9. 周辺の見どころ(5)


202044(土)

ニンニク醤油ラーメン 中山商店帯広店


ニンニク醤油ラーメン 中山商店帯広店

麺屋 中山商店 帯広店 3/19/2020
 ジョイフルに資材調達に行った帰りに寄りました。こってり系スープと太麺で評判らしい。本店は北見で 帯広店は大通りにある。ニンニク醤油ラーメンがいいと 若者は大盛(左)と普通盛り(右)。すごいボリュームだ。私は当然 普通の醤油(ニンニクなし)を頼んだが まるでお子様ラーメンのように見えた。しかし美味しかった。若者の食欲には改めて感心。



2020216(日)

十勝ケ丘展望台・十勝川温泉へ


十勝ケ丘展望台・十勝川温泉へ

十勝ケ丘展望台・十勝川温泉

 2/12に「十勝の魅力発信」さんが素晴らしい日高山脈の写真をアップしてくれました。よし明日は行くぞ! と初めての十勝ケ丘展望台の探訪へ。なるほど日高山脈の展望には最適だ。ポカポカの春陽気で気持ち良かったが 残念ながら目当ての日高山脈は春霞でボヤっとしてた。
 展望台から下った花時計のところは彩凛華というイベント会場になっていた。夜に明かりがつくときれいでしょう。
 十勝川温泉に下って 最近評判のガーデンスパの見物へ。昼食を買って 案内所で近所の温泉事情を伺ってから 帯広方面(木野町)の丸美ガ丘温泉へ。高台の昔風情の温泉で 露天風呂はないが展望の良い林の中で 好感が持てる。炭酸水素ナトリウムのモール泉(PH:8.6)。お湯は優しく よくあたたまった。
追記:道路状態にもよるが 十勝清水からの行程は1時間程度。



202028(土)

網走・流氷へ


網走・流氷へ

網走・流氷へ3時間
 北海道に住み着いてからもう50年 しかし一度もオホーツクの流氷を見たことがない。1-2月は年度末の多忙期で やれやれひと段落ついた時には流氷がなくなっていたためです。また網走は札幌からは遠すぎて 過去には夏に通りすぎただけでした。今回は2月1日に十勝清水から冬の網走へ足を延ばしました。約3時間です。
 オホーツク海が見えたとたんに気付きました。波が高い!流氷はどこ?しまった早すぎた。オーロラ号は運休。案内所で聞いたら いつもだと来ててもいいのだが。間違いないのは2月中旬とのこと。
 がっかりして 流氷館と博物館網走監獄の見学に切り替え その後網走湖のホテルで日帰り温泉。
 夕食は地元の方がよく行くという「鮨ダイニング月」へ。これは地物の魚も出す回転鮨だった。繁華街からはやや離れており車で市街の南の方へ。お店はかなりモダンな作り 案内パンフを提示するとヒラメ一皿がサービスとなった。かなりおいしい。今回の大発見だった。

追記:
ニュースによると昨日(2/7)に着岸したそうです。悔しい! 出直しです



202027(金)

塩別・つるつる温泉へ


塩別・つるつる温泉へ

つるつる温泉へ2時間

 一度は行ってみたいと思っていた塩別のつるつる温泉へ2月2日に行きました。十勝清水の現地から約2時間半。温泉はうわさにたがわず 肌はツルツル。PH=9.4で 主成分は炭酸ナトリウム。露天風呂も景観が良い。順調に飛ばして午前10時前には到着したが 日帰り入浴は11時からということでガックリ。宿泊帰りの方々から 近くの山の水族館を薦められて 早速行ってみた。この施設は15分でも見られるくらいこぢんまりとしているが 幻の巨大魚イトウの水槽やドクターフィッシュ(手を入れると角質を食べてくれる)の体験がとても面白い。小規模だが極めて特色があり 一見の価値あり。
塩別は今回の行程中での最低気温。昼時でもマイナス10℃以下。5ミリ位の雪の六華結晶を見た。さすが大雪山の東側と実感。



202026(木)

オンネトーの野中温泉へ


オンネトーの野中温泉へ

野中温泉へ2時間

 オンネトーの野中温泉の名前は聞いていたのですが 行ったことはありませんでした。たまたまネットで犬と一緒に泊まれる宿を検索をしていたら 野中温泉があったので 予約の上 1/31に十勝清水の現地経由で出かけました。現地から足寄を越えて阿寒湖方面へ オンネトー方向に右折。約2時間の行程でした。
 到着してから知ったのですが 犬ケージ付の客室は1室のみで中型犬まで 予約の時にそのコースを選択する必要があるとのこと。たまたま空いていたので宿泊できましたが 犬は車で一晩過ごすところでした。
 泉質は硫黄泉で 内湯も露天風呂とも申し分なし。本当にポカポカで湯冷めしなかった。ただ硫化水素ガス防止のために内湯はドアがあけ放し。吹雪の時は大変でしょう。
 夕食は部屋食で 温泉宿の標準的だが 心のこもった料理でした。
次にもぜひ行きたいが ペット部屋があいているかどうかの確認を忘れないようにします。



<<
>>




 ABOUT
Elmtree
 もともとアウトドア大好き人間ですが 時間の制約から残念な思いをしてきました。2019年に友人の協力を得て 十勝清水にMountain Cabinの自作を始めました。若者を巻き込み いつでもバトンタッチできる体制を心がけています。また近くの「遊び小屋コニファー」は アウトドアの大先輩としてリスペクトしています。なお 街・探検・文化についてはElmtree2をご覧ください。

性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性個人
 カウンター
2019-05-16から
11,930hit
今日:22
昨日:121


戻る