2022627(月)

恵庭の「魚半」 ただのスーパーではない


恵庭の「魚半」 ただのスーパーではない

 家内が「恵庭の魚半(うおはん)に行きたい。ただのスーパーじゃないそうよ」と言い出した。この魚半だが 千歳空港から下道で帰るときは 恵庭市街の36号線の旧道を良く使っていたので その存在は知っていた。初めは和風レストランかと思っていたのだが 実は旅行客には既に有名になっていた。「レンタカーを返す前に 魚半でお土産を買えば空港よりもはるかに安い」という口コミだ。
 店舗のサイズはスーパーとしては中規模だろう。全体的に非常にきれいだが いわゆる高級スーパーほど豪華ではない。商品は普通のモノも十分に置いてある。ただし重点はずいぶん違う。

画像

 魚関係の売り場は非常に広いし 北海道モノも十分にある。

画像

 野菜・果物も北海道モノが多く 高級モノもある。

画像

 店舗の中央では北海道土産がほぼそろっている。

画像

 その隣には地方発送コーナーがあり 道産品を送る体制になっているし 値段も法外ではない。空港の店舗よりもまとまっていて 「ただのスーパーではない」のは確かだ。ただ ご近所らしいご老人も買い物をしていたので 市民のスーパーの役目も果たしているのは確かだ。

 「魚半(うおはん)」の名前からして もともとは魚屋から始まったスーパーが 空港近くの地の利を生かして今のスタイルになったのではなかろうか。面白いビジネスモデルと思う。



2022626(日)

帯広の「のらくろ喫茶店」昭和レトロがすごい


帯広の「のらくろ喫茶店」昭和レトロがすごい

 出先でコーヒーを飲みたくなり 帯広・喫茶で検索したら「のらくろ喫茶店」というのがあったので行ってみた。北海道ホテルの南側で 通りを少し入る。雰囲気は昭和の初期ぐらいか かなりのレトロだ。
 ブレンドコーヒー(450円)とのらくろ饅頭(170円)をオーダーした。非常においしい。コーヒーは釧路のACC ごま饅頭はオーナーの手作りとのこと。

画像

 入口からしてもかなりレトロの雰囲気がある。

画像

 室内は昭和初期にタイムスリップしたような感じ。11時頃に入店したが 3~4名いた先客にも昭和レトロの風情があった。私がコーヒーを飲み終わった頃には 「じゃ 病院に行ってくるわ」「コーヒーチケットはまだ残ってるよね」と出て行った。日常的に病院への中継点になっているようだ。「一日がゆっくり流れている。」

画像

 口コミによるとここのランチはおいしいらしい。次回だな。

画像

 オーナーに根掘り葉掘り質問をしていたら 「最近こんな本に出ましたよ」と持ってきてくれた。これだけレトロならその筋では有名だろう。

画像

 支払いの時にオーナーから10cm角ののらくろステッカーとマッチを頂いた。マッチの文字を拡大すると犬の兵隊の隊列になっている。両方とも前オーナー(ご主人)が昔に作ったとのこと。貴重なものを頂いて恐縮。あれこれ聞いたのでマスコミ関係と間違われたのかも。



2022625(土)

黒豆の甘納豆作り


黒豆の甘納豆作り

 最近の十勝は雨が多くてヒュッテの仕事がはかどらず困っている。
 二週間前に更別産の黒豆の砂糖煮を作った。首尾よく行ったのだが 量が多すぎて持て余している。かくなる上はと 一部を甘納豆にして 残りは小分けにして冷凍することにした。
 甘納豆作りは初めてなので調べたら 要は適度に乾燥させて砂糖をまぶすということらしい。
 まず キッチンペーパーの上で一晩乾燥。(写真上)
次にグラニュー糖を入れたビニール袋に入れる。(写真下)

画像

 グラニュー糖の中で3時間ほど放置。(写真上)
ビニール袋から出して 一晩乾燥させた。(写真下)
 試食したら甘さも適度で まずは成功だ。ポイントは砂糖をまぶす前の乾燥のようで もう少し乾かした方が良かったのかもしれない。次に生かしたい。



2022624(金)

低い雲の日勝峠・日高側頂上 (祝20万回アクセス)

低い雲の日勝峠・日高側頂上 (祝20万回アクセス)

 最近の十勝は天候不順と聞き 6/22に様子を見に日勝峠を越えてきた。
 石狩側はほぼ快晴。
日勝峠を登り始めると晴れ・薄曇り。気温はズ~ッと18℃近く。

画像

 日勝峠の日高側頂上では 峠まで雲が上がっていた。頂上トンネルの入り口も見えない。しかし これはこれできれいだ。

画像

 頂上トンネルを出るとガス。視界は50m以下。前後・対向車もライトを付けてノロノロ運転。気温も急激に下がって14℃。5合目まで下ってもまだガスが抜けなかった。

 6/23になり 知らないうちに「アクセスが20万回」を越えた。ほぼ3年かかってしまったが マアマアなのかもしれない。当面はドラコさん・食いしん坊主さんを目標にしようと思っていたが 「日々のアクセス数は常に私の倍以上で 離される一方」だ。もうマイペースで行こうと決めた。今後ともよろしくお願いします。



2022623(木)

父の日プレゼントはシェパードだった


父の日プレゼントはシェパードだった

 今年の父の日6/19に2つのプレゼントをありがたく戴いた。
 左は黒のジャージで文字と絵がド派手だ。特注かと思ったら 既製品とのこと。今どきでもシェパード犬好きはそれなりの人数はいるのだろう。
 もう一つは右のステッカー?警告板?だ。30x45センチと大きいので 十勝ヒュッテの入口ドアに飾ることにした。もしクマが字を読めるなら 大いに有効だろう。

画像

 父の日にも愛犬シュバを歩行器に乗せて散歩した。最近は前脚も弱ってしまい 5メートル進んでは立ち止まるという有様だ。ただ食事の時は往年の目の輝きで 結構な食欲だ。まあ何とか頑張って長生きしてもらいたい。



<<
>>




 ABOUT
Elmtree
 もともとアウトドア大好き人間ですが 時間の制約から残念な思いをしてきました。2019年春に友人の協力を得て 十勝清水にMountain Cabinを自作するプロジェクトを始めました。若者を巻き込んで いつでもバトンタッチできる体制を心がけています。また近くの「遊び小屋コニファー」は アウトドアの大先輩としてリスペクトしています。なお 街・探検・文化については別ブログにしました。Elmtree2をご覧ください。

性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性個人
 カウンター
2019-05-16から
201,623hit
今日:21
昨日:436


戻る