202041(水)

キャビンAの壁パネル修正


キャビンAの壁パネル修正

壁パネルの修正が必要だった

昨年10月に作製したキャビンAの壁パネルを3/20-21の三連休に4名の協力で床に建て込みました。しかし 一部に段差や隙間が出たので「ツーバイだからこんなものだろう」と思っていました。3/28から職人さんと屋根構造を始めたのですが 開口一番「これ修正しないとだめですね」と言われてしまいました。結果 不具合のある部分は合板を外して骨組みを修正し また合板を張り直す作業となりました。二度手間です(笑)。
画像

パネルハウスの組み立て工程のDVDでは建て込むだけで特に難しくないように見えたがと言ったら それは機械切断で作るパネルの話ですとのこと。ほかにも安めの針葉樹合板は直角でない場合もあるらしい。
画像

加えて前回残った南側の大型引き戸を取り付けました。窓は重いのに枠はプラスチック製でたわむので 隙間が出たり うまく滑らない。結局 枠の下側を金具で水平に固定すればOKなことがわかりました。これでようやく屋根構造に移れます。
画像

補足:建て込んだ壁のみを簡単な補強とブルーシートで1週間放置しましたが 幸い風は強くなかったようで無事でした。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
Elmtree
 もともとアウトドア大好き人間ですが 時間の制約から残念な思いをしてきました。2019年に友人の協力を得て 十勝清水にMountain Cabinの自作を始めました。若者を巻き込み いつでもバトンタッチできる体制を心がけています。また近くの「遊び小屋コニファー」は アウトドアの大先輩としてリスペクトしています。なお 街・探検・文化については別ブログにしました。Elmtree2をご覧ください。

性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性個人
 カウンター
2019-05-16から
18,488hit
今日:311
昨日:272


戻る