2014211(火)

三分クッキング(ボロネーゼ)


三分クッキング(ボロネーゼ)

こんばんは
お元気ですか!namitaroで~~ス。


今日2本目なので、
早速本題に入りましょう!



今日は、ミートソース
イタリアンでは「ボロネーゼ」
作ってみましょう。


まずは材料です。


画像
玉ねぎみじん切り、にんにくみじん切り、人参みじん切り、
有ればセロリのみじん切り、塩こしょう、ハーブ類(オレガノ、ベイ)

それから、

挽肉(豚や、合い挽き肉)と
赤ワインと

画像
ホールトマト


みじん切りした野菜を、

深めの寸胴に、オリーブオイルを敷いて
投入します。
最初は強火で、段々火を弱くして、
野菜を焦がさない様に炒めます。


画像

だいたいこれぐらいの色つきに
成るくらいまで炒めて下さいね。


画像


炒めた野菜に、
ホールトマトとハーブ類を加えて
煮込んで行きます。

この状態は、
野菜を加えた、トマトソースのですね。


トマトを煮込みながら、
肉の用意をしましょう。
今回は、肉の扱いに注意して下さい。


画像

フライパンを熱して、
油をひかないで、肉を炒めます。
ここで、しっかり塩こしょう、して下さい。


肉に焼き色を付ける様に、
じっくりと火を入れて下さい。



画像


これ位になると、裏返して
反対側を焼いて下さい。
この時も塩こしょうをしましょう。

表面だけに焼き色を付けて下さいね。
中まで火が入らなくても大丈夫ですヨ。


焼き色が付いたら、先ほどの
寸胴に、肉汁ごと加えて下さい。

肉を炒めたフライパンに、


画像



赤ワインを加えて、アルコール分
を飛ばして下さい。


アルコール分が飛んだら、
鍋に加えて煮込んで行きます。

煮込み料理は、
気が付いたら混ぜましょう。
焦げが一番の敵です。



画像


これくらいの、ボコボコ感で
水分が無くなって、
表面にツヤが出て来たら味見をして、
味が足らない様でしたら塩こしょうで
味を調えて出来上がりです。


ボロネーゼソースは、
肉の旨味を最大限に生かして、
トマトの酸味と野菜の甘味を
塩とこしょうとハーブのスパイスで
仕上げて下さい。



美味しいパスタが頂けますよ!






 コメント(4件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
pennylane
毎日の食事を大切にしたいレストランです。
少しでも身体に良い物を、食べて頂きたいと思っています。
2012年4月より「食堂とカフェと」に変わりました。
お野菜を沢山食べて頂けるメニューを提供して行きます。

性別
年齢50代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
PENNY LANE
住所帯広市西21条南5丁目27-8
TEL0155-36-2300
営業11:00 - 15:00
ランチタイム(ラストオーダーPM14:00)
18:00 - 21:00
ディナータイム(ラストオーダーPM20:00)
定休木曜日
 カウンター
2006-01-01から
464,706hit
今日:16
昨日:26


戻る