も離れています

でも あの頃よりもお互いに、ボールに込めた想いは多く
男同士の距離は より近づいているように感じました


実はこの20m少々という距離は、私の投球の限界であり
息子自身は、もっと長い距離でのキャッチボールができます

背丈も、来春には私を追い越していることと思います。

そのことが 少しだけ寂しくもあり、また 頼もしくもあり
なにより、嬉しくもあり…


色々な思いを込めて、 大きくなったなぁ…  と感じました


白球は 夕暮れの空に、ゆっくりとした弧をえがきつつ
私と息子の間を行き来しては、バシッ!と高い音を響かせて
グローブの中に納まります


この夏 ハードな日程だった、全ての公式戦が終わった直後
息子と二人で車に乗った時、不意に後ろの席から声をかけられました

『父さん、色々と大変だったでしょ。 ありがとう』

本来であれば

『なにが大変なもんか!こんなに楽しませてもらって
 こっちの方が ありがとうって言いたいくらいだ!』

と言い返すべきところ、不覚にも声が詰まって何も言えませんでした


球児達の最後の夏は、思いのほか短く あっという間に過ぎていき
多くの場合、暑さがピークに達する前に受験生へと名前を変えていきます

そして春からは、また新しい目標に向い 大きく成長してくれる事を願いながら
頭のかたすみでは、3年後にはもう息子の球は捕れないなぁ… 怖くって(涙

などと考えてしまいました


雲のたかい よく晴れた秋空のしたで
とっても楽しい時間でした。

画像

あっ… イチロー君は今日も元気です。



20091018(日)

男の子の成長


男の子の成長

あっ…今日は文章のみの独り言です  …しかも長文の(笑

ある方が言っていました
『父親が 男として息子に教えてやれることは
 どんなに頑張っても7割が限界なんです
 後の、3割は地域の人や 友達の父親など
 血のつながらない大人の男に任せるしかない』

早くに父を亡くした私には、なんとなく その言葉の意味が分かるような気がしました

子供の頃から仲のいい友人は、早くに両親を亡くし祖母と少し歳の離れた兄に育てられました
二人で遊んでいても、側にいる大人は 私の母一人でした
なので二人とも『男』については、社会に出てから多くの事を学んだように思います。

さてマグロ君
小さい頃から臆病で、クシャミの音にもビックリして泣き出す子でした
幼稚園では滑り台の列に 割り込みされても何も言えずに 結局見てるだけ
「甘やかせ過ぎだ」「こんなんで大丈夫か?」義父が、よく心配していました

2年生の冬、何を思ったか突然『僕、野球をやりたい』
3年生の春に入団するも、キャッチボールも出来ません
年下の子達の方が、ずっとずっと上手でマグロ君もビックリです!
この時から、野球の自主練習が始まります  家庭学習はそっちのけ…

ある冬の日、屋内練習を見に行くと、顔中血まみれのマグロ君が…
どうやらノックの打球を鼻でキャッチ!したもよう
指導者に少し休むように言われるも、雪で顔を拭き、また練習に戻り
『こ~い!』 大きな声でノックを要求  父さんもビックリ
その日、顔で受けた?打球、計4回…  指導者の方が心配そう…

昨年の秋、新チームの編成と共に 主将に指名されたマグロ君
勿論、ノックを受けるのは一番最初です。もの凄い打球が次から次へ… 
やがて足がもつれて、声も出なくなった頃に 監督からガッチリ怒鳴られます
そして再び続くノック…

後ろで順番待ちをしている子供達は、緊張します
だらだら練習をして、怪我をしないための見せしめもマグロ君の役目です

手を繋ぐと、ぷにぷにと気持ちの良かった可愛い手も今は…
ガチガチのゴツゴツした男らしい手に

少年野球最後の夏は、チームメイトに恵まれ
数十年ぶりに大きな大会へも駒を進める事ができ
我少年団史上でも記憶に残る、最高の夏になりました

入団当初は、試合中にベンチで寝てしまった子も
外野で砂遊びを始めた子も
グローブを頭の上に乗せていた子も
そして、キャッチボールも出来なかったマグロ君も
みんな大きく、逞しく成長しました

厳しい練習や、きつく叱ったあとには
コッソリとメールをくれ、子供達のケアを頼んでくる指導者
優しく指導してくれる、チームメイトや対戦相手の親達
練習の手伝いに来てくれる卒団生や その父兄、連盟の関係者

みんなマグロ君の大好きな大人達です

マグロ君と一緒に、私も成長させて頂いたと本当に感謝しています

あっ!と言う間の楽しかった4年間


マグロ君、本日 卒団式です

行ってきま~す



2009105(月)

銅のいいまつがい…


銅のいいまつがい…

野球小僧のマグロ君
先日、少年野球最後の大会に臨むも 初戦からいきなり強豪チームと顔合わせ
まさかの初戦敗退!

しかし、最終回には逆転のランナーを溜めるまで接戦の好ゲームに
マグロ君は大満足の様子でした(笑


その夜……  ピラリ~ ぷぴぃ~ ←携帯の音


どうやら、一部お父さん達による残念会が開催されているとのお誘いが…

画像

サケオ
『ど~も~! あら? どしたの? なんか暗くない?』

一徹
『サケオさん!今日のゲーム!俺は まだ信じられないよ!』

サケオ
『えっ?何で??子供達は楽しかったみたいですよ』

ジョー
『か~~!あまい! 初戦敗退ですよ!』

サケオ
『あ、はぁ… (やべ…なんか騒ぐ雰囲気じゃないな…)』

重い空気に、取り合えず聞き手に徹するサケオ
やがてヒートアップしたジョーの言葉に、一徹が一言!

一徹
『そこだ!あとヒッポイットンが出ないんだよ!!』

画像

サケオ
(うぁ~笑 今、ヒッポイットンって言ったよねぇ~笑 )

しかし、誰もソコには突っ込まずに 熱い話は続きます

え~! 面白いのに~  なんで誰も笑わないんだろう??
これでは、私が突っ込みを入れるわけにもいかず…
ひたすら笑いを堪えて我慢我慢!

ヒッポ1t? ひっ!ポイッ!とん? それとも…ひっぽいトン?

あぁ~ 気になる~!

画像

そして無限に広がる妄想の世界…

そう言えば年末に… タニシが『まぜるな危険』を『きぜるなマゼン』って言ってたな~

マゼンって… 何だろう?


一徹
『サケオさん!聞いてるの!』

サケオ
『えっ?? あぁ… はい…
 まぁまぁ、最後まで全力で戦った結果だからイイじゃないですか!
 勝ち負けは!
 それに今日の対戦相手は、多分決勝まで行きますよ!
 事実上の準決勝だと思って
 今日は楽しく飲みましょうよ~!ヒッポイットンを肴に!』


マグロ君!もうすぐ卒団です(笑



2009818(火)

マグロ君 作品考証


マグロ君 作品考証


『こんばんわ! たいへん ご無沙汰いたしております!
 実況の間です。 今夜はいよいよ夏休み最後の夜ですので
 恒例?のマグロ君の作品を見てみたいと思います
 解説は何時もの様に、抜種さんにお越し頂きました
 抜種さん、宜しくお願いします』

抜種
『宜しくお願いします』


『マグロ君、今年も野球漬けの夏休みの様でしたが
 自由研究の工作の方は大丈夫だったのでしょうか?』

抜種
『いやぁ~、前半に宿題を終わらせたところまでは良かったのですが
 自由研究に関しては、すっかり忘れていたようで…
 最終日に慌てて作ったと伺っています』


『う~ん… マグロ君らしいですね…
 でわ!早速!期待と不安を込めて、作品を見てみたいと思います』

画像


『こ…れ…はぁ~  あっ!
 ユニフォームを作ったと言う事… ですね? 抜種さん?』

抜種
『……どうやら、その様です…』


『しかし、見覚えの無いユニフォームですが…
 どこのチームでしょうか?』

抜種
『恐らく、オリジナルでしょう…』


『あっ、後ろ向きの画像も有るようなので見て見ましょう』

画像


『先ほどから気になっていたのですが…
 あのマークは…』

抜種
『はい、世界の あのマークですね…
 メーカーの人に見つかったら… 怒られちゃいますね…』


『大丈夫なのでしょうか… マグロ君…』

抜種
『まぁ~ 世界のニケですよ!
 ちっちゃい事は気にすんなぁ~ ワカチコワカチコ~』


『…抜種さん …大丈夫ですか? 微妙に古いようですが…』

抜種
『失礼な! 変なモノは吸ってませんよ!』

画像


『あっ!抜種さん!この肩のマークは!』

抜種
『おぉ~ これは… 北海道の野球小僧にはたまらない一品ですヨ!』


『しかし… どうやら自作の様ですね… 』

抜種
『盗作尽くめの今回の作品…
 夏休み明け、マグロ君が起訴されないことを祈るばかりですネ…』


『まぁ、その心配は無いでしょうが…
 それでは、また次回! マグロ君が無事でしたらお会いしましょう!
 本日の実況は間、解説は抜種さんに お越し頂きました!
 抜種さん、ありがとうございました!』

抜種
『ありがとうございました』



200961(月)

重い”コンダラ”2009


重い”コンダラ”2009

重いコンダラ! 試練の道を!

お待たせいたしました! コンダラのシーズン到来です!

  えっ? 待ってない…   あれ??

今回はなんと、実に珍しいコンダラを発見したので ご報告します
勿論、大人数にふくれ上がった『コンダラ探索隊』も出動です!


このコンダラ、小学生では普段 なかなか見ることの出来ない場所に生息しています
今回、マグロ君達に連れて行ってもらう事が出来、初めて撮影に成功しました!

画像
画像

このコンダラは『日本コンダラ製鉄㈱』製ではなく『TOKO』製です
今までのコンダラと、コンダリングバーの構造が違い、けん引専用のようです
しかも、かなりの重装備で泥よけまで装備されています
また、コンダローラーが横にニ連装され、作業効率の高さを想像させます
コンダラ界のランクル的存在なのでしょうか

それに、どこか気品のある物腰…

そう! このコンダラ! 何と

お誕生日や車体番号も確認できる、血統証付きのサラブレットなんです
しかしコンダラ探索隊隊員の中には、まだカタカナが読めない子も居るので
血統証を読んで聞かせ、今までのコンダラとの違いを説明しました

画像

今年は、マグロ君達のおかげで、今回の様な珍しいコンダラを沢山発見できそうです!

サケオ隊長
「今年は、お泊りでコンダラを探しに行くぞ~~」

隊員
「やった~! でも僕、ママと一緒でないと寝れな~い」



<<
>>




 ABOUT
エデン帯広
シンプルに、ペットとの想い出を大切に出来る場所。
気軽に立ち寄れる空間を意識した、新しいスタイルのペット霊園です。

お問合せ電話番号
(0120)25-2284

↓ゆる~い気持ちで御覧下さい…

性別
年齢40代
エリア十勝
属性事業者
 カウンター
2008-06-04から
144,740hit
今日:4
昨日:17


戻る