20191118(月)

晩秋(冬枯れ)

晩秋(冬枯れ)

 出し遅れて初雪後になり恐縮ですが。。。

 三週間ぶりに11月13日にプロジェクトのチェックに出向きました。現地は初雪直前の晩秋になってました。広葉樹の紅葉はすでに終わり 最後を黄金色に彩るカラ松も落葉して道路を黄色く染めています。後にはエゾ松・トド松やクマ笹の緑が残るのみ。このガランとした晩秋の状態を冬枯れ(注)と言うようです。
 冬枯れの現地は 引っ越しの後の部屋のようにすっきりとして ある種の明るさがあり好感が持てます。製作部材の防水シートのめくれを心配したのですが 何事も無く安堵しました。ただシートの水たまりは凍りつき 落ち葉を含んで まるで氷中花のようでした。いよいよ冬です。

(注)当初 冬枯れ は北海道のみの言葉と思っていましたが(北海道に来てから知ったため) 調べてみると地域に依らず使われています。不明をお詫びします。



20191117(日)

ゲート (コニファー式車止め)の作製

ゲート (コニファー式車止め)の作製

 コニファー式ゲートは有効そうです

 広い駐車スペースの完成により 無用な車が敷地に入ってくることが想定されるため 車止め兼用の木製ゲートを作製しました(写真上)。K社長に頂いた廃材の活用で 長さ3.2m 高さ0.7m です。
 実はこれは近所のコニファーのゲート(写真下)を(許可を得て)モデルとしたものです。このコニファー式真っ黒な「バツ」が印象的で かなり強烈に「ダメ・進入禁止」をアピールしています。これで無用な車の進入は無くなるでしょう(いったん車を降りて・ゲートを動かしてから・また乗って・侵入するような面倒なことは誰もやりません)。なおコニファー式には4個のキャスターが付いていますが ここでは少し様子を見て 必要に応じて考えます。



20191116(土)

番外:韓国タン(湯)料理は十勝に合うかも

番外:韓国タン(湯)料理は十勝に合うかも

 韓国タン料理は十勝の名物になる可能性があると思う

 韓国料理には○○タンというのがたくさんあります。サムゲタン(薬膳と米を入れた丸鳥スープ)・ソルロンタン(細麺入りの白濁スープ)・カルビタン(骨付きカルビのスープ)です。このタンは湯(スープ)の意味で 中国料理でもスープは○○湯でタンと言うので 両国は陸続きで歴史を共有している一例と思います。いっぽう キムチは国民食で 欠かせないと言うよりも自動的についてきます。もちろんおいしいのですが 私は食べ過ぎると胃腸の調子が悪い時があり 注意しています。
 この○○タンの中で私が好きなのは サムゲタン(朝鮮人参・ナツメ・クコ・米・丸鳥)です。沸騰状態で出てきて 寒い時は体が温まるし最高です。また自分で塩味を調整するのがとてもいい(お好みでキムチを入れる人もいる)。この3種のタン料理は 食材の宝庫寒冷地の十勝にとても合う料理と思います。ひょっとしたら札幌ラーメンのように十勝で独自の進化を遂げる可能性もあります(高価な朝鮮人参をアイヌネギに代えるアイディアもありますね)。そうするとトカチ タン??になるのかな。ただし高すぎるのはだめで ラーメンレベルだといいですね。
 やや昔の話になります。仕事で冬に韓国に行った時 何を食べたいか聞かれ サムゲタンが大好きだと答えたら 一同困った顔をしたので理由を聞くと サムゲタンは夏の食べ物で 暑いときにフーフー言いながら汗をかいて食べると夏バテしないとか(日本の土用のウナギに似てますね)。あちこち電話をかけて探してくれて だいぶ離れたところまで行き おいしく頂くことは出来たのですが その努力に恐縮・感謝したことがあります。



20191115(金)

番外:海外の日本食事情

番外:海外の日本食事情

 海外では日本食ブーム 確かにそう感じます。どこに行っても日本食レストランを見るようになりました。もちろん高級店では食材も直輸入で 味も日本と変わらないのだろうと思います。ここでは庶民が普通に行く店の事情を見ることにします。
 中国北京では5-6年前には韓国食ブームで ビビンバが大ハヤリだったそうですが そのブームは終わり 今は日本食ブームだそうな。中国のビジネスモデルの特徴はす早いことで 良さそう(儲かりそう)だとすぐに出来て ダメになったらアッと言う間に消えるというパターンです。日本食はうまく定着してくれるといいのですが。
 住まいからの徒歩圏内に日本食レストランは5軒ありますが そのうちの2軒は再訪の余地なしです。一番昔からのは改装して居酒屋風の店になりましたが(最近は特に日本酒を置く居酒屋が人気) 高くてまずいので行かなくなりました。一番遠くの店がまともで 寿司・刺身は本格的で(注) 値段を気にしなければ○です。私はランチに良くとんかつ定食(写真)を食べますが 800円相当です。日本より安いかも。これは中国では食材が安いからでしょう(肉や野菜は日本の半値か)。が 味噌汁の出汁が今一なのとカツのパン粉がやや硬い。評価は3/5。味噌汁にスプーンが付くのはやや抵抗有。しかし贅沢は言えません。お米は問題なし。
 米国カリフォルニアでは日本食は歴史的に定着しています。カリフォルニアロールはもちろん 更にカジュアル化しているのもあります。例えばファーストフードの海鮮丼(写真右上)。ライスを紙容器に自分で盛って アイスクリームバーのようなところでトッピングを選択して乗せてもらい 海苔を掛けて出来上がり。1,100円相当。味は悪くなく 評価4/5。次に日本食レストランのラーメン。トン骨 ミソ シオがあり 知人の話だとちゃんとラーメンになっている。1,400円相当。 評価4/5(私はとんかつ定食だったので 知人の評価)。しかし普段食にしては高すぎると思います。
 食は人間の大切なものですから 日本人として日本食が広まって行くのはうれしいですが 考えさせられることもあります。高級店のオーナーやシェフは日本人が多いのでしょうが 庶民が行く店の場合はたいてい韓国や中国の方です。おそらく日本で修行をしたのでしょうし(してないかも知れないが) 今後 新しい創作も出てくるのは楽しみです。しかしもっと日本人が海外で活躍してもいいと思ったりもします。日本人の数が少なすぎる。

(注)中国の人は海の魚を生で食べる習慣はありません(もちろん川の魚も)。近頃は日本に行ったことがある人などの口コミで寿司・刺身の愛好者が増えているようです。しかし魚の種類を楽しむところまでは行っていませんから 勢いサーモンばかり注文します。これは中国の人がサーモン好きということよりも安全を考えた選択だろうと思います。まあ気持ちはわかります。



20191115(金)

ウッドデッキ塗料をいろいろ試しています

ウッドデッキ塗料をいろいろ試しています

 十勝清水の現地はいよいよ冬に向かうので 11/13にチェックに行った時にデッキの仕上げ塗装をやってみました。
 デッキの塗装剤(塗料)ですが 他にも木部が多いのでこのプロジェクトでは経費節減のため三種を用意しました(スーパーウッドステイン(キシラデコールと同等のふれこみで価格は60%位か)・タール系防腐剤無臭コールタール)。今までの経験からはキシラデコールの2回塗りが良いことは既にわかっているのですが 高価すぎるので 他の方法を試しています。
 ケース①:まずタール系防腐剤を2回塗りして2か月放置しました(写真左)。防水効果はイマイチでこのまま放置して積雪を迎えるのは難しいと判断。ウッドステインを上塗りしてみました(写真中)。
 ケース②:デッキの一段下の部分(両写真の右下)はウッドステインを先塗りしてから防腐剤を塗ったものです(あまり意味がないのかもしれませんが)。すでに2か月放置してますが 結果として二度塗りと同様の色です。
 ケース③:コールタールは粘り気があるので すきまの完全防水を期待して束石と柱の接触部などに限定して使いました(写真不掲載)。
 私としてはケース①の効力があるとうれしいのですが。さあ一冬経過してどうなるかです。

補足:タール系防腐剤は木に浸み込むのに対して ウッドステインは浸み込まないで表面塗膜を作るので 木が呼吸できて長持ちするとのこと。



<<
>>




 ABOUT
Elmtree
もともとアウトドア大好き人間ですが 時間の制約からやりたいことが出来ないで残念な思いをして来ました。2019年になり友人の協力を得て 十勝清水に自作のMountain Cabinを作るプロジェクトを始めることが出来ました。当初から若者を巻き込み いつでもバトンタッチできる体制を心がけています。また 近くにある「遊び小屋コニファー」は アウトドアの大先輩として 常にリスペクトして行きたいです。

性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性個人
 カウンター
2019-05-16から
5,258hit
今日:2
昨日:4


戻る