202041(水)

キャビンAの壁パネル修正


キャビンAの壁パネル修正

壁パネルの修正が必要だった

昨年10月に作製したキャビンAの壁パネルを3/20-21の三連休に4名の協力で床に建て込みました。しかし 一部に段差や隙間が出たので「ツーバイだからこんなものだろう」と思っていました。3/28から職人さんと屋根構造を始めたのですが 開口一番「これ修正しないとだめですね」と言われてしまいました。結果 不具合のある部分は合板を外して骨組みを修正し また合板を張り直す作業となりました。二度手間です(笑)。
画像

パネルハウスの組み立て工程のDVDでは建て込むだけで特に難しくないように見えたがと言ったら それは機械切断で作るパネルの話ですとのこと。ほかにも安めの針葉樹合板は直角でない場合もあるらしい。
画像

加えて前回残った南側の大型引き戸を取り付けました。窓は重いのに枠はプラスチック製でたわむので 隙間が出たり うまく滑らない。結局 枠の下側を金具で水平に固定すればOKなことがわかりました。これでようやく屋根構造に移れます。
画像

補足:建て込んだ壁のみを簡単な補強とブルーシートで1週間放置しましたが 幸い風は強くなかったようで無事でした。



2020326(木)

春分の日の朝焼け


春分の日の朝焼け

春分の日の3月20日はとても風が強く 現地作業ができる状態ではありませんでしたが 翌朝はきれいな朝焼けでした。参加してくれた若者達は”成長のため”か惰眠をむさぼってましたが 私は素晴らしい朝焼けを見にコニファーの回りを(犬散歩も兼ねて)散策しました。

コニファーからの日の出。当然 真東になります。
画像
南方向には剣山と久山岳が見えます。
画像
北西方向芽室岳からの出尾根になるのかな。朝ドラのなつぞらでおなじみの場所です。
画像
北東方向遠方にウペペサンケが見えます。二ペソツはその左でひょっとして雲に隠れているかもしれない。
画像

ここでは西側に日高山脈が迫っているので 夕焼けはありません(見えません)。その代わりきれいな朝焼けが楽しめそうです。



2020325(水)

いよいよ壁の組み立て


いよいよ壁の組み立て

壁パネルの組み立てを開始

 3/21-22はY君 N君 M君 Kさんに加えて 新得のN氏にも参加頂き 懸案の壁パネルの組み立てに入りました。
 パネルは濡れて変色もあるが許容範囲。心配だった窓枠のサイズはほぼOKでまず安心。壁を組み立てると 意外に広く 驚きでした。大満足です。
 直前の二日が強風だったため 一日のみの作業では屋根には至らず。上部は補強したので風はおそらく大丈夫。桟とブルーシートを簡単に渡して雨を考慮したが 一週間は雨が降らないことを期待
 実は大失敗が一つ。南側の大きい引き戸を縦横逆に設計してしまった。90度回転した2x4フレームの作り直しである。次回はフレームの部分的修正と屋根トラスの作成と屋根張りです。
 この三連休にご尽力いただいた皆様に心より感謝です。



2020324(火)

作業前の除雪作業


作業前の除雪作業

十勝の積雪は札幌の1/2ではなかろうか

 3/20-21の三連休はY君 N君 M君 Kさんに参加頂いて今期の活動を再開。しかし 作業の半分は除雪だった。
 今年の十勝は少雪の見込みだったが 2月に南側を低気圧が通りドカッと降って結局は平年並みとのこと。しかし札幌やましてニセコに比べるとかなり少ない。資材を置いたところの積雪は50cm程度か 重たく作業は難渋。あと二週間待てばほとんど解けていたかもしれないが 日程上やるしかなかった。
 まずは駐車スペースを三台分。次にブルーシートで養生のツーバイ材と合板材。最後にこんもりとしていた製作済みの窓枠部分を掘り起こした。ブルーシートのいい加減なところは濡れていた。合板はつらいが それでも最悪ではなかった。



2020216(日)

十勝ケ丘展望台・十勝川温泉へ


十勝ケ丘展望台・十勝川温泉へ

十勝ケ丘展望台・十勝川温泉

 2/12に「十勝の魅力発信」さんが素晴らしい日高山脈の写真をアップしてくれました。よし明日は行くぞ! と初めての十勝ケ丘展望台の探訪へ。なるほど日高山脈の展望には最適だ。ポカポカの春陽気で気持ち良かったが 残念ながら目当ての日高山脈は春霞でボヤっとしてた。
 展望台から下った花時計のところは彩凛華というイベント会場になっていた。夜に明かりがつくときれいでしょう。
 十勝川温泉に下って 最近評判のガーデンスパの見物へ。昼食を買って 案内所で近所の温泉事情を伺ってから 帯広方面(木野町)の丸美ガ丘温泉へ。高台の昔風情の温泉で 露天風呂はないが展望の良い林の中で 好感が持てる。炭酸水素ナトリウムのモール泉(PH:8.6)。お湯は優しく よくあたたまった。
追記:道路状態にもよるが 十勝清水からの行程は1時間程度。



<<
>>




 ABOUT
Elmtree
もともとアウトドア大好き人間ですが 時間の制約からなかなか出来ないで残念でした。2019年に友人の協力を得て 十勝清水にMountain Cabinの自作を始めました。若者を巻き込み いつでもバトンタッチできる体制を心がけています。また近くの「遊び小屋コニファー」は アウトドアの大先輩としてリスペクトしています。なお街・探検・文化についてはElmtree2をご覧ください。

性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性個人
 カウンター
2019-05-16から
10,569hit
今日:84
昨日:20


戻る