カテゴリメニュー


2018716(月)

おびひろホコテン 軽トラで野菜やハーブを出品しました。


おびひろホコテン 軽トラで野菜やハーブを出品しました。

 7月15日日曜日、おびひろホコテン(歩行会者天国)に、Tomo's FARMの愛車 サンバークラシックと共に初参加しました。

 当日はあいにくの雨と7月とは思えない寒さで、売り上げは今一つでしたが、久しぶりのお客様との対面での販売がてきて、うれしい1日でした。

 帯広北高校のパレードやダンスもあって、結構な賑わいでした。わたしもこんな時代があったなあと、懐かしさもこみ上げてきました。
 高校時代、1カ月かけて放課後、なぜか亀のオブジェ作りの担当になって、黙々と針金と石膏で格闘、それを引っ張って、稚内の街の中を、延々と練り歩いたことを思い出しました。
 きっと彼らも何十年か後、父となり母となったとき、この街で仲間と雨の中、歩いて踊ったことを思い出すことでしょう。

 次回、Tomo's FARMの出店は、7月29日の日曜日です。ホコテン見学ついでに寄ってくだされば幸いです。

画像

画像



2018428(土)

藤丸にリニューアル出店---旬の野菜とハーブを毎日直送!


藤丸にリニューアル出店---旬の野菜とハーブを毎日直送!

 4月26日、「とかちまるしぇ」として改装オープンした藤丸百貨店の地階道産売場に、わがオフィスファームの農業部門「Tomo’s FARM」がテナント出店を果たしました。

 昨年まで九州屋さんのテナント内で、コーナーをいただいていましたが、今回のリニューアルに併せて、広さはわずかですが、独立したテナントとして開店させていただきました。

 藤丸さんとしては、「とかちまるしぇ」の売場は、より十勝らしさを前面に打ち出そうと、十勝産チーズを約80種取り揃えたり、蜂蜜、ハンバーグなど約500種の十勝産品を集めたとのことです。

 デパートの一角に店舗を構えさせていただくというのは、大変光栄なことで、その品格を損なわないよう安全・安心な農場直送の野菜・ハーブをお届けしたいと思います。



2017122(土)

インナービューティー 横山アディナ先生

インナービューティー 横山アディナ先生

mihoです。

本日はガーデンスパ十勝川温泉で料理教室に行ってきました。
講師は横山アディナ先生です。

血液サラサラのビーツポタージュ
腸をお掃除してくれる豆のペースト
体を芯から温めてくれる野菜のオーブン焼き
を作りました。

自社農園トモズファームでも作っている、ビーツはアディナ先生も料理でよく使っているとのことでした。
ビーツ料理の中でも特に生ビーツのジュースは健康によく、おいしいからぜひ家庭でも作って欲しいとのことです(*‘ω‘ *)

そしてアディナ先生効果で、ガーデンスパさんに出させていただいてるうちのビーツが本日完売しておりました…!!
購入していただいた皆さん、ありがとうございます。

久々にうれしい出来事でした。
安心・安全な作物作りをモットーに励んで行きます(*'▽')

                                               



2017105(木)

ズッキーニとピーマンと牛肉のオイスターソース炒め

ズッキーニとピーマンと牛肉のオイスターソース炒め

Mihoです。

トモズファームで採れた特大白ズッキーニを友人Iちゃんが調理してくれました。
緑や黄色はよく売られていますが、白ズッキーニってあんまりスーパーでは見ないような気がします。
そのズッキーニちゃんを、ピーマンと牛肉をオイスターソース炒めたもので
とっても美味しそうです(*‘ω‘ *)
今度またIちゃんが作った時は、ごちそうになろうと思いました。



2017101(日)

JA新中札内村直売所オープン 


JA新中札内村直売所オープン 

画像

 somaです。

 本日、10月1日、JA中札内村の直売所が新装オープンしました。

 わが農園の野菜も含め、音更町木野産野菜を直送、店頭販売しました。
 でも、とにかくお客様の行列がすごかった。店に入るのに順番待ちさせられ、さらに買物をしても、レジにたどり着くのにまたもや長蛇の列。
 店内にはイートインスペースもあり、居合わせた野菜出荷者の柴田さんには、枝豆アイスクリームをおごっていただきました。青臭さもなく、初体験の味です。また、十勝名物の豚丼もいただきましたが、こちらにも枝豆がたっぷり載っています。さすが、枝豆日本一の産地です。

 それにしても、十勝は直売所建設ブームの波が来ています。わが音更町内にも、ここ1、2年の間に3カ所が新しく設立しています。

 かつて、無人販売所が日本全国中を席巻していた時期がありました。しかし、無銭で商品を持ち去る輩もいたりして、すっかりこの販売形式はすたれてしまいました。その後、生産者グループによる直売方式に移行しながら、一方で強力なJAなどの資本が後押し、直売所は、新たな装いで消費者に浸透し始めています。

これを流行で終わらせないためには、直売所がスローガンに掲げる安心・安全はもちろんのこと、新鮮・低廉価格を守り続けることだと思います。

 卸売市場には安定供給としての果たす役割があり、今は点に過ぎない直売所が、その補完機能を果たせるか、答えは、その広がりにあるのではないでしょうか。

画像
開店前 自販機が直売所にはちょっと不釣り合いな気もしますが。



<<
>>




 ABOUT
office FARM
代表:帯広畜産大を卒業後、十勝の農協に営農指導員として就職。その後新聞社に転職、イベントやモデルハウス運営に従事し、2006年に独立起業。土地区画整理事業や開発行為等デベロッパーとして、また産直の立ち上げにも関わり、現在は無農薬で小さな農園経営に全力を注ぐ。


エリア十勝
属性事業者
 GUIDE
 カウンター
2007-03-01から
157,667hit
今日:3
昨日:8


戻る