カレー(5)


2020622(月)

今日のカレー グリコ 期間限定LEE 辛さX30倍 神出雲唐辛子使用 2020.06.22


今日のカレーはグリコ 期間限定LEE 辛さX30倍 神出雲唐辛子使用 芳醇スパイシーです。
画像

今年もこの季節がやってきたということです。
過去には辛さ増強ソースが付いていて45倍まで楽しめたりしたこのシリーズ。
有名なハバネロからジョロキア、トリニダードスコルピオンだのと辛さの世界一を更新したものなどを使ったりしていましたが、ここ最近は日本国内の唐辛子を使い食べ物としての安全性が保たれているようです。
この路線になってからは辛さに挑戦というよりも、それまで知らなかった唐辛子を楽しむことへと目的がシフトしています。
トニニダ(略)のように自らの辛さで苦しみもがき歪んだかのようなものを食べることも刺激的ですが、より文化的な刺激とも言えるような気もします。

神出雲唐辛子は全唐辛子中7%使用とのこと。
それでも十分これまでにない独特の香りを楽しめます。
不思議なことに初めての香りのはずがどこか懐かしく、そして日本的だなと思わされます。
30倍としてではない形で日本の唐辛子シリーズがあっても、とも思います。

そして思えばLEEらしいどろりとした粘度。
たっぷりとあるそのルーがしっかりとご飯に絡む独特の口当たり。
原材料欄の第2番目にラード、と書かれているのは伊達ではないということでしょうか。
もはや具は牛肉のみ。



2020224(月)

今日のカレー 函館五島軒 明治のカレー 2020.02.18


今日のカレーは、函館五島軒 函館限定 明治のカレー、です。

明治12年創業当時の
初代若山惣太郎のカレーを
高品質な北海道産SPFポークや
吟味した材料にこだわり再現
本店レストラン雪河亭自慢の
プレミアムカレーです。

とのことです。

画像
まず驚いたのがパッケージと遜色ない現物。
誠実な印象と同時に商品に対する自信までもが伝わってきます。

雰囲気はまさに懐かしいカレー。
カレーが今よりずっとご馳走だった頃の雰囲気が、小麦粉の風味と懐かしいスパイスの香りと旨味でバランスされています。
ちょっと甘いかなと思いつつ原料を見ると、チャツネより砂糖の方が多いことに加え、さらにブドウ糖も使用されています。
甘いものが貴重だった頃をも再現しているかどうかわかりませんが、玉ねぎ、果物も使われているところにさらになのにはそれなりの意図があるのだと思います。
スパイス感、旨味ともに万人受けするようなバランスのように、誰もが持つ懐かしさの引き金を確実に引くもののように思えます。
一口で明治という時代に行った気分になると言いたくなる気持ちにもなります。

画像
それに比べてしまうとこちらの暴力性が際立ちます。
今日は奇しくも食べ比べとなったせいかどこか薬臭さまで感じる始末。
ルーなのか、あとがけの激スパイスによるものなのかはわからずじまい。
しかしカレーのスパイスを押しのけて主張してくる一本まんまの唐辛子にしょうがないやつだなと思わなくもなく。
今回、意外と具が大きいことに気づきましたが好みは小さめの具という。。

画像
そしてやっと一口分たまったので応募しました。
がっちり当たりますように。
当選の発表はこのブログ上にて。
発表がなければ推して知るべしということで。。



2019610(月)

今日のカレー オリエンタル 激カレー スパイシービーフカレー 2019.05.21


今日のカレーはオリエンタルの激カラ激ウマ 激スパイス付き 激カレー 辛口 唐辛子の刺激的な辛さとにんにくの旨味を煮込んだスパイシービーフカレーです。
一本まんま入っている赤い唐辛子にテンションが上がります。
激スパイスでさらに辛さ爆裂とのこと。
ここは激烈ではないのですね。

画像
にんにくと唐辛子の押しが強い実に男らしいカレーです。
あまりに直情的な表現に他のことは全部吹っ飛んでしまいます。
食べてるうちにじわじわとカレーの認識がにんにくと唐辛子の料理へと染められていきますし、この味に慣れてしまうと他のカレーが軟弱に思えなくもないかもしれません。
一言で表現するとゴリラみたいなカレーです。
ゴリラがトレードマークのカレーは他にあるので、おそらく商品陳列棚の記憶の影響だと思います。

外箱のオリエンタル坊やのマークを切り取ってゴールドスプーンを当てるのが夢です。



201964(火)

今日のカレー LEE トムヤム風チキンカレー 辛さX10倍 2019.06.04


今日のカレーはグリコのLEE トムヤム風チキンカレー 辛さX10倍です。

画像
トムヤム風と聞いて辛くて酸っぱいあの世界三大スープの一つを想像してしまいましたが、LEEを薄めてタイカレーで割ったように感じます。
また麻辣ビーフカレーのLEEを食べた時にも思いましたが、なぜLEEでやったのかが実に不思議です。
LEEらしからぬゆるめのルーと甘みも気になります。
そうであったとしても、どちらかというともっと振り切ったものを期待していました。

LEEというシリーズはジャガイモが固形から溶かし込む形になったり、マッシュルームが省かれよりシンプルになったりと長年様々な変更がなされ生き残ってきたシリーズだと思っていました。
しかし今年は限定の辛さ倍増ソース付きのX45倍はなく、それに代わってこれらや辛さ倍増ソースなしのX30倍にタオルや扇風機が当たる懸賞キャンペーンになっていたりと涼しさを感じさせる展開です。

決定的な何かが起きているような気もしつつ、よく見たら既にジャガイモも使われなくなっていました。

そして何より、懸賞応募用のシリアルナンバーが付いてないパッケージだったことが残念です!



2019530(木)

今日のカレー ホッケのフライカレー グリコ LEE辛さX30倍 2019.05.29


今日のカレーはホッケのフライ(半額)カレーです。
グリコ LEE辛さX30倍を使用しています。
思ったよりも量があり決壊寸前です。

画像
個人的にはカツカレーよりも好きで以前は時々食べていました。
カツのようにモソモソしないし、ホッケ自体の味もカレーともご飯ともなじむように感じます。
ですがやはりスパイスの芳香感はフライの香りに奪われてしまいます。
スパイス感の弱いカレールーとは相性がいいのかも、と思わなくもありません。
しかしどこかカレーが揚げ物のソースと化しているような気がしなくもありませんし、ホッケのフライ自体は醤油をかけた方がおいしいです。
でもカツカレーよりはおいしい、などと食べている間中行ったり来たりします。
出汁系のカレーならまた違うのかもしれません。



<<
>>




 ABOUT
もごち
お世話になっているお店でいただくまかないと、その日あったことや気付いたことを記録しています。

属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2018-11-23から
63,026hit
今日:84
昨日:147


戻る