花火大会(6)


2013812(月)

勝毎花火大会の草刈終了


勝毎花火大会の草刈終了

 有料席と招待席ブロックの草刈が終了しました。

 今年は作業が楽。
 今までは、1週間も前から河川敷の階段ブロックをブルーシートで覆いする席取り競争が過熱していて、いちいちシートの押さえつけているガムテープをはぎとるという余計な作業が発生してました。けれど、こんな行為が数年前から禁止事項になってしまいました。
画像

 それでも、ガムテープの代わりにしている石がそこここにあったりして。これを観客の方々は持ち帰らずに、座席ブロックの下に置き放しのままなので、年を追うごとに増えてきて、刈払機の刃に当たって危険です。
画像

 いよいよ、明日は本番。晴れるといいですね。
 現在、帯広は雨ですが、明日の天気予報は曇りで、気温も最高で25度なので、ほどほどに楽しめそうです。



200984(火)

花火大会の座席とり


花火大会の座席とり

 今年も8月13日の花火大会がやってきますね。

 気のせいか年々一般観覧席の座席分捕り合戦が過熱しているようで、すでに本番10日以上前だというのに、十勝川の河川敷はブルーシートで会場中心から埋め尽くされていく感じです。
 シートは、コンクリートのブロックにガムテープでがっちりと貼り付けられ、中にはイニシャルをマジックで記している人もいて、壮観です。

 わたしの仕事は会場の草刈です。
 この間を縫って、刈払機で草を刈っていかねばなりません。もしも、シートを破ってしまったらごめんなさい。



200982(日)

帯広街中に熱気球


帯広街中に熱気球

 今朝、帯広市内を車で走ってたら、突如、ビルの上に熱気球がふわりと浮かんでいるので、ビックリ。
 曇天模様の中、虹色の気球が鮮やかに空に彩りを添えてました。

 十勝にふさわしくない最近の雨がちな天候は、いろんな方面の人たちに不安を投げかけ、この夏から野菜直売を始めたわたしにも、大きな影響を与えてます。
 せめて、レジャーや観光がこの十勝の夏を活性化してくれればと思いますが。

 突然の思いつきですが、熱気球大会も、この夏の花火大会に併せて、十勝川で開催すると、もっと人寄せになるかもしれません。



200889(土)

キツネ受難 -花火会場-


キツネ受難 -花火会場-

 花火大会の会場設営準備中に、十勝川の河川敷で呑気なキツネと出会いました。

 草刈りの騒音で昼寝中を起こされたのか、あくびをしながら、私の前にノコノコと出てきました。大して人間を怖がる様子もなく、人前でウンチもしでかす始末。こちらが睨むと吠えたりして何とも人慣れしています。当のキツネにしてみれば、縄張りを荒されたと思ったのかも。

 そして、たぶん同じキツネだと思うのですが、昨日に引き続き、今日も出会ってしまいました。

 花火大会本番当日、たぶん眠れない夜を過ごすことになり、このキツネ様の受難は続くと思われます。
画像
画像



200887(木)

花火大会と十勝人のモラル


花火大会と十勝人のモラル

今、花火大会会場で、草刈りの真っ最中。
連日、帯広は、今までの曇天状態から打って変っての30度を超える猛暑で、私は熱中症なりかけ寸前の状態です。

会場であるここ十勝川河川敷は、例年のように座席確保のための青色や緑色のビニールシートが敷かれ始めました。なぜか年々、このシートの埋まり方が早まっている傾向があるような気がしますが。

場所取りのために10日以上も前からがんばるのもわかりますが、どうなんでしょう。そこまでして花火を見なくてはならないものなんでしょうかね。
私的に言えば、とにかく草刈りの支障にならなれればよろしいのですが。

また、花火大会終了後の次の朝は、会場のみならず、道路も悲惨です。見物客が残して行ったゴミの山です。中には、街路樹や橋にごみがいっぱいになったコンビニ袋を縛り付ける輩もいます。町内会によっては住民が一斉にこの日に合わせて清掃作業するところもあるとのことです。
十勝管外の花火大会は見に行ったことはないですが、事情通によると十勝が一番モラル低いとのことです。
今や、全国規模にまでなってしまった十勝の花火大会なので、必ずしも十勝人がしでかすということではないかも知れませんが。

翻って十勝人の新らし物好きで飽きやすい性格は、特に新築住宅のデザインの嗜好性を見ると明らかと思います。十勝管外の人からはよく街並みが次々と変わっていって活気があるともいわれますが、どうなんでしょう。

レーザーショーや2万発の花火打ち上げを見て、やはり十勝は景気がいいと思わるのでしょうが、モラルとマナーがともなった景気浮揚策を期待したいものです。



<<
>>




 ABOUT
office FARM
代表:帯広畜産大学卒、十勝の農協へ就職。その後新聞社に転職、2006年独立起業。デベロッパーも手がけ、産直の立ち上げにも関わる。今は無農薬での農園経営に魅了される。
あやみ:オーストラリアや沖縄で武者修行。料理好き。将来は自ら農園で栽培した野菜やハーブでレストランをやるのが夢。今、その道の途上。
かすみ:造園プランニング業を経て、神奈川でハーブ栽培を研修。今、十勝に根ざすハーブ園作りに情熱を注ぐ。


エリア十勝
属性事業者
 GUIDE
 カウンター
2007-03-01から
180,658hit
今日:18
昨日:42


戻る