札幌・道央圏Sapporo(55)


2022526(木)

ホーマック アウトドア・レジャー館


ホーマック アウトドア・レジャー館

 かなり前からホーマックが「アウトドア・レジャー館」を作っているのは知っていた。過日に紹介したアルペンのアウトドア旗艦店が非常に立派だったので ホーマックはどうかなと思い札幌環状通の「アウトドア・レジャー館」をのぞいてみた。

画像

 入口の表示には有名どころが並んでいる。1・2階があるが やや狭い感じで アルペンの1/3ぐらいだろうか。

画像

画像

 おなじみのコールマンやスノーピーク

画像

 小物も充実していて魅力的だ。

画像

 出た~ 定額セットモノ。ソロキャンプが3万円で ファミリーキャンプが5万円。これなら即キャンプに行ける。非常に実際的だが 時間をお金で買う典型といえるかも。

 このようなアウトドアショップがたくさんあるのは実に楽しい。しかし 全くの私見では 急激なアウトドアブームはおそらく今年がピークで 来年からはやや下がり その後は一定のところに落ち着いていくのではなかろうか。しかし アウトドア活動が盛んになったり 国内メーカーが元気になるのは非常に大切なことと思う。



2022521(土)

連休のコストコ 激混みだった


連休のコストコ 激混みだった

 春の連休前半5/3に「コストコ石狩倉庫」に行った。十勝ヒュッテにホールチキンを持って行くためだ。開店後の11時前だったが 目的のチキンの棚はもう空だった。

画像

 コストコでこんなに混んでいるのを見たのは初めてだった。あの大きいカートが引っかかっるのですれ違えない。

画像

 20分待つと次のチキンが焼きあがり 定位置の棚に出て来たが どんどんなくなってしまう。やはりすごい人出だった。

 目的のモノを手に入れて早々に退散したが 駐車場にはどんどん車が入っていた。この日は終日大変な人出だったのだろう。「コロナ禍が落ち着いてきたので 買い物がてら郊外へ」という人が多かったのかもしれない。



2022520(金)

ジョイフルAKの新展開(札幌圏)


ジョイフルAKの新展開(札幌圏)

 十勝ヒュッテの手作りで一番お世話になっているホームセンターはジョイフルAKだ。これは帯広にも札幌圏にもある。
 札幌圏では北区屯田・北広島大曲・江別市大麻の3店舗があり 市中心から10キロ以上は離れた郊外大規模店だ。何れも 資材・日用品・工具・ガーデニング・リフォーム・ペットなどを含んでほぼ同じ規模だ。
 最近目につくのは市中心から4キロ程度しか離れていない場所にペットや資材・工具などの小店舗を分散して開店していることだ(市中専門店)。

画像

 今回行った新道沿いの市中店は 1・2階で品ぞろえが十分で 職人・プロを対象にしている。工具などは郊外大規模店よりも明らかに充実していた。

画像

 以前紹介したペットワールドは 多分ペットショップとしてはかなり大規模だ。現在は伏古・新発寒・西岡にある。郊外店のペットワールドと連携しているのでユーザーには便利だろう。

 このようにジョイフルAKは領域を分割してより近距離に市中専門店を新設する新展開をしているようだ。



2022519(木)

札幌・丘珠の「山家」 縮れ麺がいい


札幌・丘珠の「山家」 縮れ麺がいい

 札幌・丘珠のラーメン・豚丼の「山家」は以前の札幌の豚丼探訪で行ったことがある。豚丼は別として「ラーメンが気になっていた」。先のこどもの日に娘と一緒に行ってみた。
 メニューによると「細い直麺と手もみ縮れ麺」の二種が選択できる。今回は縮れ麺の醤油を注文した。この手もみ縮れ麺だが かなり太い(左)。娘は直麺と小豚丼を選択(右)。

画像

 注文した縮れ麺の醤油ラーメンだが なかなかおいしかった。

画像

 この「山家」だが 通りをはさんでラーメンの「桃太郎」がある。確か創業店だったと思う。ということでこの付近は一種のラーメン激戦地ともいえる。しかし 向こうは車がたくさんいるのに(裏手が中古車屋のせいもあるのかな) こちらはたった2台。桃太郎のラーメンはいわゆるこってり系で私の好みではない。「山家の縮れ麺が絶対的にオシ」なのだが。。。



2022518(水)

札幌の豚丼事情(5) 銀の舞


札幌の豚丼事情(5) 銀の舞

 帯広の豚丼のレベルが素晴らしいので 「札幌の豚丼事情」が気になり 折に触れて調べている。今回は北区新琴似にある「銀の舞」だ。通りに面しているがやや小ぶりの店で 駐車スペースは2台だけのようだ(別にあるのかも)。

画像

 メニューは醤油・塩・味噌ベースにバラ・ロース・ミックスの肉を選択する。今回は醤油・ミックスで小鉢が付いたAランチ(980円)を注文した。

画像

 結果は「肉良し」「タレ良し」と思う。ただ肉の枚数は減ってもいいから 厚さが1.5倍位あるともっとおいしいのにと思ったが。。

画像

 黒板書きによると「樽前湧水豚」を使っているらしく 高たんぱくで低融点脂肪らしいが 良い肉だと思う。またキッチンカーで各種イベントにも参加しているらしい。北海道物産展で活躍したらしいので そのスタイルを引き継いでいるのだろう。

画像

 「〆の食べ方」という説明があった。豚丼を少量残して だし茶をいれて茶漬けとして食べるというもの。膳に箸と黒いスプーンがセットされていて不思議だったが これで理解だ。試してみたら結構イケた。名古屋名物の「ひつまぶし」と似た食べ方だ。まあ豚丼のタレはウナギのタレの改良と聞いたので 納得だった。これはおいしい。

 札幌での「豚丼探訪」はなかなか難航しているが この「銀の舞」は帯広の豚丼のレベルと思う。「帯広の豚丼のレベルは高すぎる」とも言えるのだが。



<<
>>




 ABOUT
Elmtree
 もともとアウトドア大好き人間ですが 時間の制約から残念な思いをしてきました。2019年春に友人の協力を得て 十勝清水にMountain Cabinを自作するプロジェクトを始めました。若者を巻き込んで いつでもバトンタッチできる体制を心がけています。また近くの「遊び小屋コニファー」は アウトドアの大先輩としてリスペクトしています。なお 街・探検・文化については別ブログにしました。Elmtree2をご覧ください。

性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性個人
 カウンター
2019-05-16から
192,328hit
今日:182
昨日:421


戻る