写真 道路(9)


2011428(木)

カーナビ考~


カーナビ考~

ほとんどの峠の道路から雪が消えようとしてます。
ガソリンは値上がりしているけれど、北海道を車で移動するのにはちょうどよい季節になってきました。

さて、車で知らない土地や初めての道を走るときに必要なものといえば…道路地図です。
でも、いまの時代は紙の地図ではなくて、電気の地図。画面はモニターです。
今では新車のほとんどに装備されている、ナビゲーションシステム。自分の車に付いたのは、約一年ほど前のこと。

しかし、このカーナビなんですけれど、どうも馴染めないんです。
機械的に使えないのではなく馴染めないのです。
操作方法はバッチリ把握しています。さらに、この手の機械は大好きです。
ボタンを押しまくって機能を確かめマニュアル本で確認して、使い方はマスターしています。
なのに、なぜ、馴染めないかというと…
自分の意識の中では、地図として認めていないのかもしれません。



画像

その前に、昔から地図を見ることが大好きです。地図を見るというか、読むという方が表現的にぴったりかもしれません。
世界地図から手書きの案内地図まで。特に好きなのは国土地理院発行の地図。と、それを基に作られている地図です

「家までの略図を書いてください?」と言われると喜んでチャチャチャと書きます~W
 世の中には、地図や略図を簡単に書ける人と書けない人がいるようです。
知っている場所なら鳥の目になって自分が今いる場所、これから向かう目的地、途中の目標物が2D化され脳内に描くことができます。

地図を要点良く書けるのは男性が多いような気がしますが、女性はいかがなものでしょうか?なぜかわかりませんが…
地図や略図をすらすら書くことのできる女性は、なんとなくカッコがいいですね。「惚れちまうだろう~w」なんてね。


さて、一般的な地図を見て目的地に向かおうとする場合、
現在地と目的地、途中の目標物がひと目で見られるのが一番分かりやすいとおもいます。
大きな地図帳なら、それが可能。
カーナビのモニターの大きさには、やはり限界がありそうです


画像
地図を見るときに、地図帳をグルグル回して見ますか?見ませんよね~
回してみると方向感覚が狂います。
自分が地図上のどこにいるか、わからなくなります。

カーナビはこれを平気で、それを躊躇無くやっています。北が上ではなく進行方向が上。
角を曲がると自分が曲がるんじゃなく、自分の周りの世界が、自分に都合の良い様に動くなんてあまりにも「自己中」すぎませんか~

南が上に来る地図はオーストラリアの地図しか見たことがありません。

そんなわけで、ほとんどの場合、カーナビを使う時は北を上にして使っています。
初めて行く場所でも事前に地図を見て、大体の道筋や走る道路、道順を把握しています。
でも、助手席からは、わかりづらい、見えずらい、お前の頭の構造はどうなっているんだ!と、非難ごうごうです ~w
でもこの方がしっくり行くんですね。
「いいじゃん!運転するのは俺なんだから~」



画像
カーナビは広い範囲にすると、小さい道が消える… これも好きじゃありません
地図なら頁を変えると小さい道も出てきます。頁をめくると頭の中の縮尺も意識も変わるからナットクが行きます。

「あの山の名前」「この川の名前」「標高から読める高さの感じ」…と、この感覚は地図ならですね ~w
よく「地図男(ちずお)」と呼ばれています。助手席に座ると道路地図帳ばかり見ています。
約13k先の交差点左。4.5キロ先の橋を渡ったら2k走って右。目的地は2時の方向のあの山の陰の方…なんてネ
道路地図を持たせ助手席に座らせると、カーナビ以上に働きます~w


とかナンとかいったって、カーナビ大好きです
「iPad」くらいのモニターの大きさがあるともっと楽しいのにな~
そういえば今日Ⅱの発売!欲しい~~

カーナビと地図帳とあわせて使って、日本中どこでも行くことが出来る感じがします。

でも、進行方向が上で地図がぐるぐる回る感覚は許せない (笑)



2010721(水)

アーティスッティク


アーティスッティク

お酒のアテと考えて冷蔵庫を開けてみたら「カニカマ」が

そうだ!揚げてみよう。
片栗粉をまぶして、低い温度で揚げてみました。

そうしたらこんな形に…
アーティスッティクでしょ (笑)

ワガヤの揚げ物の用のお鍋は、直径20㎝のダッチオーブンです、食材を入れても温度が下がりづらい、それに蓋がついている。
蓋をして揚げ物って意外と便利です。
チョッと圧力鍋での揚げ物みたい

ケンタッキーは圧力鍋で揚げているでしょ。
カーネルサンダーさんは最初はダッチオーブンで鶏を揚げていたという説もあるんですよ…
だから、ワガヤでも (笑)

画像
今日出かけた根室の帰り道の一枚
釧路まであと77キロのところです。

釧路を越えてから根室まで、変化の少ない道、コンビニの数も少ない。

画像
直線ばかりじゃなく、こんな道も…
茶内という場所に高さ25メートルくらいの展望台があります。そこのテッペンからの一枚。

北海道って広いな~と改めて思いますね。

車の数は少ないけれど、みんな仕事で走っているんだな。
頑張ろう、みんな仕事しようね (笑)

↓茶内の展望台



2009114(水)

高速、占冠


高速、占冠

今日は日帰りでニセコ方面へ。
今日中に帯広まで戻らなくては…日帰りです。
という訳で、高速トマム―占冠、初走行しました。
今までは、トマムで高速降りると、占冠までは、道幅狭い!大型トラック多い!カーブがきつい…。高速と一般道が10分程度しか違いがありませんでしたが、占冠まで延びた新しい高速は、やはり早い、安全、舗装がキレイ…と、相当時間短縮にならました。
占冠近くはほとんど橋脚とトンネルの連続!

確かに早いのですが、片道、音更から1350円は、安いか高いか? 
急いでなければ、ゆっくり行って美味しいランチというのも良いかもしれませんね(笑)
今日は美笛峠も濡れているだけで雪は路肩に少し残っているだけ。
ニセコの道路は大丈夫だったのですが、地面は積雪が残っていました。
一般的には、高速は「上」と呼ぶことが多いのですが、この高速は一般道が「上」と呼んでいることが多いです(笑)
以上、鉄鍋の道路情報でした(笑)

今週は道内各地に出向かなくてはなりません。
おそらく一週間で移動距離2000㎞近くは走らなくてはなりません(運転は二人で交代です)

家に帰ってきたら、まずは…
画像
オンザロックとコマイで…一息です。

明日は弟子屈へ…
阿寒横断道路が凍結していないことを祈って…
おやすみなさい!



2009417(金)

リズムのある写真


リズムのある写真

色々なジャンルの写真を撮りますが、移動中に撮る景色、特に道路を取ることが好きです。
なぜかというと、道路は人が作ったものだから。
確かに自然が作りだす風景や花なんかも素敵なんですけど、人が作ったものはそこに意思を感じることが出来るから。

黄金道路の覆道です。規則的な影がリズムを作っていて、先が見えないほどの長さと曲がり方に作った人たちの意思と情熱を感じてしまいます。

意外と前の車がないと間の抜けた写真になってしまします。いったい誰が何処に行くとしていたんでしょうね。



<<
>>




 ABOUT
鉄鍋
美味しそうな写真を撮るために料理を作っています。なるべく人と違う視点で撮ることができたら~と思っています。
家の中で使うダッチオーブンが当面のテーマです。
さらに2011、5月末に糖尿病と診断され、それ以降は糖質管理食も健康のための重要なテーマとなっています

性別
エリア帯広市
属性個人
 カウンター
2009-02-24から
666,098hit
今日:27
昨日:36


戻る