201792(土)

十勝鉄道&とてっぽ通


十勝鉄道&とてっぽ通

 かつて、市中心部(帯広駅周辺)から川西方面に向かって鉄道が走っていました。

 ↓ 当時の鉄道路線図

画像


 ↓ 現在の記念碑前の交差点(かつては、道路と鉄道が複雑に交差し、長~い遮断機がありました)

画像



 愛称「とてっぽ」として親しまれた十勝鉄道の跡地(一部)は、歩行者・自転車専用道路の「とてっぽ通」となっています。

画像


 西6条南17丁目から31丁目まで、総延長2キロほど。5つに区切られ、それぞれ、「出会いの小径」「想い出の小径」「せせらぎの小径」「ささやきの小径」「いこいの小径」と名付けられています。

画像


 想い出の小径には、当時、ビート(甜菜)を運んでいた蒸気機関車が展示されています。(トップ画像も)

画像


画像




画像


画像


 ナナカマドの実が少~し色づいていました。

画像



[十勝鉄道](帯広市史・平成15年編 P209)

 北海道製糖株式会社の傍系に十勝鉄道株式会社があり、大正12年4月に創立された。原料ビート輸送に主目的があったが、一般の旅客貨物も扱い、帯広町と川西・芽室の日高山脈の麓を結ぶ交通路として、南十勝開発の動脈の機能を果たした。

 しかし、戦後自動車輸送の発達に伴い昭和32年8月、字川西以南の営業線の大部分を廃止し、昭和34年11月には残る大通駅以南のすべての営業を廃止した。なお、この線路跡は道路として、また、市街地においてはトテッポ通りとして利用されている。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
食いしん坊主
日本全国を歩き回り、美しい風景を写真に撮り、美味しいものを食べ(特にラーメン・日本そばなどの麺類)、地酒を飲み、合間には山菜・キノコ採りを企んでいます。ちょっと欲張りかも…。

性別
エリア北海道
属性個人
 カウンター
2013-01-12から
826,103hit
今日:118
昨日:593


戻る