201583(月)

クラシックトラクター発見の旅 ---10---


クラシックトラクター発見の旅 ---10---

 国道12号線を美唄市から三笠市に入ったところで、車のナビに従い、左折。狭い山道をおそるおそる向かう。
 途中で墓場に出会い、本当にこのアクセスでよかったのか、大いに不安になる(ここは正規のルートではなかったことが帰りに判明。道央自動車道三笠インターチェンジから行くと良いみたいです)。
 しかし、そのまま進むと、一気に視界が広がり、無事到着。
 
画像

 ここにあるワインショップは土日祝日のみの営業とのこと。
 たまたま訪れたのが日曜日だったので、店内に入ることができました。小洒落た感じです。
 
画像


 そして、さんぜんと丘の上に立つ「山崎ワイナリー」の看板と赤いトラクター。アメリカのインターナショナル社のインター576だろうか?ワインに赤いトラクターは、絵になりますね。


 丘陵地にある段々畑は、映画の舞台にもなったぐらいなので、風景画にしてもいいくらいの景色ですが、ここの開拓の歴史は苦労との格闘ではなかったかと他人ごとながら、勝手に想像してしまいます。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
office FARM
代表:帯広畜産大学卒、十勝の農協へ就職。その後新聞社に転職、2006年独立起業。デベロッパーも手がけ、産直の立ち上げにも関わる。今は無農薬での農園経営に魅了される。
ゆかり:元デパートの美容部員。直売所勤務を通じて農業の可能性に気づく。農家カフェの開業も視野に。今、その道の途上。



エリア十勝
属性事業者
 GUIDE
 カウンター
2007-03-01から
191,854hit
今日:6
昨日:43


戻る