まかない(212)


2019922(日)

今日のまかない ラムの炒め物定食 2019.09.21


今日のまかないはラムの炒め物定食です。
北海道らしくジンギスカン風味となってます(結果的に)。

画像
食べ始めは羊肉を使った炒め物で、噛むほどにジンギスカンが顔を出してくる感じです。
理由は使ったラムが個人的に研究開発しているジンギスカンだからなのですが、今回タレの量が少なかったばかりにマスターの手によって炒め物へと生まれ変わりました。
色を黒くしたり、豆板醤を入れたりと様々なプロセスを経ても消え去ることのないジンギスカン臭にベースが完成したことを確信しました。
いずれどこかでこの手仕込みジンギスカンが陽の目を見ることがあったりなかったり・・といったこととは別に、ただジンギスカンが作れたことに非常に満足しています



2019920(金)

今日のまかない ニラと玉子の辛子炒め 2019.09.20


今日のまかないはニラと玉子の辛子炒めです。
忘れ去られがちな良さが最も大切にされているかのような料理です。

画像
玉子のもろもろ感、ニラやタマネギの甘み、鷹の爪の風味と辛味。
素朴な味付けゆえにそれぞれの良さが楽しめるということは、ある意味一皿で多様性を成立させているように思います。
ゆえに食べ飽きることなく、食べ終わりまで新鮮な印象です。
言い換えればこれを調味料の旨みや香りでもっていくと、途端にひとかたまりの単調な料理になってしまいそうです。
素材が持つ良さをそのまま楽しむことは、調理の技術的にも時代的にも意外と難しいのかもしれないと思ったような気もしなくもなく。



2019920(金)

今日のまかない 肉末四季豆(ルーモースーシードウ) 2019.09.19


今日のまかないは肉末四季豆(ルーモースーシードウ)です。
いんげんのひき肉炒めです。

画像
旬なのか、以前よりいんげんが甘く感じられます。
すっきりとした旨味と辛さを意識させない程度の辛味によってなのかもしれません。
そして思えばいんげんが主となる料理を食べることはあまりないかもしれません。
主となるものを引き立てる要素で構成されているようにも思います。



2019918(水)

今日のまかない 鶏カレー 2019.09.18


今日のまかないは鶏カレーです。
手作りのガラムマサラを使用しました。

画像
市販のガラムマサラに比べ爽やかさがあります。
とにかくスパイスを楽しむことが主です。
時々弾きが荒い粒に当たるのも個人的には気に入っていますが果たして。。



2019917(火)

今日のまかない もやし炒め定食 2019.09.17


今日のまかないはもやし炒め定食です。
どんなに増税や年金の支給形態が変わろうが、公共放送が「皆様の受信料によって」というフレーズを使わなくなろうが、または世界が勝ち馬に乗るかのようになろうがいつでも民の味方でいてくれそうなそんなもやしが主役の炒め物です。

画像
作る人によってもやし炒めもここまでおいしくなるか・・という思いです。
香ばしさが引き出されたもやし、玉ねぎの甘みと旨み、それに加えて鷹の爪の風味と辛さとでご飯がすすみます。
一方で味付けはすっきりと見通しが良いので具材それぞれを味わえるうえに食べ飽きすることもありません。

こういうものをいただくことによって目標ができ、そして口はばったいですがそこに達してから様々に調整できればいいなと思います。
そしてまた、個人的には大衆的な素材や料理をいかにおいしくということに何か情熱のようなものを感じますが気のせいかもしれません。



<<
>>




 ABOUT
もごち
お世話になっているお店でいただくまかないと、その日あったことや気付いたことを記録しています。

属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2018-11-23から
31,621hit
今日:21
昨日:142


戻る