物件の絞り込み条件条件をクリックして物件を絞り込み
計:2
CHUBBYチャビィ-
2LDK
CHUBBYチャビィ-
エアコン・駐車場2台ゼロ・オール電化・公園隣接
1322日前
帯広市西20条南4丁目29番5
種目アパート/賃貸家賃6.5万円築年2009
一戸建て農家住宅 芽室町郊外
5DK
一戸建て農家住宅 芽室町郊外
日高山脈望む農村地帯、果樹園。改装自由、現状回復義務なし。
1433日前
芽室町新生8線17番地
種目一戸建て/賃貸家賃1万円築年1970

<<
>>
カテゴリメニュー


2018118(木)

村瀬さんのアズキ とかちむら産直市場で本日から販売です


村瀬さんのアズキ とかちむら産直市場で本日から販売です

 本日から、帯広市内の競馬馬にある「とかちむら産直市場」で、音更町の村瀬さんのこの秋に収穫した小豆(あずき)を販売してます。300gで270円です。品種は十勝を代表するエリモ小豆です。

 あらためて、十勝を代表する農産物はというと、やはり小豆なのでしょうか?

 以前、江ノ島にある仲見世通りを観光していたら、団子屋だったか饅頭屋か忘れてしまいましたが、店のオヤジが「ここの餡子は北海道十勝産の小豆だ」と自慢していて、十勝の人間としては、誇らしかったのかを思い出しました。

 昭和の時代、小豆の価格が不作のために暴騰、「赤いダイヤ」と呼ばれたりして、光と影を持つ作物ですが、同じく「黒いダイヤ」と呼ばれた石炭と重ねると、高度成長期の産物とも言えるかもしれません。

 大豆と違って油脂分が少ないため、用途は限られますが、全国に誇る豆の魅力をご賞味ください。



2018112(金)

こだわりの店(7) リストランテ「クレス」


こだわりの店(7)  リストランテ「クレス」

 農家レストランをいつかやってみたいわたしにとって、理想のありかたです。

 建物の配置は、レストラン、雑貨店、研修ハウス、そして農産物直売所まで併設しています。また、看板には、ハーブガーデンの文字がありましたが、訪れた時期が遅かったせいなのか、ハーブの花は咲いてはいませんでしたが。
 でも、食後には、綺麗に整備された芝生の小径を散歩できたりと、非日常の癒しの空間でした。

 ランチは、平日の午後過ぎだったのに女性客で大にぎわいでした。メニューも女性を意識してなのか、野菜中心のビュッフェスタイルなので、男性には少々物足りないかも。値段は、前日、札幌に行く途中で寄った北広島町にある「くるる」と同じ1,700円。自分的には、たまに直売所を見て歩くという目的もあるので、まあ、許せる範囲でしょうか。

 田園の中に佇む農家レストラン。北海道だからこそ、もっともっとほしい食と癒しの空間。このお店がいつまでも続くこと祈って次の目的地に向かいました。

画像

画像

画像

画像



20181014(日)

樹ガーデン(いつきガーデン) 鎌倉市


樹ガーデン(いつきガーデン) 鎌倉市

 JR鎌倉駅から徒歩20分ほどの天空カフェ。

 出発地、藤沢市からの交通機関は通称「江ノ電」で。いつの間にか車輌が真新しくなり、自分のイルメージにある古都の風情がちょっぴりダウンしたのは否めませんが。
 山頂に続く長い階段を上ると、リスや野鳥がさえずる森の中に、白と赤色のパラソルのテラス席が点在しています。

画像

 レンガ造りの城壁のようでもあり、「ラピュタの城」を思わせる異空間です。オープンエアなので、雨の日は辛いでしょうが、こういうカフェ、わたし的には有りです。
 メニューは、カレーを注文しましたが、ビールが旨し。初めて知りましたが、陶器製のビアカップは、冷えが長持ちするもんなんですね。周囲のマイナスパワーと相まって、清涼感満喫でした。

画像

画像

 隣接した建物は、別荘なのか、住居だとしたらこの上なく不便だろうし。
 自分が描くカフェは、畑の中にある住居兼用のランチのみ提供の飲食店。そこに暮らしがあって、日々採れた野菜やハーブを使って、気まま(わがまま?)にやりたい。
 現在の実現度は50%といったところでしょうか。場所と材料は揃いましたが、あとは人です。農作業もできて料理もできる。そんな人はたくさんいるはずだけど。問題はこれが商売になるかですよね。やはり、神頼みしかなさそうです。

 今回の鎌倉のわたしのお目当は、鎌倉市農協蓮即売所。ブランドにもなっている鎌倉野菜、残念ながら当日は休みだったため、見学することはできなかったので、近くにある仕事運のご利益のあるとされる鶴岡八幡宮をお参りして、勝運アップを祈りました。



2018109(火)

スティックブロッコリーとカリフローレ 見慣れない野菜ですが?


スティックブロッコリーとカリフローレ 見慣れない野菜ですが?

 皆さんは、これらの野菜、スーパーとかで見たことないですよね!

 ここ数年で登場した新顔野菜です。

 スティックブロッコリーとは、お馴染み栄養野菜の代表格、ブロッコリーの細身版で花蕾だけでなく、茎まで食べられます。茹でるととっても柔らかで、食べ方はブロッコリーと同じように、マヨネーズをつけたりします。
 カリフローレは、カリフラワーの変形というか、花蕾が細かいので、食べやすくしています。癖もなく、ネーミングもちょっとオシャレなので、カリフラワー1個丸マンマよりは単身女性でも購入しやすいのでは?

 帯広市内では、藤丸1階地下食品売場の十勝マルシェコーナーと競馬場敷地内のとかちむら産直市場にて置かさせていただいております。



2018914(金)

カラフルミニトマトMIX販売中。


カラフルミニトマトMIX販売中。

わが農園「Tomo’s FARM」の温室は、さまざまな色、形、大きさのミニトマトがたわわに実っています。その品種の数は10週類以上。まだまだ就農3年目の素人農家は品種数だけは他に負けない変な自負を持っています。
正直、水管理を失敗しました。灌水量を多すぎて、味が少々水っぽいです。その分、見た目で勝負ですが、消費者の目は厳しい。ある直売所の店長によると、青色のトマトがお客様には未熟玉が混ざってるようで、避けられているのではというご指摘。早速、試食用を用意しました。この品種は「ミドリちゃん」。なんだか人を小馬鹿にしたようなネーミングですが、「チョコちゃん」は濃厚で
味わい深く、「ゼブラトマト」はその名の通り、赤色肌に緑の縦縞が入り、味もちょっと野性味があり、昔懐かしのトマトという感触でしょうか。

このMIXトマトは、帯広市内では、藤丸デパートの地下食品売り場にあるオフィスファーム朝採り野菜コーナー、帯広競馬場内の「とかちむら産直市場」、音更町内の「きのっ子ファーマーズ」、「らららマルシェ」、そして9月後半からは「ホーマック音更店」で販売中です。

また、農園では、事前予約していただければ、これらミニトマトの収穫体験もしていおりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。



<<
>>




 ABOUT
office FARM
代表:帯広畜産大を卒業後、十勝の農協に営農指導員として就職。その後新聞社に転職、イベントやモデルハウス運営に従事し、2006年に独立起業。土地区画整理事業や開発行為等デベロッパーとして、また産直の立ち上げにも関わり、現在は無農薬で小さな農園経営に全力を注ぐ。


エリア十勝
属性事業者
 GUIDE
 カウンター
2007-03-01から
160,800hit
今日:1
昨日:3


戻る