2020715(水)

キャビンの内装(2) 電気配線を始めた


キャビンの内装(2) 電気配線を始めた

内装(2) 電気配線を開始 7/10/2020

 内壁を張る前にやっておくことは 窓枠仕上げ・電気配線・断熱材の埋め込みだ。このうち電気配線は以前から考えていて 必要部材と工具(配線コード・ブレーカー・コンセント・圧着端子・保護キャップ・ステップルなど)は用意してあった。本来 電気配線は資格のあるプロの工事だ。多少は勉強をしたが 安全と経年劣化を考えての作業は結構大変だった。
 配線のためツーバイパネルに穴をあけるが 強度を考えて数は少なくしたい。コードの接続は シールの付いた圧着端子を使い 保護キャップも付ける。電気容量に応じて 幹線には太いコードと末端には細いコードを使う。デッキ用の屋外コンセントは留意する(鉄板に防水テープで固定して埋め込む)。美観も考える。。。と いろいろやっていたら部材不足になってしまった。もう一日必要だが 安全第一 焦ることはない



2020714(火)

新得のオソウシ温泉 ツルツル感に驚く


新得のオソウシ温泉 ツルツル感に驚く

新得のオソウシ温泉 最高のツルツル感だ 7/10/2020

 新得町の知人から勧められてオソウシ温泉に行った。清水町旭山のTMCPから新得を経て道道718をトムラウシ方面へ。岩松ダム手前を右折してダート道を約6km。途中の道の勾配は急ではないが 大雨なら崩壊しそうなところもある。今は林道が崩壊して行けないヌプントムラ温泉へのルートをふと思い出した。秘湯の雰囲気がアリアリだ。
 建物は大きいが湯舟は意外と小さい。お湯に入ったとたんに全身がツルツルになり 驚いた。松田忠徳氏が著書で述べているのは本当だ。源泉は27℃の自然湧出。泉質は何とPH=10のアルカリ性(私が入った温泉で最高のPHだ)。成分は炭酸ナトリウムに若干のマグネシウムイオンやメタケイ酸イオンなどで 成分総計0.2 g/kg。場所と泉質からして十分に秘湯と呼べると思う。私は高温が苦手なのでぬるい温泉は好都合。ゆっくり入浴を楽しめた。

画像

 内風呂と露天風呂ともに源泉と加温の2つの湯舟がある。面白いのは露天風呂の横にある泉源の塔で 源泉を落差で湯舟に流してるとのこと。なお 撮影と公開はもちろん許可を得た。



2020713(月)

石狩浜のゴミ(2) 一体どうなってるの


石狩浜のゴミ(2) 一体どうなってるの

石狩浜のゴミ(2) July 12, 2020

 7月2日に次いで石狩浜のゴミの紹介です。
 コレ 何だと思いますか? ボートの事故ではありません。砂浜で燃やしているんです。絶句してしまった。
 今日は天気が回復した日曜。午後遅めに犬の散歩に石狩浜へ。到着するなり驚いた。もちろん海水浴には早いのでその客はいないが バギー車やモトクロスのグループで一杯だ。やや近くでは黒煙が上がっている。何んだろう?と思って近づいて驚いた。プレジャーボートを砂浜で燃やしている。今どきのボートは強化プラスチック(これはYAMAHA製)なので良く燃える。廃棄が目的のようだ。場所と風の具合からは延焼の恐れはなさそうだが あまりにも非常識。急いでなければ警察・消防署に通報しようと思ったくらいだ。

画像

 そのほかは 残念ながらいつもと変わらない。こちらには畳が数枚放置されているが 明らかに廃棄目的だ。あちらには鉄骨状の塊。驚くばかりで 言葉がなかった。
 この国は一体どうなっているのか? 財務大臣が コロナの感染者数が諸外国に比べて少ないのは 「民度」が違うからと言っていたが その民度とはこの程度か。言いようがない。



2020712(日)

キャビンの内装1 窓額縁の作成


キャビンの内装1 窓額縁の作成

内装1 窓枠・額縁の作成 7/11/2020

 外装が一段落したので内装を始めることにした。予定は 天井の無いアラワシの屋根構造 壁は白漆喰仕上げの石膏ボード 腰板は道産カラマツ材 床は輸入パイン材 という具合だ。壁断熱はガラスウールでストーブ近くは石膏ボードにカラー鉄板で耐熱張りにする。
 まず壁材張りを考えたら 窓枠はどう仕上げるんだ?との疑問が。プロに聞くと 板材やベニヤで窓を縁取りして出っ張らせるとのこと(額縁と言うそうだ)。素人の悲しさでそんなことは思いもよらなかった。早速べニアと1x4材を使い額縁に取り掛かる。なるほど普通の窓はそうなってることを理解。4枚の板の端面を45度に切って釘と接着剤で組んだが 建具を自作するようなものだ。合わせ面に隙間が出来てしまい まさに素人の作だ。とはいえ小型の窓4か所の窓枠は終わった。うち1つには網戸を組み込んだ。まあ素人ならこの程度と自己満足。何よりもこれからのシーズンには網戸はうれしい。今後は大窓と玄関ドアの3か所に額縁を付けることになるが 結構な作業になるだろう。材料も不足なので次回に補充だ。



202078(水)

十勝清水の円山展望台 「なつぞら」のロケ地


十勝清水の円山展望台 「なつぞら」のロケ地

十勝清水の円山展望台 朝ドラ「なつぞら」のロケ地 7/6/2020

 7月6日に清水円山展望台に立ち寄った。ここが2019年上期NHK朝ドラ「なつぞら」のロケ地なのは知っていたが 行きそびれていた。天気もまあまあで TMCPの作業を早めに終え 札幌へ戻る途中に訪ねた。場所は十勝千年の森やゴルフ場より南側にある清水町営育成牧場の中だ。入口の事務所で伺うと 防疫薬(白色)を路面に散布したので そのまま通って良いとのこと。

画像

 西方向に緩やかに登っていくと両側は放牧地で牛 牛 牛。。。後ろの荷物室で相棒犬のシュバが珍しくウーウーと騒いでいた。ワ~牛だと喜んだのか 大動物に危険を感じたのかは不明。私は 若牛は夏のシーズンは素晴らしいところに住んでるなと感心した。一般人が牧場の中を通れるのは珍しいと思う。牧場の景観を大いに楽しめだ。

画像

 少し進んで右側の小高い丘の道に入る。ごく一部は未舗装だが全く問題ない。白樺の柵の道を登り切ると駐車スペース。草地の上には木製?展望台があり 周りはすばらしい景色だ。北西方向には主人公のなつ(広瀬すず)が 草原の丘で絵を描ていた場所が一望できる。そうそうあの山の形 多分あそこだ! うれしくなってしまったなつぞらという題名この風景に由来するのを確信した。
 東側には広大な十勝平野が展望できる。先月訪ねた芽室の新嵐山展望台では畑のパッチワークだったが この清水円山展望台では牧場が主役だ。北東方向は東大雪の山々のはずだが 夏雲に覆われて残念。
 育成牧場の中のため あまり宣伝していないし やや奥まっているので 大勢が来るとは思えない。それでも入口の事務所にはバイクライダーのクループがいた。しかし ここは十勝の景観を眺める第一級の展望台だ。お勧めする。



<<
>>




 ABOUT
Elmtree
 もともとアウトドア大好き人間ですが 時間の制約から残念な思いをしてきました。2019年に友人の協力を得て 十勝清水にMountain Cabinの自作を始めました。若者を巻き込み いつでもバトンタッチできる体制を心がけています。また近くの「遊び小屋コニファー」は アウトドアの大先輩としてリスペクトしています。なお 街・探検・文化については別ブログにしました。Elmtree2をご覧ください。

性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性個人
 カウンター
2019-05-16から
22,919hit
今日:174
昨日:293


戻る