201739(木)

2017武陵源・鳳凰・広州(2)~絶景の世界遺産・武陵源風景名勝区~

×326

2017武陵源・鳳凰・広州(2)~絶景の世界遺産・武陵源風景名勝区~

世界遺産に登録されている「武陵源風景名勝区」
エリアがあまりに広いため、隈なく見て回るには1週間はかかってしまいそうです。
今回は2日間で必見ポイントだけ押さえてみます。
画像
2日目は宿から近い「武陵源ゲート」から入場
入園料は4日間有効で136元(約2250円)
まずはシャトルバスで百龍エレベーター麓まで乗車。
画像
この日もあまり天候が良くなく、周辺は雲に覆われています。
画像
「百龍エレベーター」
屋外のエレベーターとしては世界一の高さ
断崖絶壁を330m、1分で一気に駆け登ります。
もちろん窓はガラス張りで・・怖すぎる!
<トップの写真>エレベーターの頂上から
画像
頂上周辺は雪になっています。
ここから先のシャトルバスは何と運休!
画像
「天下第一橋」
画像
寒いので・・生姜湯で温まります。
そして、昼食にも温かい麺。
「楊家界」という所までやって来ましたが・・
その先のバスがありません。次の目的地「天子山」までは約10キロ、歩いて行くにも厳しそう。
 タクシードライバーが声をかけてきました。「200元で行ってあげるよ」・・と、いくら雪道でも高すぎるので130元まで値切って乗り込みました。
画像
途中、車が立ち往生。滑ったので慌ててチェーンを巻いてるみたいです。
この雪道を夏タイヤで走っていたとは・・
そんなこんなで、1時間かかって「天子山」へ
画像
ここもかなりの積雪。
画像
「石家槍景区」
運良く雲が取れて、奇岩の絶景が見え始めました。
画像
「仙女散花」
雪化粧もなかなか趣きがありますね!
画像
「天子山ロープウェイ」で今度は下り。
前日のロープウェイ以上にとんでもない所を通っています。
画像
下山後は武陵源市街を散策。
画像
「渓布街」という観光街はライトアップが素敵!
画像
初日はここで夕食。
画像
そして2日目、プルマン張家界の中華レストランで
「土家三下鍋」をいただきました。
この地に暮らす少数民族トゥチャ族の鍋料理です。

その(3)へつづく

2017武陵源・鳳凰・広州(1)~帯広から3回乗り継ぎ張家界へ~
2017武陵源・鳳凰・広州(3)~張家界からバスで5時間、鳳凰古城へ~
2017武陵源・鳳凰・広州(4)~中国で最も美しい街”鳳凰古城”~
2017武陵源・鳳凰・広州(5)~銅仁空港から広東の省都・広州へ~
2017武陵源・鳳凰・広州(6)~「食は広州に在り」は本当?~

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(宿のホームページ)へ外部リンク

2007年から公開している「カンタベリー」の旧ホームページ外部リンク

エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ外部リンク

  ペンション・民宿ブログ ランキング 現在5
にほんブログ村 ペンション・民宿・貸別荘外部リンク

  北海道旅行ブログ ランキング 現在10
にほんブログ村 北海道旅行外部リンク

  カフェブログ ランキング 現在37
人気ブログランキングへ外部リンク

<ブログランキングに参加してます。←のところをクリックして応援してね!>

「マイとかち」会員以外の方へ・・
こちらから
エキサイトブログ(同記事)外部リンク
この記事へコメントができます。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
エゾリス・カンタ
はじめましてエゾリスのカンタと申します。一昨年この森の住人になったご主人様がボクのことをこう呼んだのでボクの名前は「カンタ」だと思いました。どうぞよろしく。好きなものは「クルミ」です。嫌いなものはカラスくんとキツネさんです。怖いんだもの。得意なことはカラマツの枝から枝へひとっ跳びすることです。

エリア中札内村
属性事業者
 GUIDE
cafe&宿 カンタベリー
住所中札内村南常盤東4線285-25
TEL0155-68-3899
営業10:00 - 17:00
定休木曜日(カフェ)、通年営業(宿)
 カウンター
2008-12-07から
718,767hit
今日:11
昨日:70


戻る