6. たき火 Outside wood fire(3)


202048(水)

今年初の焚火


今年初の焚火

今年初の焚火です 4/5/2020

 現在 新コロナで緊急事態宣言が出たが 家で缶詰よりは ここにきてきれいな空気の中で焚火をすることをお勧めします。随時歓迎です。(火の始末はくれぐれも注意です)

 今回は柔道部の力自慢が参加のため(注) 焚火サイトの雪堀をやってもらった。アッという間に焚火サイトが現れ 即 建築端材を集めて焚火に。地面は黒土のぬかるみだが 構わず火をつけると問題なく燃えました。
画像

 午後の作業休憩時に焚火を囲みましたが ケトルのコーヒーはインスタでもおいしい。料理好きの一人は小型フライパンを持参で ソーセージを焼き始めた。なかなかおいしい。
 今期初めての焚火だが 小さくとも暖があるあるというのは心強い。参加者も満足。

(注)新コロナのため大学は休校になっているが部活動も休止なので柔道部だと道場にも入れないとのこと。これからも現場作業に協力いただけると助かります。



20191023(水)

番外: スエーデントーチとダッチオーブン


番外: スエーデントーチとダッチオーブン

 K社長とコニファーのオーナーのご厚意で スエーデントーチとダッチオーブンのコラボにご一緒させていただきました。スエーデントーチは最近はホームセンターでも見かけるようになりました。名称はいろいろあるそうです。
 まず適当な丸太にチェーンソーで切れ目を複数入れる。下方(底)の空気穴は 気温や木質や乾燥度によってあったりなかったりだそうです。着火剤を入れて点火。
 この時のダッチオーブンはアルミ合金製で 蓋の上からは別のたき火のオキを載せて均一化していました。15-20分程度でOKだそうですが この時のメニューのチーズ入り鶏肉蒸しはやや出来すぎでチーズが焦げ気味でした。
 料理の後は火の色と形を楽しみます。ハロウインのパンプキンランタンの趣があって きれいですね。最後は崩れますが コンパクトにまとまったままなので始末は楽です。
 適当な乾燥丸太とチェーンソーがあれば自作出来そうです。冬の雪の上でもいけそうで 一度は試してみたいですね。
 なかなか楽しい体験でした。



20191022(火)

たき火サイトの完成


たき火サイトの完成

 このプロジェクトではたき火の癒しは重要テーマの一つです。コニファーで知り合いになったK社長とはこの意義で一致しました(と言うよりいろいろ教えて頂きました)。結果として Cabinの完成より先に立派なたき火スペースがデッキの前に完成してしまいした。
 石組サークルの直径約2m(左写真)でかなり大きいです。中央は掘り下げ 周囲は御影石(注)でサークルとし 外部には砕石を敷いてもらいました。建築端材伐採白樺もたくさんあるので しばらくはマキに困らないでしょう。
 9月29日には コニファーでご一緒したキャンパーご一家にも参加頂いて火入れ式(下写真)を行いました。お祝いにお酒まで頂戴して恐縮でした。
 使い勝手も非常に良く このプロジェクトの作業中にも暖かい昼食(右写真)が可能になりました。関係の方々にはお使いいただけますが 火の始末には万全を期してください。

(注)御影石は墓石などで有名な花崗岩ですが 名前は主産地の兵庫県御影に由来します。今回は石組みサークルのために近くの河原の石を集めてもらったのですが 同様の花崗岩に見えるのでシャレで御影石としました。ここの地名が御影なのは本当にこの御影石に由来するのかもしれませんが。要調査です。



<<
>>




 ABOUT
Elmtree
 もともとアウトドア大好き人間ですが 時間の制約から残念な思いをしてきました。2019年に友人の協力を得て 十勝清水にMountain Cabinの自作を始めました。若者を巻き込み いつでもバトンタッチできる体制を心がけています。また近くの「遊び小屋コニファー」は アウトドアの大先輩としてリスペクトしています。なお 街・探検・文化についてはElmtree2をご覧ください。

性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性個人
 カウンター
2019-05-16から
11,945hit
今日:37
昨日:121


戻る