2018118(木)

村瀬さんのアズキ とかちむら産直市場で本日から販売です


村瀬さんのアズキ とかちむら産直市場で本日から販売です

 本日から、帯広市内の競馬馬にある「とかちむら産直市場」で、音更町の村瀬さんのこの秋に収穫した小豆(あずき)を販売してます。300gで270円です。品種は十勝を代表するエリモ小豆です。

 あらためて、十勝を代表する農産物はというと、やはり小豆なのでしょうか?

 以前、江ノ島にある仲見世通りを観光していたら、団子屋だったか饅頭屋か忘れてしまいましたが、店のオヤジが「ここの餡子は北海道十勝産の小豆だ」と自慢していて、十勝の人間としては、誇らしかったのかを思い出しました。

 昭和の時代、小豆の価格が不作のために暴騰、「赤いダイヤ」と呼ばれたりして、光と影を持つ作物ですが、同じく「黒いダイヤ」と呼ばれた石炭と重ねると、高度成長期の産物とも言えるかもしれません。

 大豆と違って油脂分が少ないため、用途は限られますが、全国に誇る豆の魅力をご賞味ください。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
office FARM
代表:帯広畜産大を卒業後、十勝の農協に営農指導員として就職。その後新聞社に転職、イベントやモデルハウス運営に従事し、2006年に独立起業。土地区画整理事業や開発行為等デベロッパーとして、また産直の立ち上げにも関わり、現在は無農薬で小さな農園経営に全力を注ぐ。


エリア十勝
属性事業者
 GUIDE
 カウンター
2007-03-01から
160,355hit
今日:5
昨日:15


戻る