202221(火)

2022新年の旅25「安来・境港・美保関」その3~境港から美保関へ~

×421

2022新年の旅25「安来・境港・美保関」その3~境港から美保関へ~

朝、ホテルで朝食を頂いてから、米子駅に向かいます。
画像
とりあえず米子駅の境線が発着するホームへ。
画像
列車もホームも鬼太郎と妖怪だらけ!
約1時間かけて、弓ヶ浜半島をゆっくりと北上していきます。
境線の各駅にはサブ名称として妖怪の名前が付いていて・・
画像
終点の境港駅は・・「鬼太郎駅」です。
画像
線路はココで終わり、終着駅は旅情がありますね!
画像
せっかくなので、駅前から伸びる「水木しげるロード」を散策してみる事にしました。
画像
街中がゲゲゲの鬼太郎の世界です。
画像
コロナが無ければ、きっと観光客で溢れているのでしょうね。
この商店街は1キロ以上続いています。
画像
境水道に面した港までやって来ました。
対岸は島根県の島根半島になります。
こうして海峡の向こう側を見ていると、行ってみたくなりますね!
・・という事で、行ってみましょう。
画像
境港駅前のバス停から美保関コミュニティバスというのが出ていて、これで境水道大橋を渡り、対岸の宇井渡船場まで行くことが出来ます。
画像
20人乗りくらいのマイクロバスです。
宇井渡船場に到着すると、美保関行きのバスが数分後にやって来ます。バスの運賃は一律200円、効率の良い乗り物ですね。
境水道を右手に見ながら、半島の先端部に向けバスは走ります。
画像
約20分で終点の美保関に到着。
車窓からでも既に雰囲気のある港町です。
画像
街の中心にあるのは「美保神社」初詣の参拝客で賑わっていますね。
画像
半島の境水道側にある美保関港は昔から風待ち港として栄えたみたいです。
画像
「青石畳通り」という古い町並み。
繁栄していた頃の街の雰囲気が垣間見れます。
画像
港の入り口にある石灯篭も歴史を感じます。
やはり半島の先端にある街は旅情があるものですね。

~その4へ続く~

2020新年の旅24「臼杵・大分・松山」その1~今年も九州の待ち合わせ~
2022新年の旅25「安来・境港・美保関」その1~2年振りの市役所集合へ~
2022新年の旅25「安来・境港・美保関」その2~今年は安来市役所で~
2022新年の旅25「安来・境港・美保関」その4~一畑電車で出雲市へ~
2022新年の旅25「安来・境港・美保関」その5~30年振りの出雲大社~


エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(令和元年10月リニューアル)外部リンク

エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Amebaブログ)へ外部リンク

  ペンション・民宿ブログ ランキング 現在5
にほんブログ村 ペンション・民宿・貸別荘外部リンク

  北海道旅行ブログ ランキング 現在10
にほんブログ村 北海道旅行外部リンク

  カフェブログ ランキング 現在37
人気ブログランキングへ外部リンク

<ブログランキングに参加してます。←のところをクリックして応援してね!>

「マイとかち」会員以外の方へ・・
こちらから
エキサイトブログ(同記事)外部リンク
この記事へコメントができます。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
エゾリス・カンタ
はじめましてエゾリスのカンタと申します。一昨年この森の住人になったご主人様がボクのことをこう呼んだのでボクの名前は「カンタ」だと思いました。どうぞよろしく。好きなものは「クルミ」です。嫌いなものはカラスくんとキツネさんです。怖いんだもの。得意なことはカラマツの枝から枝へひとっ跳びすることです。

エリア中札内村
属性事業者
 GUIDE
cafe&宿 カンタベリー
住所中札内村南常盤東4線285-25
TEL0155-68-3899
営業10:00 - 17:00
定休木曜日(カフェ)、通年営業(宿)
 カウンター
2008-12-07から
916,445hit
今日:126
昨日:121


戻る