9. 周辺の見どころ(206)


202423(土)

十勝フェアのサウナ券をゲット これは楽しみ


十勝フェアのサウナ券をゲット これは楽しみ

 東京に住むTさんから「十勝フェアに応募したらサウナパスポートが当たったので差し上げる」という連絡があった。
画像
 送られてきたのは3500円相当で 十勝地方12か所のサウナ施設のうちの4か所で優待あるいは割引が受けられるというもの。有効期限は昨年10/1~今年3/10だ。
画像
 私はサウナが苦手だが温泉は大好きなのでこれは有難い。まだ行ったことがない温泉もある。このキャンペーン東京地区限定だったようだが「十勝のサウナ・温泉」が広く世に知られるのは喜ばしいことだ。冬期なので十勝ヒュッテにはあまり行けてないのだが パスポートは3/10までということで これは忙しくなってきた。随時紹介したい。



20231217(日)

芽室の初冬風景 防風林は落葉


芽室の初冬風景 防風林は落葉

 春から夏にかけてよく見えるパッチワークの畑の状態がどうなっているのかを確かめるため 芽室の初冬風景を見物に行った。
画像
 朝食後に清水旭山の十勝ヒュッテを出発。天気は寒々とした高曇りだった。
画像
 途中で振り返ると剣山が見えた。
画像
 防風林のカラマツや白樺は葉が全部落ちていた。
画像
 林の向こうに山がすけて見えた。
画像
 南には帯広岳(1089m) その後ろの十勝幌尻岳(1846m)は上が雲に覆われていた。
画像
 畑には何が植えられているのだろうか。奥には南に続く日高山脈の一端が見えた。
画像
 放牧されていた牛も集められていた。冬ごもりの準備だろう。
画像
 嵐山展望台から見えるパッチワークは初冬ではこのような状態だった。
 この芽室のパッチワークだが農地を区切っている道路の方向は『東西南北』ではなく『東北・西南・東南・北西』になっている。十勝全体でもこの傾向がある。なにか特別の理由があるのだろうか。



20231215(金)

音更の『アーバンキャンプ場』を見学した


音更の『アーバンキャンプ場』を見学した

 コニファーの元オーナーKさんは引退して音更に移った。最近『アーバンキャンプ場』をやっているらしいと聞いたので見学に行った。
 場所は音更本町のほぼ真ん中だった。これはなるほど立派な薪小屋兼サウナだ。このキャンプ場の社長の手作りとのこと。右手は水風呂。
画像
 サウナ室は2-3人用のスペースだが立派すぎる出来だ。
画像
 ここでは良質のナラ材のマキとスエーデントーチを格安で販売している。大束で1100円とのこと。素晴らしい。
画像
 サウナ小屋の右手の建物はBBQハウスとのこと。
画像
 BBQハウスの内部。手作り感はあるが20人ぐらいは十分なスペースだ。全天候OKだ。
画像
 駐車場の上のこの建物も手作りだそうだ。驚いてしまう。
画像
 内部をのぞくと 十分にリラックスできるスペースが。空調付きだ。右奥には寝れるスペースも。
画像
 屋外にはグランピングの大型テント。自前テントの方はこのスペースに張れるし 焚火もできる。後ろ側にはA-coopのマーケットがあるので 手ぶらで来ても隣で買い出しすれば何でもそろう。街中の利点だ。
画像
 このアーバンキャンプ場のオーナーは 手前にある『アブラビレ』という居酒屋・和食堂の社長さんだそうだ。
画像
 この食堂でランチを頂いた。チキン唐揚げ丼1000円。
『街中キャンプ場』とは意表を突かれたが なるほどこれだけ充実していると十分に楽しめると思う。特に これからキャンプを始めようとする方が機材の使い方・火のおこしかた・燻製の仕方を教えてもらったり試したりできるのはすばらしい。
 詳細はこれから考えるそうだが 現時点では1名千円で使わせていただけるそうだ。営業は金・土・日曜と祝日。問い合わせ先:音更町・和食・アブラビレ



20231212(火)

産直で十勝豆探し 道の駅巡り


産直で十勝豆探し 道の駅巡り

 家内から『十勝行くなら白い豆を買って来て』とご下命があった。以前に更別の道の駅に行った時に 確か地豆が何種類も置いてあった記憶があるので まずは道の駅だろうと思い 今回は『道の駅中札内・音更のハピオ・道の駅音更』をめぐり十勝の豆を探した。
 まずは『道の駅中札内』へ。残念ながら地産品の建物はしまっていた。来年の四月に再開だそうだ。
画像
 入り口の左側に人だかりがあった。よく見ると卵の自動販売機だった。たしかに中札内は地鶏の産地と聞いたことがあるので その関連か。10個入り240円のようだ。
画像
 次は帯広で給油して北上 『音更のハピオ』へ。産直コーナーに豆のコーナーがあって 大豆も小豆も含めて多種類が並んでいた。
画像
 定番の黒豆の他に見たこともない白黒の豆もあった。
画像
 最後に『道の駅音更』に。
画像
 ここには豆の種類が多かった。
画像
小豆・大豆・黒豆。それに金時豆。
画像
 と言うことで 白い豆がなかったのは残念だが 黒豆と金時豆2種をゲットした。これでとりあえずのニーズは対応できるだろう。
 昨年立ち寄った道の駅更別にはもっとたくさんあった記憶があるので 次の機会に再訪してみたい。このように豊富な豆があるのはさすが『十勝は豆の大産地』だ。



20231210(日)

中札内の十勝エアポートスパ 再訪 清潔でよい


中札内の十勝エアポートスパ  再訪 清潔でよい

 冬枯れになってから十勝ヒュッテに来てもやることがなくヒマ。午前から中札内の十勝エアポートスパの温泉へ行くことにした。ここは午前7時から午後10時までやっている。
画像
 この温泉は中札内のフーリーエンドルフの奥にあるので途中でグランピングのテントも見える。
画像
 カラマツ林の中のキャビン。
画像
 ここは帯広駅前の福井ホテルのモール泉を運んでいるので 源泉かけ流しとはいかないが良い所もある。まずはタオル・バスタオルが備え付けのこと。またどこも清潔感があること。
画像
 お客がいないようなので ちょっとドア越しに失礼した。中は大理石仕上げ風で 露天風呂には寝湯もある。もちろん立派なサウナも。
画像
 お休み処もスッキリとしていてきれいだ。『源泉かけ流しにこだわる温泉好きの方』は多いが 一方で『清潔感がないとどうも』と言う方も多いだろう。ここは清潔感を求める方には好適だ。
画像
 今回は1年前に支払ったままの回数券を引き取った。10枚で3千円。当時は特販していたと思うが 10年間有効なのでたまに行っても全く問題ない。現在も8千円で販売しているようだ。
<十勝ヒュッテから40km 45分>



<<
>>




 ABOUT
Elmtree
 もともとアウトドア大好き人間ですが 時間の制約から残念な思いをしてきました。2019年春に友人の協力を得て 十勝清水にMountain Cabinを自作するプロジェクトを始めました。若者を巻き込んで いつでもバトンタッチできる体制を心がけています。また近くの「遊び小屋コニファー」は アウトドアの大先輩としてリスペクトしています。なお 街・探検・文化については別ブログにしました。Elmtree2をご覧ください。

性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性個人
 カウンター
2019-05-16から
401,783hit
今日:291
昨日:296


戻る