20121218(火)

全州・慶州と釜山・ソウルの旅vol.2~全州・伝統的韓屋マウルを歩く~

×422

全州・慶州と釜山・ソウルの旅vol.2~全州・伝統的韓屋マウルを歩く~

群山市からは市外バスで全州に向かいます。
画像
群山のバスターミナル
(韓国の交通はバスが中心、各都市には必ず大きなバスターミナルがあります。)
約1時間のバス旅・・

全州市は全羅北道の道都であり
歴史のある古都でもあります。
新市街近くにあるバスターミナルに到着
今回の宿は韓屋マウルという旧市街にあるので
タクシーで向かいます。
画像
約1キロ四方のエリアに韓国の伝統家屋が
ぎっしりと軒を並べています。
画像
この中の韓屋(伝統家屋)の1つが今回の宿
画像
一楽堂(イーラックダン)韓屋です。
画像
庭先にはキムチの壺・・
韓国の伝統的風景です。
画像
宿のお部屋はオンドル部屋
建物は古いのですが、内装は新しく快適です。
画像

韓屋マウルの散策です。
画像
土塀と瓦屋根の建物は少し日本に通じるものもあります。
画像
伝統家屋の多くは宿、レストラン、カフェ、お土産屋
博物館などとして利用されています。
画像
こちらは「全州工芸品展示館」
画像
「全州マッコリ博物館」展示の人形がかわいいです。
画像
韓屋マウルの中心にある名所
「慶基殿」
朝鮮王朝の始祖李成桂の肖像画が保管されています。
画像
「豊南門」唯一残っている全州の城門です。

オモッテという韓屋が一望できる高台に登ります。
画像
王様が町並を眺めながら宴会を開いた場所だそうです。
画像
眼下に広がる瓦屋根の街並みだけは当時と
変わらないのかもしれません。

<次回 vol.3へつづく>

全州・慶州と釜山・ソウルの旅vol.1~温陽温泉から郷愁の港町・群山~へ
全州・慶州と釜山・ソウルの旅vol.3~食の都・全州を食べ歩き~へ
全州・慶州と釜山・ソウルの旅vol.4~20年ぶりに訪ねる慶州の世界遺産~へ
全州・慶州と釜山・ソウルの旅vol.5~良洞マウルと慶州市内の遺跡を歩く~へ
全州・慶州と釜山・ソウルの旅vol.6~韓国第2の都市・港街釜山を歩く~へ
全州・慶州と釜山・ソウルの旅vol.7~港街釜山の別の顔・西面・温泉など~へ
全州・慶州と釜山・ソウルの旅vol.8~釜山ビーチリゾート海雲台・広安里~へ
全州・慶州と釜山・ソウルの旅vol.9~韓国人気ドラマロケ地めぐり・清洲~へ
全州・慶州と釜山・ソウルの旅vol.10~ソウル1 東大門・江南・ヨイド~へ
全州・慶州と釜山・ソウルの旅vol.11~ソウル2 景福宮・北村・仁寺洞~へ
全州・慶州と釜山・ソウルの旅vol.12~ソウル3 路地裏グルメ食べ歩き~へ
全州・慶州と釜山・ソウルの旅vol.13~今回、韓国の旅でのお土産~へ

café&宿カンタベリーのホームページ(宿泊とカフェの案内など)へ外部リンク

エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ外部リンク

ペンション・民宿ブログ ランキング 現在
にほんブログ村 ペンション・民宿・貸別荘外部リンク

  北海道旅行ブログ ランキング 現在10
にほんブログ村 北海道旅行外部リンク

  カフェブログ ランキング 現在37
人気ブログランキングへ外部リンク

<ブログランキングに参加してます。←のところをクリックして応援してね!>






 コメント(2件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
エゾリス・カンタ
はじめましてエゾリスのカンタと申します。一昨年この森の住人になったご主人様がボクのことをこう呼んだのでボクの名前は「カンタ」だと思いました。どうぞよろしく。好きなものは「クルミ」です。嫌いなものはカラスくんとキツネさんです。怖いんだもの。得意なことはカラマツの枝から枝へひとっ跳びすることです。

エリア中札内村
属性事業者
 GUIDE
cafe&宿 カンタベリー
住所中札内村南常盤東4線285-25
TEL0155-68-3899
営業10:00 - 17:00
定休木曜日(カフェ)、通年営業(宿)
 カウンター
2008-12-07から
924,741hit
今日:33
昨日:185


戻る