道南旅行(14)


2009518(月)

道南旅行(リベンジ編)2 ピノピアノ


道南旅行(リベンジ編)2 ピノピアノ

こんにちは
お元気ですか!namitaroです。

昨日に続き、今日も道南旅行の珍道中の報告です。

一日目の昼食は、
勇払郡安平町遠浅594
イタリア料理 PinoPiano(ピノピアノ)外部リンクさんへ

画像

こんな風景が見えるとっても気持ちの良い
お店で、ランチを頂きました。

そうそう!今回の道南旅行のもう1つの目的は、
「桜を探検しよう」
と言う計画が有るのです。
ですから、時々が登場しますよ!

画像

店内はとってもシンプルですが、
落ち着ける店内でした。

それでは、料理の紹介をしましょう。

ランチは、基本的に 1300円と1600円のセットです。

両方を注文したので、

前菜は

画像
1600円のBセットです

画像
1300円のAセットには付かないので、
単品のサラダを注文しました。

パスタは

画像

画像

3~4品から選択します。

パンも付いています。
画像
手作りのホカッチャでした。

ドルチェは

画像
  
画像
Bセット        Aセット

でした。

感想は?
って言われそうですが、好みですね。

先を急ぐので、(本日中に函館まで行く予定なので)

ピノピアノさんを後にして、
一路登別へ、
本来なら、苫小牧から美笛峠越えで行くべき所ですが、
先ほども書きましたが、桜を探検しよう と言う事で、

高速に乗って、(高速を走っている間中雨降りでした)
登別へ到着、高速を下りたらすぐ其処が目的地、

画像

「桜坂」です。
もう、盛りは過ぎていましたが、写真以上に
綺麗な桜が、目に飛び込んできます。

そして、雨が降り続ける中、
オロフレ峠に向かいました。

山頂は、霧と残雪が迎えてくれました。

画像

が、下るにしたがって、雨も止んで来て、
これから、函館までの道中、
良い事が有りそうな予感がして来ます。





2009517(日)

道南旅行(リベンジ編)1


道南旅行(リベンジ編)1

こんにちは
お元気ですか!平常に戻ったnamitaroです。

みなさん、お久しぶりです。
お休みに入ってから、一週間ぶりに
復活しました!

いっぱいお休みを頂いて、
約束通り行って参りました。
道南リベンジです!

今回は、目的が沢山有りました。
まず、何時もお世話に成っている、
農家さんにご挨拶に行くこと。

舎長と専無の生家にお礼に行くこと、

そして、最も大切なかあさんの記憶を取り戻しに行く事。

それと、銀婚湯の「トチニの湯」に入る事。

以上4項目はなんとしてもクリアーしなくては
今回のお休みを頂いた理由がなくなってしまいます。

それでは、まず最初に

農家さんを訪ねに行きました。


ゆめみる農園外部リンク
さんです。

こちらの、お二人は長沼町で
無農薬有機栽培に取り組んでおられます。

帯広で新規習農されましたが
温暖な長沼町の方が、野菜栽培には適している
ので、こちらに移転されたのです。
葉野菜を始めズッキーニや蕪など
いろんな野菜を送って頂いています。


画像


訪問した時には、まだまだこんな感じで、
ビニールハウスとマルチに覆われて、
寒さから守もられて育てられていました。


ハウスの中では、
次に定植を待っている苗がびっしり

画像

意外な物を発見!

画像

無花果(いちじく)です。ちゃんと実もついていました。
実と言っても、花なんですが。

画像

カモミールちゃんも、こんなに元気に
もう花を咲かせそうです。

一応野菜達に挨拶を終えた所で、
札幌より知り合いが訪ねて来ました。

画像

本当はメイン画像にしたかったのですが、
今日は、農家さん訪問と言う事で
八丈島の紫サツマイモのおはぎを持参して来られました。
ほんのりサツマイモの香りがするおはぎを、
食べさせてい頂きました。


画像

そして、お茶請けにゆめもりさんが、
きな粉のクッキーを作って下さっていました。
こちらも、やさしいお味で、
いろんな物が、気持ちを落ち着かせてくれる
食べ物でホントにほっとします。


画像



2009422(水)

あまりみかけないもの


あまりみかけないもの

こんにちは
お元気ですか!潤ったnamitaroです。

昨日からよく降りましたね!
これで、少しは雨不足も解消したのでは?

今日は、昨年の秋に道南旅行をした時に、
ちょっと見かけた、面白いお話しをしたいと思います。

メイン画像は、箱館山で夜景を見た後、
何処か美味しいものを食べさせてくれる所は無いか?
探している時に、ふっと目に入ったお店です。

続いて登場するのが、
町外れの交差点で、

画像

この看板、森警察の方は、
ウイットに富んだ人が沢山いるんですね?

そして、極めつけが、


画像


この車、
年代物の「FTO」です、
運転されてる方も、
もしかしたらnamitaroよりお兄さんかも?
枯葉マーク2枚貼ってるだけあって、
あっという間に、追い越して行きました。

それを見た、かあさんは
「かっこいいー!私も、あんな風にして走るんだー!」
「まるで、サラリーマン金太郎の眉毛みたいだ!」

と言い、興奮していました。

namitaroには、話しの筋道が良く解りません。

ピカピカの元青年は、今も健在みたいですね!





20081023(木)

銀婚湯へ


銀婚湯へ

こんにちは、
お元気ですか!道南編第5話のnamitaroです。

いよいよ、道南旅行紀も最終回、
今回の一番の目的地の紹介です。

温泉旅館銀婚湯
に行ってきました。
10年ぐらい前から行きたいと思いつつ
やっと念願かないました。

源泉を4本も持っており、
敷地内に野趣豊富な露天風呂を、
4カ所創って、自然に触れながら、
温泉に入れます。

それでは、早速露天に入りましょう!

敷地内に、「落部川」が流れており、
川を渡らないで入れるのが、

画像
桂の湯

露天の手前には、桂の林の道が、

画像
見事に!

そして、温泉に入ったら、
画像

この様に、持って来た鍵を刺し込んで、
他の人の侵入を防ぎます。

次に、吊り橋を渡って、
画像
           
画像
もみじの湯   

画像
トチニの湯
(一番入りたかったのですが、入れませんでした。)

どんぐりの湯
(入れませんでした。)

外の露天を満喫したら、
本館のお湯に浸かりましょう。

画像

メイン画像は、男湯の露天です。

そして、お待ちかねの夕食、

画像

旬の食材を使って、
派手な食材は無いですが、
ジンワリ美味しい料理に、
お酒と共に舌鼓を打ちました。


朝食も、画像は無いですが、
同じく地元の食材で、
朝からご飯をお変わりするぐらい
美味しかったです。

庭園には、
樹齢1000年越えの
「イチイ」の木や、
ユーモラスな石が置いて有ります。


画像
 
画像

とっても良いお湯と、
美味しい食事で、
日頃の疲れも癒された様です。




20081023(木)

魚がいっぱい


魚がいっぱい

こんばんは、
お元気ですか、道南編第4話のnamitaroです。

昨日の続きです。
函館と言えば、

画像
「函館朝市」
行きましたよ。

翌朝、8時には、朝市にいました。
しかーし、目的の「戸井産のまぐろ」は、
何処のお店にも置いていない、
っと言うのか、蟹と鮭ばかり、
これじゃあ、帯広と変わらない!

仕方ないので、
朝市で食べるものは、
取れ立ての、いかー!

画像

朝からこんなの食べて大丈夫かな?

烏賊を食べたので、
もう函館には用がないと、
次は、北海道最南端を目指して、
松前に。

いつの間にか、最南端は通り越して、
松前に着いてしまいました。

桜で有名な

画像
「松前城」に、
道内唯一のお城を見学しました。

桜に浮かぶお城だったら、
もっと趣が有ったのに、
と思ったのは、namitaroだけでしょうか。

画像
町並みも、それらしく改装されて、
北海道で無い様な、風景でしたよ。

お昼は、矢野旅館さんで、
鮪づくしを頂きました。
戸井産の鮪も、松前さんの鮪も
とろ~りとして、美味しかったです。

続いて、次に立ち寄った所は、
「江差」
ここでは、

画像
開陽丸を見学して、
時間が迫って来たので、
一路、檜山町へ急ぎました。

この日の、宿泊は、
「ホテル北檜山」

温泉に入って、夕食は

画像
この様に超豪華、
ここは、ヒラメの養殖が盛んで、
何時でもヒラメを食べれるそうです。
また、アワビもいっぱい取れて、
美味しい所です。

しかし、朝から烏賊や鮪や鮃を
漠々食べて仕舞った、
結果 翌朝の明け方に
来ちゃいました。

でも、出たらすっきり!






<<
>>




 ABOUT
pennylane
毎日の食事を大切にしたいレストランです。
少しでも身体に良い物を、食べて頂きたいと思っています。
2012年4月より「食堂とカフェと」に変わりました。
お野菜を沢山食べて頂けるメニューを提供して行きます。

性別
年齢50代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
PENNY LANE
住所帯広市西21条南5丁目27-8
TEL0155-36-2300
営業11:00 - 15:00
ランチタイム(ラストオーダーPM14:00)
18:00 - 21:00
ディナータイム(ラストオーダーPM20:00)
定休木曜日
 カウンター
2006-01-01から
464,760hit
今日:11
昨日:59


戻る