2010216(火)

ダッチオーブン、コンボクッカーを使って…


ダッチオーブン、コンボクッカーを使って…

「イサムB3」がお鍋を買ったそうで
イサムB3さんが買った鍋
家ダッチデビューおめでとうございます (笑)

さて、この鍋で何作ろう?
ワガヤでのコンボクッカーでよく作るものの一つに「本格炒飯」があります。
「エッ!あの重い鍋振るの?」って、それは腱鞘炎になってしまいますよ (笑)
本格炒飯を作るには中華コンロのように強い火力が必要なんですが、そんな火力は家庭コンロではできません。
そこで、ダッチオーブンの高い蓄熱力を使います。

まず、台所をかたずけます (笑)
炒飯作りに必要なものを全て用意します。
ご飯、細切れ野菜、とき卵、肉、塩コショウ、醤油、胡麻油…
まずコンボクッカーの本体(深いフライパン)。この深さが重要なポイントです。
煙が出るくらい熱くします。熱くなったら胡麻油を入れまた熱くします。
ここからが早い!
溶き卵を投入、すぐ焼けます。すぐ肉、野菜を入れ10秒いためます。
ご飯投入、お玉でひたすらかき混ぜる
ご飯がほぐれたら、塩コショウを入れまたかき混ぜる。
鍋肌に醤油を回し入れ、仕上げに飾り胡麻油をタラリ。
完成! 卵投入から完成まで、約一分。
あっという間、写真撮る余裕はありません。

強い火力がない替わりに、ダッチにおもいっきり熱を貯めてから作るんです。ご飯投入でも鍋の温度は下がりません。
一気に作るので、表面は焼けますが、米の中はシットリです。ダッチならではの炒飯です。

フライパンが深いので、ガンガンかき混ぜてもご飯は外に飛び散りません。
なかなかいいでしょ (笑)

画像
最後にお皿に載せてからかけるのが、この胡椒。
イギリスの「SALTER外部リンク社」の電動ペッパーミルです。

粗挽き胡椒、仕上げに欠かせません。

食べた後に、歯に挟まった胡椒がまた「ガリッ」と
二度も三度も楽しめる胡椒です (笑)






 コメント(16件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
鉄鍋
美味しそうな写真を撮るために料理を作っています。なるべく人と違う視点で撮ることができたら~と思っています。
家の中で使うダッチオーブンが当面のテーマです。
さらに2011、5月末に糖尿病と診断され、それ以降は糖質管理食も健康のための重要なテーマとなっています

性別
エリア帯広市
属性個人
 カウンター
2009-02-24から
626,125hit
今日:1
昨日:70


戻る