道南旅行(14)


200962(火)

道南旅行(リベンジ編)7 丸駒温泉


道南旅行(リベンジ編)7 丸駒温泉

こんばんは
お元気ですか!久しぶりに洗車したnamitaroです。

今日は、朝から気持ちよく晴れた日でしたね。

今回で、最終回の道南旅行、第3日目です。
札幌編も有るのですは、これはまたの機会に書きます。
一応、今回の目的の、専無と舎長の犬舎にも、
ご挨拶に行ってきました。
ので、今回の旅行の目的は、全てクリアーした事に成っています。

それでは、昨日の続きです。
銀婚湯から丸駒温泉に向かったのですが、
お昼を何処で食べるか、まだ決めていませんでした。

namitaroは、伊達のお蕎麦屋さんに行こうと思っていたのですが、
記憶を取り戻した、かあさんが
更に記憶を取り戻してしまい!
5年前に一度泊まった事の有る、
フェニックス洞爺クラブ外部リンクで、ランチがしたい!
っと言いました。
今日まで、ずーと和食だったので、フレンチも良いのでは、

画像

と言う事で、こちらのドアを開ける事になりました。

軽く料理の内容をお見せしますネ。

画像

3種類のコースが選択出来て、
今回は、真ん中の、2500円のコースにしました。
メインは、魚と肉が選択出来ます。
namitaroが食べた、子羊のグリルです。

画像

デザートは、3種盛りです。

かあさんは、久しぶりにグラスワインを頂き、
ご機嫌になってしましました。

ここまでで、お天気は良かったのですが、
なんとなく雲行きが怪しくなって来たので、
急いで丸駒温泉へ、

雨に追われる様にして(峠では雪も降った様です)

到着しました、

丸駒温泉外部リンク

画像

迎えてくれました、「風不死岳(フップシダケ)」
宿泊した部屋から、綺麗に見えました。

やはり、温泉旅館に着いたら、
まずは、ひと風呂!

ここの丸駒さんの一押しの温泉は、
湖畔にある、自然湧出の露天風呂です。
天然露天風呂外部リンクのページを見ていただくと判る様に、
湖と露天風呂がつながっています。

画像

桜が綺麗でね、
この、防波堤の内側、と言うのか
山側に温泉が有ります。
(裸で防波堤に出ると、旅館の部屋から丸見えですよ)
結構熱いお湯が湧き出ているので、
湖の水で温かさを調節しています。

充分に温泉を満喫したら、次はお決まりの
夕食です。

囲炉裏会席『初太郎物語』外部リンク

と言うプランを頂きました。

画像

ホームページとnamitaroの写真では、
迫力が違いますが、感じは解って頂けると思います。

囲炉裏を囲んで食事をしたのは、
初めてですが、掘りごたつ式の囲炉裏なので、
顔が熱くて、ちょっとイメージしていたのとは、
違った様です。
それと、鍋料理や串に刺してある姫鱒やてんぷらは、
すでに、一度火を通してあるので、
生から焼く醍醐味が無くて、興ざめでした。


画像
 
画像

ローストビーフなど洋の物も有ったり、
ここの温泉でしかのめない、
小樽の田中酒製の「純米酒」を飲みました。

と言う事で、夜も更けて行きましたとさ!

次の朝、車に乗ろうとしたら、

画像

旅の終わりと、桜の時期の終わりを告げる様に、
一枚の花びらが、ウインドーガラスに乗っていました。
(因にこの花びら、滝川で雨が降るまで
ガラスにへばりついていましたよ)

温泉三昧の楽しい旅行の終わりです。
また、何時の日かこの様なが出来る



2009528(木)

道南旅行(リベンジ編)5 松前道の桜 2


道南旅行(リベンジ編)5 松前道の桜 2

こんばんは
お元気ですか!namitaroです。

昨日は、時間切れでブログが終わってしまいました。
続きは今日書く事に成っていましたので、
お休みですが、頑張って報告しま~す!

それでは、桜がいっぱい!
と言う事で、終わった昨日ですが、
まだ、緑の桜には出会っていませんでしたね。

歩き疲れた、namitaroは、
目の前に、松前藩屋敷を発見!

画像

ここで、昔の松前の様子をちょっと見学する事にしました。

入場料を払って中に入ると、
この様な町並みが再現されていました。

画像

江戸時代の奉行所や町家、漁師の家など
住民の様子も室内には展示してありました。

そこで、お休み所も有ったので、
お茶を一服

画像

この他にも、「スルメ煎餅」を実演販売していました。

その、藩屋敷で「緑の桜」の情報を得る事が出来ました。

本物の緑の桜は、「伊藤」さんと言う
個人のお宅の庭に植わっているそうです。

その桜の枝を、接ぎ木にして育てた桜が、


画像

「御衣黄」(ぎょいこう)だそうです。

その桜は、この藩屋敷を出て
坂道を下った所に有りました!


画像


これが、かあさんが夢に見た
緑の桜の子孫です。

よく見て下さい、花びらが緑色しているでしょ!
ホントに珍しい桜だそうです。

さて、松前の桜と言えば、

トップの「血脈桜」です!

画像

この桜の話しは、みなさんもご存知だと思いますので、
紹介はしませんが、この桜の子孫が、
松前のいたるところに咲いています。

画像

この画像にも写っていますが、
「南殿」と言う桜です。

松前には、250種1万本の桜
有るそうですが、半分はこの「南殿」
の様なきがします。

まー見事な桜ばかりを、約2時間以上
見て歩いたら、最後の方では、
もう見飽きた気分になって仕舞いました。

なんと言いましょうか、
グラマスで艶やかな桜ばかりを見ていると、
「まるで、叶姉妹を見ているようだね」
っと、誰かが言っていました!

桜を堪能した、松前を後にして、
一路 銀婚湯に向かった、
namitaroでした。



2009527(水)

道南旅行 リベンジ編 5 松前の桜


道南旅行 リベンジ編 5 松前の桜

こんにちは
お元気ですか!namitaroです。

今日も一日どんより曇って、肌寒い天気でしたね。

さて、道南旅行リベンジ編も5話に成りました。
まだ、旅程の半分も行ってないのに、
もう、今回の最大の目的「かあさんの記憶を取り戻す」
と言う事は、達成されたので、終わっても良い気もしますが?

読者の方には、満足頂けないでしょうね!



それでは、
いざ!花見と参りますか!

記憶を取り戻した、かあさんは、
更に、記憶が戻った様で、
「緑の桜を探すんだ!」と張り切っています。
さて、緑の桜は、有ったのでしょうか?

車を中心部の駐車場に止めようと思い、
パーキングを探したら、昨年止めた公営の
駐車場は、バスで満杯に成っており、
一般のこのシーズンだけ駐車場に成る、
空き地に、500円を払って止めさせていただきました。

其処から、一番近いお城に登る坂道(新坂)を、
登って行くと、阿吽寺にたどり着きました。

画像

門を潜ると、


画像

見事な、桜の境内です。

ここで、
画像

「鬱金」(うこん)と言う桜に出会いました。
花びらが緑っぽくて、早速緑の桜に出会えたのでは?

っと、かあさんは喜んだのですが、、、、

本物かどうか確かめたくて、
「桜の資料館」に寄ってみました。

そこで、分かった事は、鬱金は違う様です。

資料館を、出てすぐの所が、

画像

桜のトンネルと言われている場所です。

360℃ 桜さく!さくら!サクラ!

画像
 
画像
 
画像

っと言う所で、
時間切れになって仕舞いました。

続きは、また明日
ちなみに、トップのサクラは、
「関山」というそうです。




2009525(月)

道南旅行(リベンジ編)4 松前道の駅


道南旅行(リベンジ編)4 松前道の駅

こんにちは
お元気ですか!namitaroです。

天気は良いのですが、風が強かったり、
少し肌寒い気温ですね。

今日も、道南旅行リベンジ編をお送りします。

いよいよ、松前に向かって車は進んで行きます。
途中、知内の道の駅と福島の道の駅に停車、
知内は「北島三郎」さんの故郷だそうです!
道の駅では、サブちゃんの唄がかかっていましたよ。
福島は千代の富士の故郷で、道の駅の向かいには、
国技館を真似た、記念館が、デーン!っと建っていました。

約2時間弱で、松前に到着。
お昼だったのと、雨模様なので、
寒さ対策に、まずは、腹ごしらえ!
と言う事で、4月に開店したばかりの、
道の駅で昼食にしました。


松前道の駅外部リンク


画像
食堂の名前です。

画像
「松前マグロ三色丼」

松前の本マグロを使って、
「しぐれ煮」「ユッケ」「竜田揚げ」の
3つの味をそれぞれ小さな丼で味わうバラエティー丼だそうです。

画像

松前の「ふのりのみそ汁」と「松前漬け」は必ず付ける事だそうです。

全体画像

画像

namitaroが食べました。
じゃらんとの合同企画だそうです。

そして、かあさんが食べた、

画像

「ウニ丼」

namitaroもこちらにした方が、
正解だった様に思います。
しかし、名物に美味い物はなし!
っと、良く言われますが、
食べてみないと判らないので、

お腹も一杯になったので、
いざ!、出陣!

花見に出かけま~す。

画像



ウニ丼を食べた当たりから、
かあさんの記憶は戻って来た様です!










2009521(木)

道南旅行(リベンジ編)3 花びしホテル


道南旅行(リベンジ編)3 花びしホテル

こんにちは、
お元気ですか!料理教室だったnamitaroです。

今日は朝から気温が上がって、
夏になった様な一日でしたね。
そんな中、クーラーの効いた教室で、
料理教室を行って来ました。
内容は後日報告します。

今日は、先日に続き「道南旅行」の続きです。

さて、一路函館に向かった、namitaro達でしたが、
長距離ドライブになると、頻繁に用足しをしたくなって、
道の駅にお世話に成ります。

今回は、婿さんの親御さんに「マグネットプレート」
を頼まれたのと、娘には「スタンプラリー」
をする様に、スタンプ帳を渡されました。

道の駅に寄る度に、100円とスタンプ帳を持って
スタンプ台を探しに行きます。

そこで、函館の手前の「森町」の
道の駅に寄りました。
すると、道の駅の裏側が「公園」になっていて、
気晴らしに公園に入ったら、
なっなっなんと、

画像

画像


見事な桜の咲いた公園でした。

そして、アップで見ると!

画像

花びらが豪華なんです!

画像

美人も一緒に写しました。

道南の桜って見事ですね!
増々これからの旅に期待が膨らんできます。

そして、本日500km走破して、
目的の、湯の川温泉「花びしホテル」
到着しました。

【1日3室限定】歓迎花びしホテルデビュー!末広編外部リンクと言うプランで、お泊まりしました。

お部屋は、和室12畳と書いてありますが、
嬉しい事に、寝室は別のお部屋にベットが有るので、
ベット党のnamitaroには大変重宝しました。
夕食の前に、ひと風呂浴びて、(湯の川の温泉質も良かったです。)
レストランで和食膳を頂きました。
取り立てて珍しい食べ物は無かったです、
しかし、しっかり作ってあって美味しかったです。
寝る前に、最上階のお風呂に入り(全て画像は無いです)m(_ _);m
今日の疲れをとるべく深い眠りにつきました。

翌朝は、6時起床です。
朝食をいただきに、会場へ
既に、人がいっぱいでした、みんなも早起きなんだ~!

それで、いただいた朝食がメイン画像です。
花びしホテルに泊まった証拠が、

画像
これです!
たまご焼きに、焼き印を押してありました。
朝食も和洋中と色とりどり、デザートも
お汁粉まで有って飽きさせない工夫をしていました。

9時過ぎに、湯の川温泉を出発して、
戸井の鮪を売っていると言われる、
「まぐろ屋」さんに行きましたが、
残念な事に、今が禁漁期だそうで、生の鮪には会えませんでした。

仕方なく、一路松前に車の方向を向けて出発!

途中、昨年かあさんが「記憶を無くした」
交差点を通過しました。
この地図の当たりです。(セブンが見えますね)

北海道函館市万代町周辺の地図外部リンク

さあ、かあさんは記憶を取り戻す事が出来るでしょうか!?

おまけ

画像

道南には、本当に洒落っ気のある
お店や物が沢山有りますね!





<<
>>




 ABOUT
pennylane
毎日の食事を大切にしたいレストランです。
少しでも身体に良い物を、食べて頂きたいと思っています。
2012年4月より「食堂とカフェと」に変わりました。
お野菜を沢山食べて頂けるメニューを提供して行きます。

性別
年齢50代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
PENNY LANE
住所帯広市西21条南5丁目27-8
TEL0155-36-2300
営業11:00 - 15:00
ランチタイム(ラストオーダーPM14:00)
18:00 - 21:00
ディナータイム(ラストオーダーPM20:00)
定休木曜日
 カウンター
2006-01-01から
415,211hit
今日:4
昨日:184


戻る