愛犬シュバ(36)


2023419(水)

愛犬「シュバルツ」 献体になった


愛犬「シュバルツ」 献体になった

 愛犬シュバは要介護犬だったが 残念なことに昨日(4/17)亡くなってしまった。昨晩は私の居室で花と線香でお通夜をし 今日の午後に北大の動物医療センター(動物病院)に運んだ。(写真は在りし日の決めポーズ 居室にて 2021年)
画像
 (走った後。東区のモエレ沼公園 2020年夏)

画像
 (昨日のシュバ 穏やかな寝顔だった)

画像
 緑の北部キャンパスにある獣医学部付近。

画像
 動物医療センター。

画像
 中はホテルロビーの雰囲気だ。

 病理解剖をして頂く先生が来られたので 献体の理由を「今後の動物のお役に立つならば。。。」と言おうしたが こみあげて来て不覚にも言葉にならなかった。
 今日・明日の解剖で その後火葬 お骨は今週中ぐらいにお返しいただける。病理の結果は後日に説明頂けるとのことで その後に顕微鏡による研究もするそうだ。献体は病理研究が目的なので すべてが受け入れられるわけでもないようだ。
 車まで男女2人の学生が運びに来てくれたが 男子学生がどうも非力で持ち上げるのに手こずっていた。「近頃の獣医の学生さん 大丈夫?」と思わず言ってしまった(笑)。とにかくシュバはいつものハーネスを使って建物に運ばれて行った。
 最後まで人をなごませる立派な相棒だった。ほぼ12年にもわたり私に付き合ってくれて 心から感謝している。



2023417(月)

愛犬「シュバルツ」の近況


愛犬「シュバルツ」の近況

 愛犬シュバルツ「シュバ」(ジャーマンシェパード ♀)は今日4月17日早朝 私の部屋で永眠しました。2011年7月30日誕生ですから 11歳9か月でした。変性性脊椎症(DM)の発症が2020年秋でしたから 約2年半になります。主治医は「普通は半年と言われているので 記録的症例でしょう」とのことでした。
 多くの皆様には「十勝ヒュッテプロジェクトの相棒」として交流を頂きました。心より感謝申し上げます。
 以上 謹んでご報告いたします。
(写真は発症直前の2020年初秋 十勝清水の遊び小屋コニファーで)



2023410(月)

愛犬「シュバ」はアイス犬になった


愛犬「シュバ」はアイス犬になった

 要介護犬のシュバは主治医から「もう何を食べさせてもいいですよ」とサジを投げられている。タマゴの握りずしは以前からの好物だが 最近は甘いものに目がない。アイスクリームが好物の「アイス犬」になってしまった。

画像
 家内がソフトクリームをあげるとペロリと食べる。甘いものを犬に与えるのは糖尿病の可能性もあり NGは知っていたが 甘味が習慣性になることに最近気が付いた。例えばリンゴは好物の一つだったが 最近は食べなくなってしまった。しかし ジャムを少しつけるとペロッと食べてしまう。ということは 甘味を明確にわかっているということだ(ニオイはもちろんだ)。

画像
 散歩の時はキャリアーにクタッーと乗っている。この日は顔見知りのジャイアントシュナウザーと柴犬と交歓し オヤツを頂いた。

画像
「オヤツ」と聞くと 目がらんらんと輝く。

 最近はドッグフードの食いつきが悪くなっている。食べないと先が無いし いまさら糖尿病を恐れても仕方ないので甘さもやむなしだ。



202344(火)

寝たきり犬の日光浴


寝たきり犬の日光浴

 寝たきり犬のシュバは普段は直径1メートル強の丸く分厚いマットの上にいる。
 4月に入ってドンドン暖かくなり 風も緩やかになって来た。今年の札幌での桜の開花は4/20頃の見込みなので 昨年よりも1週間は早い。ベランダで十分な日光浴が出来るようになってきた。「犬はビタミンを直射日光で合成できるらしい」ので日向ぼっこは非常に大切だ。

画像
 別のマットを敷いて日光浴を始めた。前脚は冷たくなったりなめることもあるので 私の靴下をはかせている。

画像
 5分もすると うととし始めた。気持ちよさそうだ。
 さらに30分もたつと暑いようで 口を開け始めたので シーツで日陰を作った。日光浴は1時間もすれば十分なようだ。これで寿命も延びるだろう。
 大型犬のペットは大きな喜びをもたらすが 介護になると大変で 飼い主に体力も必要。愛犬は痩せてしまっても25キロはあるので ハーネスでヨイショと持ち上げて運ばなければならない。人間の介護の練習のようだ(笑)。



202342(日)

寝たきり犬にオヤツをあげると


寝たきり犬にオヤツをあげると

昨日から4月。寝たきりの愛犬「シュバ」はとにもかくにも3月を乗り切った。筋肉はすべてダメになったが まだ食べる方は何とかなっている。散歩の時におやつを頂いたりするが この時は「ペロペロ」「カリカリ」と食べる。

画像
病院で診察後に頂くオヤツは 目の色を変えて「バリバリ」と食べる。

画像
この様子からすると 「まだまだだな」と安堵している。



<<
>>




 ABOUT
Elmtree
 もともとアウトドア大好き人間ですが 時間の制約から残念な思いをしてきました。2019年春に友人の協力を得て 十勝清水にMountain Cabinを自作するプロジェクトを始めました。若者を巻き込んで いつでもバトンタッチできる体制を心がけています。また近くの「遊び小屋コニファー」は アウトドアの大先輩としてリスペクトしています。なお 街・探検・文化については別ブログにしました。Elmtree2をご覧ください。

性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性個人
 カウンター
2019-05-16から
446,497hit
今日:28
昨日:343


戻る